圧迫感のないローボードで
広々と開放的な空間を演出

rus-tv-a-blog-img1.jpg

お部屋に圧迫感を与えない、TVボードとして使える高さ 54cmのローボードタイプ。家具の高さを抑えることでお部屋を広く見せ、ゆったりとくつろげる空間を演出します。

TVボードを選ぶとき、高さはとても大事なポイントのひとつ。リビングの広さや、どんな姿勢でどのくらいの距離から見るのかによって、最適な高さは変わるものです。目や首が疲れない高さはどれくらいか、普段の生活をしっかりと想像したうえで選びたいですよね。

高さ 54cmは、リセノでご用意しているTVボードの中では少し高め。例えばTVボード、リビング、ダイニング、キッチンカウンターが一直線上に並んでるようなお家の場合、リビングスペースのソファーの背が高いタイプだとダイニングに座って、もしくはキッチンカウンターからTVを見る時、少し見にくいですよね。高さ 54cmはそういった配置でコーディネートをお考えの方に特にオススメです。

また、横幅が広めなAタイプは、お気に入りの雑貨を並べたり、育てている観葉植物を飾ったり、ディスプレイして楽しむスペースがたっぷり。実用的に使えるだけでなく、見せる収納を存分に楽しめます。

出し入れしやすいオープンシェルフに、
AV機器収納に最適なガラスキャビネット付き

rus-tv-a-blog-img2.jpg

リビングは家族それぞれがくつろぐ憩いの場所。出し入れをしやすいシェルフスペースには、使用頻度の高いものを置いておくと便利です。休日の時間がある時に読みたいと思っている好きな雑誌に、読みかけの本。ソファーでのちょっとした仮眠に使うブランケット。すぐ取り出してしまえる場所に置いておくだけで、リビングの居心地がずっと良くなります。

細々した物も、お気に入りのカゴにしまって収納することで、隠す収納が出来るだけでなく、インテリアの雰囲気もガラリと変えられます。

rus-tv-a-blog-img3.jpg

ホコリをかぶりにくいガラスキャビネットには、AV機器の収納を。奥行き広めの収納スペースにはAV機器だけでなく、たくさんのDVDを一箇所にスッキリとまとめて収納できます。綺麗な状態を保ちながら、好きなコレクションをズラリと並べてディスプレイできるのも、ガラス扉ならではの魅力です。

扉は、ボード前のスペースを有効に活用できる、開閉スペースが必要ない引き戸タイプ。手前まで踏み込めるので、奥のものが取り出しやすいのも嬉しいですね。