産着スタイル

男の子用産着レンタル

男の子用の産着

2022.02.01

男の子用産着

お母さんが赤ちゃんと素敵に着飾る初めてのセレモニー。
男の子らしさとお母さんの好きなデザインをぜひ選んでください。

訪問着と産着の色合わせ

訪問着と産着を選ぶ時に色のバランスを見たいご要望が多数ありました。
簡単に色や着物同士が合っているのかどうかをチェックすることが可能となりました。
是非↓から訪問着をクリックして産着を合わせて見てください。

お宮参りの時期

2021.03.20

お宮参りの時期

地域特有のしきたり等がない場合は、生後1ヶ月頃に行くのが一般的です。
男の子は生後31日目、女の子は32日目に行うというのが古くからの習わしですが、必ずというわけではありません。
生後1ヶ月頃が真夏や真冬の場合は避けても良いでしょう。
体温調節が未発達な赤ちゃんが、体調を崩してしまうこともあります。
また産後のママにとってもかなり過酷です。

生後1ヶ月頃というのは目安と考え、都合の良い日に行うと良いでしょう。

元々生後100日頃に行う地域もあるため、その頃までに行えれば大丈夫です。

お宮参り 誰と行くの?

2021.03.20

お宮参り誰と行くの?

昔は赤ちゃん・父親・父方の祖父母で行っていましたが、現代ではそのような厳格な決まりはありません。
両家の祖父母と一緒に行かれたり、家族だけで行ったりと様々です。

地域や各家庭によって古くからある習わしがあるかもしれないので、一度祖父母に相談してみましょう。

産着の模様と柄(男の子)

2021.03.20

 産着の模様と柄(男の子)

女の子用産着は、様々なお花が曲線的にデザインされた華やかなものが多く、幸せな人生への願いが柄に込められています。
男の子はどうでしょう。

↓よく描かれる柄をまとめました!

鷹 :強い眼力は、先を見通す力や物事の本質を知る力を意味し、尖った爪は良いチャンスをがっちりと掴んで自分のものし
立派な大人になるようにという願いが込められています。

虎 :武士のような勇ましさを象徴する動物であり、どんな困難にも負けず強くあって欲しいという願いが込められています。

兜 :降りかかってくる厄や邪気から身を守り、健やかな成長を願う意味が込められています。

軍配:戦を指揮する際に使っていたうちわ型のもので、兵を配置し指示を出すなどのリーダーシップを象徴する文様とされています。

男の子用は全体的に勇ましい模様が多いですね。
かつて武家では健やかに成長することだけでなく、男の子は武士として立派に活躍することが求められました。
現代社会でも本質は変わらず、ご両親が願うことではないでしょうか。

模様・柄で幸せを願うのは和装ならではです。

ご家族皆さんで、赤ちゃんの幸せを願いながら産着を選ぶのも素敵ですね。

女の子産着

お母さんが赤ちゃんと素敵に着飾る初めてのセレモニー。
お母さんが気になるデザインの産着をセレクトすれば、彩り鮮やかなお宮参りを演出します。

お母さんの訪問着

産着を訪問着をシミュレーターで色合わせをすると雰囲気がわかりますよ。

産着 COLUMN

お宮参りについてのコラムをお届けします。

© KIMONO RENTAL MY SELECT.ALL RIGHTS RESERVED.
上に移動ボタン