一日の中でも共に行動する時間が長いバッグやお財布などの革製品は、出来るだけ 丈夫で長持ちし、そして使い込むことで味わいが深まる経年変化をする革であって ほしいとINDEEDは考えています。

このような経年変化をする革を用いた革製品は、適度なお手入れをしながら愛着を 持ってお使いいただくことで、ツヤが出てきたり、全体的に色が濃くなったり、 持つ人や使い方によって千差万別の育ち方をしていきます。これからご紹介する INDEED製品は、すべて経年変化をする革を用いています。皆様によって育く まれた愛用品の写真も掲載させていただいておりますので、ぜひエイジング具合を ご覧ください。

動物から剥いだ表皮を腐らなくすることを『鞣す(なめす)』といい、なめした後に 皮から革と表記が変わります。なめしには大きく分けて二つの種類があります。化学 薬品系の「クロムなめし」と植物系の「タンニンなめし」です。経年変化する革の ほとんどが、タンニンなめしを施し、染料で染色されたものです。
また、タンニンなめしの革でも表面にしっかりコーティングしているものは経年変化 がしにくくなります。たとえば、昔のランドセルや学生鞄はほとんどがタンニンなめ しの牛革でしたが、傷がつきにくいように顔料で厚くコーティングしているため、革 の味わいが深まることはあまりなかったはずです。
ちなみに「クロムなめし」と「タンニンなめし」の見分け方ですが、表面が剥がれて 中の繊維が見えて来た際にグレーがかっている場合はクロムなめし。キャメル寄り ならタンニンなめしと思っていただいて良いと思います。(ただし、ブラックやネイビーなどはタンニンなめしでもグレーがかっている場合もあります。)
>>「革について」も併せてをご覧ください。

【BORSA】
ボルサ

イタリア屈指のタンナー『テンペスティ社』で作られたオイルレザーです。 100%植物由来のタンニンなめしを施した牛革に、長い時間をかけてオイルを 染み込ませ、しなやかな風合いと独自のコシ感を出しています。表面に人工的 なコーティングを施しておりませんので、初めから色ムラやオイルムラがあり ます。しかし、長年使用してもオイル分が抜けることがなく、使用していくう ちに独自の光沢が出て、その経年変化を十分にお楽しみいただけます。 圧がかかっただけで色が濃くなってしまう特性により、ミシンの押さえの跡など も残ってしまう革です。また、始めのうちは引っかき傷なども目立ちますが、 これはオイルが移動して白くなってしまうためで、指で擦ったり、使用して いくうちにオイルが均等になることで目立たなくなります。また、擦られるこ とでツヤがあがり、色が濃くなり、オイルレザーならでの魅力的な風合いに 変化していきますので、「育む革」の代表格の革といえます。

革の種類:牛革ベンズ/生産地:イタリア care:表面に人工的なコーティングを施しておりませんので、初め から多少の色ムラ、オイルムラがあります。オイルレザーは色落ち しやすいですのでデリケートな装いの際は十分に気をつけてください。 使用されているオイルは魚類からとられたもので革との相性が良く、 イタリアでは古くから頻繁に使用されておりますが、匂いがきつく 感じられる方もおられますがその匂いも時間が経つにつれ軽減されます。 寒い季節にしばらく使用しないとオイル分が固まって白くなることがあ ります。その時は、ドライヤー等で遠めに熱風を当て、オイルなどを塗 っていただきますと消えます。雨などで水ジミが出来る可能性がありま すが、しばらくすると目立たなくなります。また、爪などによる引っか き傷は指などでこすると目立たなくなります。

水濡れ ○比較的水に強い △すぐ拭き取れば影響は出にくい ×シミ・水ぶくれになりやすい

キズ ○傷つきにくい △傷ついても目立たない ×傷つきやすい

お勧めメンテナンス
防水スプレー、乾拭き、コンディショニングクリーム

最初にはなかったツヤが出ているのと、色の深みが出ています。
特に一番触る持ち手の部分はダークブラウン並みの色になっています。

お客様やスタッフが使用して育んだボルサの革

※A 縁取り部分の革が破れてしまっていますが、ここまでダメージが大きい と修理が出来ない可能性があります。破れそうになる前にご相談ください。

【JUSTY】
ジャスティ

2003年の発売以来ロングセラーを続けているシリーズです。表面にほとんど コーティングしていない『素上げ』と呼ばれるセミソフトなヌメ革です。表面を 磨きながら焦がすバフィング加工により、ナチュラルな表情と奥行きのある艶感 が特徴です。使用するほどにまた違ったツヤ感が出て革らしい風合いが増します。 『素上げ』の革ですので、良く擦れる部分やハンドルなどは特に、汗や脂によっ て色が濃くなるという現象はおきますが、縁取りなどの劣化は少なく、適度のお 手入れをしていただくことで長持ちし、いい味になる革です。

革の種類:牛革ステア/ 生産地:姫路 JAPAN care:どちらかというと繊細な革ですが、水ジミや傷も使い続けて いくうちに目立たなくなっていきます。

水濡れ ○比較的水に強い △すぐ拭き取れば影響は出にくい ×シミ・水ぶくれになりやすい

キズ ○傷つきにくい △傷ついても目立たない ×傷つきやすい

お勧めメンテナンス
防水スプレー、乾拭き、コンディショニングクリーム

この革はどうエイジングしていくのか

ツヤと革が柔らかくなりこなれ感がでています。

お客様やスタッフが使用して育んだジャスティの革

【VIVACE】
ヴィヴァーチェ

本体の革は、タンニンなめしを施したバングラディッシュ産の良質なキップ革 (生後6か月〜2年くらい)を使用しています。仔牛革ならではのナチュラルな シボと透明感のある表情が特徴で、使用することによって馴染み、こなれた感 じもまた革らしい風情を醸し出す革です。表面に軽くコーティングを施し滑る ような肌触りにすることで、傷がつきにくくしています。

革の種類:仔牛革(キップ)/生産地:姫路 JAPAN 水などが染み込みますと、色が濃くなる場合がございますが、 乾くとほぼ気にならなくなります。軽いキズなどは指でこすると薄く 目立たなくなります。

水濡れ ○比較的水に強い △すぐ拭き取れば影響は出にくい ×シミ・水ぶくれになりやすい

キズ ○傷つきにくい △傷ついても目立たない ×傷つきやすい

お勧めメンテナンス
防水スプレー、乾拭き、コンディショニングクリーム

この革はどうエイジングしていくのか

ツヤと柔らかさが分かりやすく出ています。 付属部分が国産ヌメ革とのコンビ になっていますが、ヌメ革が深みある渋くアジのある革になっていくのに合わせ、 本体のバングラキップのくったり感のコントラストが持つ人と一体感を感じさせ ます。ますます個性的な雰囲気を醸し出します。

お客様やスタッフが使用して育んだヴィヴァーチェの革

【STROLL】
ストロール

ワイルドなシュリンクシボが魅力的なフルタンニンなめしの牛革(ヌメ革)です。 部位によって違って現れるシボが、天然素材ならではの迫力を感じさせています。 肉厚の革の割に軽量で、傷も目立ちにくく、タフな使用にも耐え、型崩れしにくい のが特徴です。しかし、使い続けるうちに適度な柔らかさと艶が表れ、エイジング により存在感を増していく革です。

革の種類:牛ヌメ革/生産地:姫路 JAPAN care:色によっては雨などで水ジミが出来ますが、使用していくうち に目立たなくなります。

水濡れ ○比較的水に強い △すぐ拭き取れば影響は出にくい ×シミ・水ぶくれになりやすい

キズ ○傷つきにくい △傷ついても目立たない ×傷つきやすい

お勧めメンテナンス
防水スプレー、乾拭き、コンディショニングクリーム

この革はどうエイジングしていくのか

最初少しゴツく感じるほどだったシボも潰れていくように ツヤに変化していっています。それでも型崩れするような 気配すら感じない形状維持。

スタッフが使用して育んだストロールの革

【BRAVEⅡ】
ブレイブⅡ

バングラディッシュでタンニンなめしを施した良質なキップ革(生後6か月〜2年 くらい)です。仕上げにミリング加工(タイコに戻して柔らかくする)を施すこ とで、仔牛革ならではの天然のシボが現れ、ナチュラルな色合いと相まって革ら しさを引き立たたせています。使い込んでいくいちに革がこなれ、シボが大胆に なっていき徐々にラフな表情に変化していきます。

革の種類:仔牛革(キップ)/生産地:バングラディッシュ care:雨などで水ジミが出来る可能性がありますが、使用していくう ちに目立たなくなります。

水濡れ ○比較的水に強い △すぐ拭き取れば影響は出にくい ×シミ・水ぶくれになりやすい

キズ ○傷つきにくい △傷ついても目立たない ×傷つきやすい

お勧めメンテナンス
防水スプレー、乾拭き、コンディショニングクリーム

この革はどうエイジングしていくのか

体に当たる側は擦れてツヤが良く出ています。グリーンは色が深くなるというより、 黄色っぽい色に変化しているようです。レッドは色の変化はそれほど見られませんが、 ツヤとやわらかさが出てこなれ感が増しています。

お客様やスタッフが使用して育んだブレイブⅡの革

【VITADUE】
ヴィータドゥエ

2005年の発売当初から変わることなくロングセラーを続けるシリーズの革です。 薄手のタンニンなめしの牛革に程よくオイルを含ませることで、適度な張りと柔らか さを併せ持つ革に仕上げています。軽量でいて丈夫な革で、使用していくうちに徐々 に柔らかくなり、手や体に馴染むくったり感がまたいい味わいとなる革です。 表面にほとんどコーティングを施していない「素上げ」の革ですので、使用するほど に色の深み、光沢が増していきます。また、汗や脂によって色が濃くなるという現象 は避けられませんが、適度のお手入れをしていただくことで長くご愛用いただけます。

革の種類:牛革ステア/生産地:姫路 JAPAN care:素上げの革のためジーンズなどの色移りが起こる場合があり ます。水ジミや傷も使い続けていくうちに目立たなくなっていきます。

水濡れ ○比較的水に強い △すぐ拭き取れば影響は出にくい ×シミ・水ぶくれになりやすい

キズ ○傷つきにくい △傷ついても目立たない ×傷つきやすい

お勧めメンテナンス
防水スプレー、乾拭き、コンディショニングクリーム

この革はどうエイジングしていくのか

一番変化が著しくわかる革です。ツヤと革のこなれたシワシワ感 などもよくでて、持つ人が育て上げたやわらかさと個性が際立って います。

お客様やスタッフが使用して育んだヴィータドゥエの革

【GRIT】
グリット

INDEEDが独自に国内のタンナーに依頼したフルタンニンなめし。しな やかでありながらハリがあり、型崩れしにくい馬革(ホースハイド)に 仕上げました。馬革はもともと繊維が緻密でキメが細かく、毛穴が少な いため、非常に軽量でなめらかな手触りが特徴です。しかも丈夫なため 昔からライダージャケットやフライトジャケットなどにも用いられてき た素材です。はじめは張りがあり硬めに感じられる素材ですが、とこと ん使いこみ自分にあった形や柔らかさに育てていくことが最もおもしろ い革といえます。

革の種類:馬革(ホースハイド)/生産地:姫路 JAPAN care:雨などで水ジミが出来る可能性がありますが、使用していく うちに目立たなくなります。 軽い傷は指でこすると目立たなくなり ます。

水濡れ ○比較的水に強い △すぐ拭き取れば影響は出にくい ×シミ・水ぶくれになりやすい

キズ ○傷つきにくい △傷ついても目立たない ×傷つきやすい

お勧めメンテナンス
防水スプレー、乾拭き、コンディショニングクリーム

この革はどうエイジングしていくのか

最初パンッと張っていた革が、使用頻度にともないくったりとした柔らかさが出て います。肩からかけて体にしっくりそう感触です。

お客様やスタッフが使用して育んだグリットの革

【CAMLY】
カムリィ

世界でも数少ないピット槽を持つタンナー(株)山陽に依頼し、フルタンニンなめしの本ヌメ革に 男性的なシボを型押しし、タフな使用にも耐え、使用するほどにまた違ったツヤが現れ存在感を 増す革に仕上げました。厚みのある革ですので多少重量感がありますが、その分耐久性や堅牢度は 高く、型崩れもしにくい革です。また、創業100年を超えるタンナーならではの仕上げ技術に より、無骨な深いシボがそこはかとないオイル艶を纏い、どことなく品格を漂わせる魅力的な革 です。

革の種類:牛本ヌメ革/生産地:蟷獲曄辛穎 JAPAN care:雨などで水ジミが出来ますが、乾くとなくなります。軽い 傷は指でこすると目立たなくなります。

水濡れ ○比較的水に強い △すぐ拭き取れば影響は出にくい ×シミ・水ぶくれになりやすい

キズ ○傷つきにくい △傷ついても目立たない ×傷つきやすい

お勧めメンテナンス
防水スプレー、乾拭き、コンディショニングクリーム

この革はどうエイジングしていくのか

ツヤがとてもきれいに出てきています。くったりとした 柔らかさも出て、持つ人にあった革へ育っているようです。 一番手が触るフラップ部分の色に深みが出ています。

お客様やスタッフが使用して育んだカムリィの革

【SHARK】
シャーク

宮城県気仙沼港で水揚げされたヨシキリ鮫を原料とし、長年の経験に基づく技術 と、根気のいる手仕事により国内にて製革されたシャークスキンです。シャーク スキンは、水に強く、しなやかでありながら丈夫で傷がつきにくく、軽量です。 また、しっとりとした肌触りと独特の美しい縞模様が唯一無比の素材といえます。 フルタンニンなめしを施していますので、使用するほどにずっと触っていたいと 思うような肌触りに変わり、底艶が出てまた違った表情を見せる革です。

革の種類:鮫革/生産地:気仙沼&長野 JAPAN care:天然素材のためひとつとして同じ表情がなく、多少の傷、シワ 色むらなどは避けることが出来ません。水による変化は少ない革ですが、 付属革や他の部材などに悪影響を及ぼす可能性がありますので、濡れて しまったら早めに拭き取ってください。

水濡れ ○比較的水に強い △すぐ拭き取れば影響は出にくい ×シミ・水ぶくれになりやすい

キズ ○傷つきにくい △傷ついても目立たない ×傷つきやすい

お勧めメンテナンス
防水スプレー、乾拭き、コンディショニングクリーム

この革はどうエイジングしていくのか

凹凸が模様になっていき、ツヤと柔らかさが増していってます。

お客様やスタッフが使用して育んだグリットの革