生活に取り入れられたモノは、使う人の基準で探され、選ばれたモノ。 選ぶときの妥協をなくし、身の回りをお気に入りで満たせるように。 使う人がそれを手にしたとき、「コレだ!」とひざを打ち、胸を打つ製品をデザインしたい。 「I’m D」はそんな思いを込めて始動しました。 洗練された機能美を追及し続けています。

kcud

クード

ENOTS

エノッツ

商品一覧はこちら