300万画素の低照度高感度ピクセルCMOSセンサーとF値1.8大口径レンズの採用で WDR(ワイドダイナミックレンジ)を実現しています。 光量を補正して、昼夜・悪天候を問わずクリアな視認性を確保します。

「DrivePro 220」はスマホやタブレット端末と無線ワイヤレスで繋がる先進のWi-Fi機能を搭載しています。スマホやタブレット端末からドライブレコーダー本体を遠隔操作したり、スマホやタブレット端末に録画ファイルをダウンロードするなどの機能を提供します。

ファームウェアの更新もお持ちのスマホやタブレット端末上で簡単に行うことができます。
アプリは、各App提供サイトで無料ダウンロードが可能です。

※アプリの利用には、Apple iOSの場合、iPhone4以降/iPadおよびiPad miniでiOS5.0以降が
必要となります。また、Android端末の場合、Android2.3以上が必要です。

DrivePro 220にはGPS受信機を搭載しており、PCで使用できるDrivePro Toolboxを利用すると、位置座標、走行速度、日時情報を含んだ運転経路が確認できます。


車線逸脱防止支援システム(LDWS)

車線逸脱による事故を防止するため、DrivePro 220はLDWSを備えています。事前に設定した速度以上で走行中に車線を逸脱した場合、アラーム音を鳴らします。


前方衝突警報システム(FCWS)

前方車両との車間距離を保つことは安全運転において重要です。DrivePro 220のFCWSは事前に設定した速度以上で走行中に前方車両との車間距離が近くなった場合にアラーム音を鳴らしてドライバーに知らせます。

また、DrivePro 220にはスピード警報機能もあり、設定した速度以上で走行するとアラームを鳴らします。


DrivePro 220はモーションセンサーを搭載しており、停車中に動きを感知した場合に自動で録画を行います。

*パーキングモードはDrivePro 220のバッテリーを消耗します。


内蔵リチウムポリマーバッテリーがあるので事故で突然電源がシャットダウンしても、最大30秒間は給電停止後も撮影は継続されます。尚、バッテリーが満充電時なら車からの給電なしで最大30分の録画も可能です。


録画の開始/終了はエンジンのOn/Offに連動する「常時録画方式」を採用しています。
メモリーカードがいっぱいになると録画データを古いファイルから上書きします。
トランセンド製16GB microSDHCカードを付属、MLC(マルチ・レベル・セル)タイプでワンランク上の安心を
提供します。また、クラス10規格に準拠したメモリーカードはしっかりと映像を記録します。

サイズ W70.2mm x H63.1mm x D34.5mm
重量 90g
ディスプレイ 2.4インチのカラー液晶
画像センサー 低光感知CMOS、300万画素
レンズ F/1.8、130°ワイドアングル
Gセンサー 3軸
マイク 内蔵
スピーカー 内蔵
解像度/フレームレート フルHD (1920x1080) 30FPS
HD (1280x720) 30FPS
動画フォーマット H.264 (MP4: 最大1920x1080 30fps)
対応メモリカード microSDカード、8GB/16GB/32GB/64GB (Class 6以上)
接続インターフェース USB 2.0
電源供給 入力: DC 12V~24V
出力: DC 5V 1A
バッテリー リチウムポリマー(470mAh)
動作環境温度 -20°C ~ 65°C
保存温度 -25°C ~ 70°C
認証 CE、FCC、BSMI、RCM、KC
注記 1. 車によってはエンジンを止めた後もシガーソケットから電源供給を行うことがあります。その場合はバッテリーの消耗を抑え、予期せぬ問題を防ぐために、エンジン停止後またはアイドリング状態時にシガーソケットからカーアダプタを外すなどしてください。

2. 運転中はDriveProを操作しないようにしてください。

3. 以下を含む不適切な使用により不具合が発生した場合は保証対象外となります。
  • 付属カーアダプタ以外の使用
  • 製品の改造
  • -20°C以下または65°C以上の環境での使用
保証 2年
パッケージ内容
  • DrivePro 220
  • 取付けブラケット(吸盤タイプ)
  • カーアダプタ
  • 16GB microSDカード
システム 以下のいずれかのオペレーションシステムおよびUSBポートを搭載したデスクトップ/ノートブックコンピュータ
  • Microsoft Windows Vista
  • Microsoft Windows 7
  • Microsoft Windows 8
  • Mac OS X 10.8.2以降
  • Linux Kernel 2.6.38以降