スーツケースの選び方ガイド

はじめてスーツケースを購入するけれど、どんなタイプを選べば良いの…?
そんな方に、自分に合ったスーツケースを選ぶための
つのチェックポイントをご紹介します。

POINT1

  • ケースタイプ

    ハードケース or ソフトケース

    スーツケースのタイプは、大きく分けると「ハードケース」と「ソフトケース」の2種類があります。
    ハードケースは、外がプラスチックなどの堅い素材で覆われており、強度や防水性、セキュリティなどに優れています。
    一方のソフトケースは、ケース全体が布製の柔らかい素材でできており、軽量で比較的お買い求めやすく、ポケットも多い為機能的というメリットがあります。
    それぞれにメリット・デメリットがあるので、目的や好みで選ぶのをオススメします。
  • ケースタイプ
  • ハードケースのメリットハードケースのメリット
    • 防水性
      防水性
    • セキュリティ
      セキュリティ
    • 強度・耐久性
      強度・耐久性
  • ソフトケースのメリットソフトケースのメリット
    • 軽量
      軽量
    • 比較的安価
      比較的安価
    • 荷物を詰め込みやすい
      荷物を詰め
      込みやすい

POINT2

  • 大きさ・容量

    スーツケースを選ぶ際、一番迷うのが大きさだと思います。
    スーツケースは長く使えるもの。将来的なのことも考えて大きさや容量を選びましょう。
    ここではスーツケースの大きさ、容量別に宿泊数の目安や特徴を紹介しますので、自分に合ったスーツケースを選ぶための参考にしてください。
  • 大きさ・容量
  • SS~Sサイズ

    SS~Sサイズは航空機内に持ち込めるサイズが多く、荷物を持っての移動が多い旅行や2泊~5泊程度の個人旅行におすすめです。
    また、旅行のみならず、普段使いやビジネス使用も可能な活動機会の多いサイズです。

    SS~Sサイズを探す

  • Mサイズ

    一般的に多く見られるサイズで、短期の旅行であれば余裕があり、帰りにお土産も十分入れれられます。女性でも取り回しやすいサイズです。キャスターは4輪のものより、2輪の方が総重量が軽くなる場合が多いです。

    Mサイズを探す

  • Lサイズ

    1週間ぐらいまでの旅行に適したサイズ。短期なら、2人分の荷物をまとめて入れることもできます。
    小柄な女性だとやや取り回しに苦労するかもしれませんので、4輪キャスターのスーツケースをオススメします。

    Lサイズを探す

  • LLサイズ

    1週間以上の長期旅行やショピング旅行、2人分または家族分をまとめて入れるのに適したサイズ。
    女性だと取り回しに苦労する可能性が高いです。空港で荷物を預ける際の重量超過にも注意した方がいいでしょう。

    LLサイズを探す

POINT3

  • キャスター

    キャスターには、「4輪キャスター」と「2輪キャスター」の2種類があります。
    それぞれにメリット・デメリットがあるので、目的や好みで選ぶのをオススメします。
  • キャスター
  • 4輪キャスターのメリット

    メリット
    ・動きがスムーズで人混みや狭い道でも小回りがきく
    ・スーツケースの上に荷物を置いて移動ができる

    デメリット
    ・走行音が大きい
    ・坂道や乗り物で手を離すと動く

  • 2輪キャスターのメリット

    メリット
    ・キャスターが大きく、走行が安定しやすい
    ・デザイン性が重視され、スマートに見える

    デメリット
    ・走行が一方向のみ
    ・斜めにしか引けない

POINT4

  • セキュリティーロック

    アメリカへの渡航に必須のTSAロック。 TSAロックとは、セキュリティチェックが最も厳しいアメリカ運輸保安局(Transportation Security Administration)によって認可・容認されたロックの略称です。
    アメリカに渡航する場合、TSAロックだとカギをかけたまま荷物を預けることができます(検査員はマスターキーで全ての荷物のロックを解除できます)。しかし、TSAロックでない場合、ロックを切断、破壊して検査されることがあり、この検査によるロックの破壊に関しては、保証の対象外となります。アメリカへの渡航用スーツケースを考えているなら、TSAロック付もき選択肢として考えても良いでしょう。
  • セキュリティーロック

PAGE TOP