キオリキオリ

爪掻本綴織

つめかきほんつづれおり

読みもの

キオリ

綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り
綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り

爪掻 名称の所以

織師は爪をノコギリの歯のようにギザギザに刻んでいます。 それは爪先で文様となる糸を1本1本掻きよせるため。 ノコギリの歯のようにギザギザに刻まれた爪先で 文様となる糸を1本1本、掻きよせて文様を織り描きます。 その技法を『爪掻(つめがき)』といい、 爪掻で織り上げた『つづれ織』を爪掻、爪つづれ、 本つづれなどと呼びます。 爪で糸を1本1本掻きよせて織る爪掻のつづれは 「日に寸、五日に寸、十日に寸」 と伝えられるほどの月日と高度な技術が必要であり、 複雑な文様になると1日にわずか1cmしか 織り進めないものもあります。 そのため極めて生産数も少なく 希少価値の高い織物となっています。 元来、生産数の少ないうえに 職人の高齢化と後継者不足にともない 高度な技術をもった織師は年々減少しています。

綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り

爪掻の織り方

爪先で糸を掻きよせ文様を織るのはもちろんのこと、 それらの文様は計算された型紙や図案があるのではなく、 まるで白いキャンパスに絵を描くように 下絵とよばれる図案に代わる絵をみながら、 どの色をどのように織ると、どのような文様になるかを 頭のなかで描きながら織ります。 伝統的な爪掻の高度な技術のみならず、 織師の感性、創造力も技術の一部といえます。 下絵から織り描く文様を創造しながら 絵具の色を混ぜ合わせるように 多彩な糸をよりあわせて新たな色を創り出す、 線を引くように濃淡を表現するように ハツリやボカシといった爪掻の技術を駆使して 文様は織り描かれていきます。 このように織師の感性により 1本1本の糸が文様となり織り描かれため たとえ同じ下絵を用いたとしても 厳密には同じ文様が織り描かれることはありません。 ひとつひとつに個性があり 世界にひとつだけの作品として生まれます。 それを創り出すのは高度な技術もさることながら、 色を形を創造する豊かな感性がなければ成し得ないことです。 それが日本美術織物の最高峰といわれる所以でもあります。

綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り

ハツリ目

文様となる糸を必要な部分に必要なだけ、 爪で1本1本、織り込みます。 このように必要な部分に必要なだけ織ることで、 機械織りのつづれのように 織巾全体(左右)にヨコ糸が通らず、 表も裏も同じ文様が表れます。 このとき生まれるのが爪掻の特徴のひとつである 『ハツリ目(ハツリ孔)』です。 ハツリ目は文様の部分と部分の間にできるスキ間です。 また、ヨコ糸だけで文様を織り表すため、 ヨコ糸はタテ糸よりも3倍から5倍も密度の大きい 綴糸(つづれいと)とよばれる 太く丈夫なヨコ糸を用います。 ヨコ糸はタテ糸を包み込むように織り上げます。 したがって織り上がった織物の表面にはタテ糸は現れず、 表裏ともに同じ文様となり表裏両面を使用することができます。 母子孫三代、お母様からお嬢様へ代々受け継がれるのは 本綴織の技と質の高さを物語っています。

綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り

綴織は高度な技術とその希少性から 他の織物とは別格とされており最高の格を誇ります。 格調高い文様は『一重太鼓でもフォーマルに着用できる』 唯一の帯であるのはその格の高さゆえ。

  • 綴袋名古屋帯は格が高く礼装に一重太鼓で着用できる。
  • 厳密に同じものがないオリジナリティがある。
  • 単の着物、袷の着物ともに着用できる利便性がある。
  • 地厚な絹織物であるため帯芯は不要。
  • 締めゆるみなく締め心地が良い。
  • 裏表を使用するごとができる。要仕立て直し
綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り

最古の歴史そのまま

爪掻の技法を用いる西陣爪掻本綴織は 西陣織で最も歴史のある綴機(つづればた)で織ります。 手織綴や紋綴とは異なり、 ジャガードの作用を全く必要としない綴織で、 全工程、人の手足で機を操作して織ります。 鶴の恩返しで鶴がパッタンパッタンと織っている機を 想像していただくとわかりやすいと思います。

綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り

伝統の技

織っている時に見えているのは裏面になり、 表面は下になっている方。 織師は裏面を織っていることになります。 鏡をみているのとおなじ鏡像の状態なので 織り上がった表面の文様をイメージしながら織ります。

この「綴機(つづればた)」は 最大八寸の帯巾まで織ることのできる機で、 タテ糸の本数を増減させることで 織り巾を調節して織るものにあわせます。 画像奥の黄色の糸状の物は『綜絖(そうこう)』といい、 2つの輪がタテに連なったものを1本として、 その輪と輪の間にタテ糸1本を通し、 タテ糸を上下に分ける役割をします。

綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り

杼(ひ)

手に持っているのは「杼(ひ)」、 杼の中にあるのは絹糸(ヨコ糸)を巻いた「管(くだ)」。 足下にある「踏木(ふみぎ)」を踏み、 踏木に繋がれた綜絖を上下に動かすことで タテ糸が上下に開口します。 その間に杼を通すことでヨコ糸が通ります。

綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り

框(かまち)

『框(かまち)』に『筬(おさ)』 をはめ込んだもの。 筬はタテ糸が1本通る細いスキ間が クシのように区切られたもので、 その細い隙間1つに綜絖を通ったタテ糸が1本通っています。 ヨコ糸を1本タテ糸とタテ糸の間に通したら 框を手前にひきよせてヨコ糸を織り込みます。 おもに無地を織るときにつかいます。 ヨコ糸の角度や引っ張る力加減、 框を打ち込む力加減によって織り上がりが左右されるため、 単純な作業ではありますが重要な基本の技で、 熟練の職人でもきれいに織るのは難しいのです。 文様はヨコ糸を爪で掻きよせ、 ある程度織り込んだら仕上げに小さな櫛で織り固めます。

綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り

手と足

踏木(ふみぎ)は足元に2本、右と左に並んであり、それを交互に踏み換えることで 上になったタテ糸が下になり 下になったタテ糸が上になりを繰り返します。 その都度、杼を右から左へ通し框で打ち込む、 次に左から右へ通し框で打ち込むを繰り返し織っていきます。 文様は爪掻の技法を用いるので、 同じように糸を1本とおしたら足を踏みかえ、 また1本、と同じ作業をくりかえして、 少しずつ文様が織り描かれていきます。

綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り

杼と管

織師の手によって長年使い込まれた色艶に その歴史を感じる綴織の道具 『杼』(ひ)にはつづれ絹糸を巻いた『管』(くだ)を取り付けて、ヨコ糸を織り込んでいきます。 色を使うときは色の数だけ『杼』を用います。 機械織りのつづれ織とは違い、人の手で織る本つづれ織の『杼』は人の手が扱いやすい大きさ、 手のひらサイズなので、絹糸を巻く『管』も小さく、巻かれる絹糸も少なくおよそ数センチ分ほど。管に巻いた絹糸がなくなると次の管に取り替えます。 そのときに糸の結び目ができます。

綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り

西陣爪掻本綴織

にしじんつめかきほんつづれおり

12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類されます。西陣爪掻本綴織は西陣織工業組合の登録商標で、西陣織は昭和51年2月26日に伝統工芸品に指定されています。

綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り

西陣爪掻本綴帯

にしじんつめかきほんつづれおび

帯の証紙

経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されている 西陣織の西陣爪掻本綴織は登録商標であり、 西陣織で最も歴史のある手法のひとつである 伝統的な爪掻の技法を用いていること、 さらに産地・生産者・素材・品質なども含めて 品質検査に合格した帯だけが “経済産業大臣指定伝統的工芸品”と表記することができ、 経済産業大臣指定伝統的工芸品の証紙と検査合格証が与えられます。

綴れ帯 つづれ帯 綴れ織り 綴織 つづれ織り

西陣爪掻本綴織メガネ型証紙

西陣爪掻本綴織の帯に付属する証紙は濃い紫色で、生産者固有の番号が印字されています。

西陣織 つづれ織り つづれ帯