Ideal
"OFF"
clothes

理想の「OFF」服


REGINAが考える、理想の「OFF」服
ひとつめは

"主役"にも"脇役"にも
なってくれる

ということ




家の中でだけが「OFF」なワケでありません
子供とのお出かけ、お散歩、旅行…

緩やかな時を楽しみたい外シーンって
案外多いものです

お家での「OFF」服としてはもちろん
外での「OFF」服としても大活躍できる

REGINAの「OFF」服として
欠かせない条件のひとつでした




"More
I can be
naturally"

"より、私が
自然体でいられる"


ふたつめは
もっと自分が自然体でいられるということ

背筋が伸びるようなお洒落を楽しむ
それも大切なことだけれど

理想の「OFF」服は
「緩やか」を満喫できなければ
意味がありません




気持ちのいい季節を
身体いっぱいで感じられそうな
ゆっとりとしたシルエット

まるで、私の身体の一部のように
自然で、快適なもの

そんなことにこだわって

REGINA HOLIDAY

は、作られました




"My
favorite
style"

"自分好みのSTYLE"


そして、最後に
"自分好みのスタイル"
ということ





これは
「ON」でも「OFF」でも
どちらにでも言えてしまうことなのですが

着ていて、心弾む服は
自分を、より快適へと導いてくれます

衣・食・住の「衣」は
最も、自分を表せるもの

自分好みのスタイルで楽しむ「衣」は
貴女を快適に、そして豊かに彩るものに―




緩やかに過ぎる時―
「快適」を満喫するための「OFF」服

REGINA HOLIDAY


自然体を楽しむ時間、という
最も大切な時間を

貴女とともに―