知っておきたい、添加物のこと

安心安全の先に行き着くのは、完全無添加。

私たちのソーセージは、正真正銘の無添加。

一般的なソーセージの原材料表記を見ると、結着剤・発色剤・保存料などの食品添加物の他、
旨みを補うための化学調味料や、たん白加水分解物、ポークエキスなど各種エキス等の添加物の表示がされていることがほとんどです。一見無添加に見える商品でも、実はこれらを一部含む事が多いのが現状。
また、肉をしっかりと結着させるための卵白や水あめ、小麦粉等を加えるなどの製法も見受けられます。

しかし、仙台勝山館La Paceではこれらを一切排除したソーセージにこだわってきました。
それは、安心安全にこだわった先に辿り着くのは、やはり「完全無添加」だから。
そして、肉本来の旨みを損なわない、自然な美味しさを楽しんで欲しい。

そんな想いから、35年あまり前から食品添加物を一切加えない「完全無添加」の製法にいち早く着目し、
研究や改良を重ねてきました。
美味しいソーセージは、何より健康で新鮮な美味しい豚肉から。
豚肉はフレッシュなまま仕入れ、独自に配合したスパイスや調味料を使用しています。
シンプルな味付けで、肉の旨味が生きた自然な美味しさを実現。また、無添加ながら賞味期限は約3週間。
良質な豚肉と高い製造技術が、安定した品質を保っていることも特徴です。

熟練の職人技と、磨かれた感覚が存分に生かされたソーセージ。
私たちは皆さまに、自信をもって「本当のおいしさ」をお届けします。

ソーセージ

なぜ、一般的なソーセージには食品添加物が必要なのか?

「塩漬けされて貯蔵された肉」を意味するラテン語「salsas」に語源をもつ「ソーセージ」。
もともとその保存性が特徴であるため、本場ヨーロッパにおいてもソーセージやベーコンなどの加工品には、食品添加物を使うことが当たり前とされてきました。
また、冷蔵流通が整備された現代においては、価格や保存性の観点から一般的なソーセージでは、外国産の冷凍豚肉を使用することがほとんど。
そのため、肉の食感や色味、味わいが変わってしまうことをカバーするために、様々な食品添加物を活用しています。
見た目の良さと美味しさ、流通に耐えられる長い保存期間を実現するためにも、その使用は慣習とされてきました。

一般的なソーセージ・ベーコンに含まれる食品添加物

結着補強剤(リン酸塩(Na))
目的 ハム・ソーセージの保水性や結着性を向上 効果 加熱の際、肉に含まれる水分が肉から流れ出てパサついた食感になることを防ぐ他、肉の弾力を高めてくれる。
発色剤(亜硝酸Na)
目的 原料肉の色素の固定
原料肉のもつ獣臭を消す
細菌の増殖を抑える
効果 そのものが持っている赤い色素を固定し、加熱や酸化による褐色を防いでくれる。食中毒菌として知られるボツリヌス菌の増殖抑制効果が期待できる
保存料(ソルビン酸)
目的 ハム・ソーセージの保存性の向上 効果 細菌やカビ等の微生物の増殖を抑えて、腐敗や変敗を防いでくれる
酸化防止剤(ビタミンC)
目的 酸化防止 効果 空気(酸素)に触れると酸化されて変色してしまうのを防いでくれる。また風味の劣化を防いでくれる
乳化安定剤(カゼインNa)
目的 食品の乳化・消泡 効果 ソーセージ製造時に赤肉と脂肪の乳化を助け、品質の安定を保ってくれる
pH調整剤(フマル酸)
目的 保存性の向上 効果 pH値を下げることで細菌の増殖を抑え、保存効果を高めてくれる
着色料(コチニール色素など)
目的 食品の着色 効果 見た目の「おいしさ」を改善し、食欲を増進させてくれる

PAGE TOP