核酸サプリメント ヒアルロン酸吸収用食品 サラブレッドプラセンタ原末230 繊維芽細胞さらに活性化

 

人生不安


自己投資力=差がつく人生:食事編

できるだけ朝昼晩を気を付け、理想的な食事を心をかけているが、足りない大切な栄養素をサプリメントという形を摂ることと摂らないことが年齢を重ねるごとに差がついてくる、その持続力が奥が深い、特に、久々に会わない友達との再会、同窓会のなどで実感ができるはず。

実証されたすばらしい高核酸食事法


私の核酸食事法が身体の老化を防ぎ、若々らせ、病気になりにくくするものであることはおわかりいただけただろう。だが、私の食事法によるメリットはそれだけにとどまれない。「注意力が散漫になり、仕事がおもようにはかどらない」「朝起きても、前日の疲れが残っていて、少しも熟睡した気分ではない」「体調が悪くて病院にいっても、体のあちこち検査されるだけで病名がつけられない」こういった目にみない老化、いってみれば、活力不足による老化にも、効果があるのだ。

核酸を摂れば、どのぐらい若く見られる

どのくらい若くみえるかは主観的なもだから、いちがいにはいえないが、肉体的な衰えが激しい人ほど驚くべき効果があらわれるのは事実だ。外見から判断するなら、三十代から五十代では五歳以上、六十代では十歳ぐらい、七十代や八十代では十歳から十五歳は若くみえるようになることは確実である。もちろん、その若返りは外見における変化ばかりでなく、身体のなかのあらゆる組織、あらゆる細胞が生きいき活性化し、すばらしい健康をとりもどしたことの反応なのである。出典:「 ノーベル医学生理学賞からの大発見」

運動編

若々しい体を保つためには運動を不可欠です、多くの方は運動後のプロテインなどを補給するが、実は運動中に損傷されたDNAを早めに修復しないと、疲れをなかなか回復しないまま、かえって老化を招く事態になる。あるアジア国では、オリンピック会で既に核酸サプリを選手たちに飲ませている事実もあります。海外はDNA核酸の研究は遥かに日本より進んでいる、特にアメリカ、フランス(核酸はすでに医薬品として登録)、イギリス、中国などの国。

人生は一生勉強

幾つなっても、日々の勉強が必要です。そのために、若々しい脳にはDNA核酸、ヒアルロン酸、プラセンタに含まれる成長因子がとても役にたつ。知的な好奇心は若者にも負けない向上心を持つのは素晴らしい幸福感が生まれるのだ。

100歳まで、自分の足で歩く、オシャレで、若々しい脳を持ち、人生の最後まで一人でも自由に生きるために!

あらゆる細胞になる可能性を持つ万能細胞

繊維芽細胞とは

繊維芽細胞とは

IPS細胞の原料となる繊維芽細胞とは皮膚・筋肉・骨・ホルモンにまで変わる人が元来持つ万能細胞、傷や人体組織の修復と密接な関わりがある細胞であり、人体のありとあらゆる場所に存在します。だから、高核酸食品を中心に線維芽細胞になる成分を補うことが大切です。

  • 核酸&フカヒレコラーゲンには核酸、コラーゲン、エラスチ、等含有
  • 超低分子ヒアルロン酸ECMEはヒアルロン酸を含む細胞外マトリックス
  • 北海道サラブレッドプラセンタ原末230には成長因子などを含む

詳細は各単品ページに記載

細胞外マトリックス(ECM)とは

細胞外マトリックス

DNAを支える細胞外マトリックス(ECM)とは、細胞外基質とは名前の通り、細胞の外にある物質になる。 身体は60兆個以上の細胞が集まってできているけど、細胞と細胞がピッタリくっついているわけではない。細胞と細胞の間には様々な機能があるねばねば物質、細胞外マトリックスが埋めている。つまり細胞外マトリックスは細胞と同じぐらい大切な物質になる。
細胞外マトリックスの大切な主成分は、
ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、デルマタン硫酸、ケラタン硫酸、へパリン
エラスチンなど、コラーゲンはただポイントとしてⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型、Ⅳ型が約95%を占めるので、重要と言える。 その中でもⅠ型は約80%を占めている。

弊社製品ECMEのEとは、Extract(抽出物)という意味で、細胞外マトリックスの成分をそのまま抽出した物質という概念で使われています。(先進9ヶ国11の特許取得)

私の細胞はいつまでも若々しい、年をとるのは恐くない!