1. カテゴリトップ
  2. 特集一覧
  3. スタッフが商品を使ってみました
  4. デジタル顕微鏡(型番:400-cam056)

スタッフが使ってみました

スタッフの試用レポート

パソコンで手軽に確認できる、デジタル顕微鏡

25m先まで音が届く! テレビ用スピーカー


今回は、わたくしスタッフNが、『デジタル顕微鏡』をご紹介します。

顕微鏡というと、みなさんどんなイメージをお持ちでしょうか?
私は学生時代の理科の授業を思い出します。
普段目にしているものが、まったく違った形で見えることがおもしろかったですね。


では、さっそく使ってみましょう。

設定はとってもかんたん。
パソコンにドライバをインストールした後、USBケーブルで繋ぐだけで映像がすぐに映し出されます。
電源も不要です。




専用のソフトで、解像度、画像の明るさ・コントラストなどを細かく設定できます。




よくテレビの教育番組で見るような、植物の発芽から芽が成長するまでを記録することができる、インターバル撮影の設定もここでできます。




スタンドは自由に高さと角度を変えられるので、対象物の大きさに合わせてレンズの位置を調節することができます。




さらに、レンズはアームから取り外して使えるので、見たい箇所をピンポイントで画面に映し出すことが可能です。




画像・動画の撮影、保存もボタンをタッチするだけです。
軽くタッチするだけなので、レンズもぶれません。




普段の生活の中で、顕微鏡はあまりなじみがありませんが、デジタル顕微鏡は、こんなことに活用できます。

こちらは、顕微鏡で見た肌の様子です。
肉眼では確認できないキメまではっきり見えるので、毎日の肌の健康状態を
記録することができます。

紙幣を顕微鏡で覗いてみました。
細かい模様の中に書かれた小さな文字もはっきり読み取ることができます。

リーフレットを顕微鏡で見てみました。
点で構成されているのがわかります。
先ほどの紙幣と合わせ、自由研究の資料としてどうでしょうか?

電子工作で、ハンダ付けなどをする際に、細かい部分まで見ることができます。
画像・映像にもかんたんに残すことができます。


いかがだったでしょうか?
久しぶりに顕微鏡を使ってみて、とってもワクワクしてしまいました。
皆さんも普段見ることのない「ミクロの世界」を、気軽にひょいっと覗いてみませんか?