力強い植物の力をあなたの肌にもたらす2アイテム
しっかり潤すオイルベールで 潤いに満ちた澄んだ美肌へ。

「リズプラベール エッセンシャルオイル」年齢肌をオイルで満たす。しっかり、うるおう。ずっと続くしっとり感。

「リズプラベール クレンジングミルク」汚れはしっかり落とし潤いが持続する。肌、潤う。美容液のようなクレンジングミルク。

リズプラベール エッセンシャルオイル

年齢肌をオイルで満たす。しっかり、うるおう。ずっと続くしっとり感。
植物由来のリッチなオールインワンオイルで肌へ吸い付くようなしっとりした肌へ導きます。

リズプラベール エッセンシャルオイル
定期購入 リズプラベール エッセンシャルオイル

あなたのきれいを引き出すマルチユースなオイル

日々によって変化するゆらぎやすい大人の肌を植物の力を用いて、なめらかな肌へ導きます。
その時々のあなたの肌に合わせて使い方は自由自在。ボディにもヘアにも使えるマルチユースなオイルです。

植物の力を凝縮したオイル

厳選した植物から丁寧に天然由来成分を抽出したリズプラベールを代表するアイテム。
肌が飲み干すように潤いベタつきません。

リズプラベール エッセンシャルオイル 美容成分

コメヌカ油(エモリエント成分)

コメの種子の精米直後のコメヌカから得られる淡黄色の油液。コメ原油は中性脂肪のほかに、多量の遊離脂肪酸、ロウ分、ビタミンE、オリザノール、ステロールなどの有効成分、微量のリン脂質、糖脂質、金属などを含有する。脂肪酸の成分は、おもにオレイン酸、リノール酸、パルミチン酸である。

マカデミア種子油

マカデミアの種子を圧搾して得られる油脂である。オレイン酸が主成分で、そのほかパルミトレイン酸を含有している。皮膚に対してエモリエント作用があり、感触はとても滑らか。

オリーブ果実油(エモリエント成分)

オリーブの果実から採取される油脂。オレイン酸が主成分で高含有しており、そのほかリノール酸やパルミチン酸を含有している。皮膚に対してはエモリエント効果がある。

メドウフォーム油

メドウフォームの種子から得られる油脂である。エイコセン酸が主成分。しっとりと滑らかであるがさっぱりとした感触を持つ。保水性の膜を皮膚上に形成し、皮膚の水分を保持する。

アボカド油

ワニナシの果実から得られる油脂である。オレイン酸、リノール酸などの不飽和脂肪酸が多く、そのほかパルミチン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸やビタミンA、B、Dを含む。角質層に浸透し、エモリエント効果を与える。

カニナバラ果実エキス

カニナバラの果実の抽出液。果実はビタミンCや有機酸を豊富に含み、収れん作用や整肌作用がある。

乳酸桿菌/コメヌカ発酵液

玄米から清酒造りに不要な部分を取り除く精米工程で大量発生する米ぬかを発酵させたものである。キレート作用のフィチン酸、紫外線吸収や酸化防止機能としてのフェルラ酸、酸化を抑制する作用を持つγ-オリザノールといった多くの天然成分が含まれていると言われている。

ヒナギク花エキス

ヨーロッパ原産のデイジー(和名ヒナギク)花由来のエキス。サポニン、ポリフェノール、多糖類を多く含有し、メラニン生成機構に対し、多様なメラニン生成抑制効果を示すという。メラニンの形成は[1]生成前、[2]生成時、[3]生成後の3段階に分類でき、デイジーエキスは、[1]の段階でエンドセリン、α‐MSHなどメラニン合成メディエーターの働きを抑制、[2]の段階でチロシナーゼ(メラニン合成を促進する酸化酵素)の活性を阻害、[3]の段階でメラノソーム(メラニン色素顆粒)移送の抑制と、総合的にメラニンの生成、活性化を防ぐ。

スクワラン(エモリエント成分)

オリーブ油から得られた無色透明の油である。ヒトの皮脂中にも約5%含まれ、コレステロールの先駆物質として知られている。皮膚刺激はほとんどなく、エモリエント効果にすぐれている。

スフィンゴモナス培養エキス

スフィンゴモナス属の菌より抽出・精製して得られたスフィンゴ糖脂質である。保湿剤、肌荒れ防止、細胞賦活の効果が期待される。

ハトムギ種子エキス

ハトムギの種皮を除いた種子から抽出して得られたエキスである。皮膚再生作用、保湿作用、消炎作用があり、肌荒れを防止するので、洗顔料、基礎化粧品、メイクアップ化粧品、シャンプー、リンス、頭髪用化粧品などに広く使用される。

※ エモリエント(皮膚からの水分蒸発を防止してうるおいを保持し、皮膚を柔軟にする皮膚再生作用)成分配合

リズプラベール クレンジングミルク

汚れはしっかり落とし潤いが持続する。肌、潤う。美容液のようなクレンジングミルク。
うるおいを補いながら、メイクをやさしく浮き上がらせます。皮脂よごれもすっきり落とし、W洗顔不要です。

リズプラベール クレンジングミルク
定期購入 リズプラベール クレンジングミルク

うるおいを与える 保湿成分配合のミルククレンジング

不足しがちなうるおいを補いつつその日のメイクを、肌に負担をかけずにすっきり落とします。
肌になじみの良いリッチなテクスチャーで、うるおいに満ちた肌へ整えます。

11種類の美容成分を配合した 落として潤うクレンジングミルク

厳選した植物から丁寧に天然由来成分を抽出

リズプラベール クレンジングミルク 美容成分

コメヌカ油(エモリエント成分)

コメの種子の精米直後のコメヌカから得られる淡黄色の油液。コメ原油は中性脂肪のほかに、多量の遊離脂肪酸、ロウ分、ビタミンE、オリザノール、ステロールなどの有効成分、微量のリン脂質、糖脂質、金属などを含有する。脂肪酸の成分は、おもにオレイン酸、リノール酸、パルミチン酸である。

オリーブ果実油(エモリエント成分)

オリーブの果実から採取される油脂。オレイン酸が主成分で高含有しており、そのほかリノール酸やパルミチン酸を含有している。皮膚に対してはエモリエント効果がある。

マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル(エモリエント成分)

マカデミアナッツの実から得られる植物性油脂が原料。皮膚の乾燥を防ぎ保護するために用います。皮膚をしっとりしなやかにし、柔軟性のある皮膚を保つために用います。

スクワラン(エモリエント成分)

オリーブ油から得られた無色透明の油である。ヒトの皮脂中にも約5%含まれ、コレステロールの先駆物質として知られている。皮膚刺激はほとんどなく、エモリエント効果にすぐれている。

セラミド2(保湿成分)

ヒトの角質層にも存在する成分で、水分保持機能やバリア機能を担う非常に重要な存在である。セラミドは多くの種類があるが、特にセラミド2はヒトの皮膚中で最も多く存在しているセラミドであり、保湿機能に大きな影響を持つ。

セラミド3

セラミド3も乾燥肌対策やエイジングケアができる優れた保湿効果を持っている。ヒトの皮膚においては、年齢と共に減っていってしまうのが顕著なセラミドである。

セラミド6Ⅱ

セラミド6Ⅱは、水分保持機能とターンオーバーのサポートを担う。セラミド3と同様に、年齢と共に減少しやすいセラミドである。

カニナバラ果実エキス

カニナバラの果実の抽出液。果実はビタミンCや有機酸を豊富に含み、収れん作用や整肌作用がある。

ヒナギク花エキス

ヨーロッパ原産のデイジー(和名ヒナギク)花由来のエキス。サポニン、ポリフェノール、多糖類を多く含有し、メラニン生成機構に対し、多様なメラニン生成抑制効果を示すという。メラニンの形成は[1]生成前、[2]生成時、[3]生成後の3段階に分類でき、デイジーエキスは、[1]の段階でエンドセリン、α‐MSHなどメラニン合成メディエーターの働きを抑制、[2]の段階でチロシナーゼ(メラニン合成を促進する酸化酵素)の活性を阻害、[3]の段階でメラノソーム(メラニン色素顆粒)移送の抑制と、総合的にメラニンの生成、活性化を防ぐ。

乳酸桿菌/コメヌカ発酵液

玄米から清酒造りに不要な部分を取り除く精米工程で大量発生する米ぬかを発酵させたものである。キレート作用のフィチン酸、紫外線吸収や酸化防止機能としてのフェルラ酸、酸化を抑制する作用を持つγ-オリザノールといった多くの天然成分が含まれていると言われている。

ハトムギ種子エキス

ハトムギの種皮を除いた種子から抽出して得られたエキスである。皮膚再生作用、保湿作用、消炎作用があり、肌荒れを防止するので、洗顔料、基礎化粧品、メイクアップ化粧品、シャンプー、リンス、頭髪用化粧品などに広く使用される。