それぞれの革が持つ個性が光る
ナチュラルな革

植物の渋の成分でもあるタンニンで鞣された、染色・塗装がされていない革です。牛が元々持っていたシワや傷、血管、毛穴などの痕跡が鞣した後もそのまま特徴として残り、素朴な手触りを持つ素材を活かした革らしい革となります。これらはヌメ革の大きな特徴であり、味わいのひとつとなります。

オイルドレザー 経年変化

自分だけのヌメ革を育てる。

札幌革職人館のヌメ革は他の革に比べ繊維の目が細かいので、とても頑丈です。使い始めは固いものの徐々に繊維が柔らかく馴染み、使いこむほど色艶が深みを増して非常に味わい深い風合いに変わります。表面加工はされていませんので少しの事で簡単に傷がついてしまいますが、こまめにお手入れしながら使えば傷すらも味わいとなり、日々変化していくヌメ革を「育てる」喜びを堪能する事ができます。