そのほかのヒマラヤ水晶
■お手入れ方法

日光

セージ

さざれ

あら塩

◎ 

流水

■硬度

7

■説明

世界の屋根と呼ばれるヒマラヤに産出する、非常に稀少な水晶です。

車では登って行くことのできない高地に、 人が半月をかけて登り、手掘りで水晶を採掘するといわれています。

そのため産出量は少なく、質の良いものになると入手は非常に困難だといわれています。

ヒマラヤはこの星の「龍脈」と呼ばれ、地球上でも最も力のある場所といわれています。

何億年もの間、近づく者を拒みつづけたヒマラヤの高地で 育まれた水晶には、 極めて大きなパワーが宿ると言われ、他の産地の水晶とは区別されて扱われることが多いといわれています。

ヒマラヤ山脈は非常に古い地層が地球上に隆起している場所だといわれています。

非常に地球の中心に近い場所で眠っていた水晶がインド亜大陸の衝突ののち、 こうして日の目を見ることになったといわれています。

ヒマラヤ水晶は古くから祈祷や浄霊、宗教的儀式の際に用いられてきたといわれています。

それだけでなく護符や御神体としてあがめられてきた 歴史もあり、 ヒマラヤ水晶自体が神格化されるほどのパワーストーンでもあるといわれています。