分譲マンションのキッチンに、使いやすいサイズ感。
これ1台で、キッチン周りがすっきりまとまります。

 width=

「R.U.S(ラス)」キッチン収納シリーズの中でも、特に人気の高い組み合わせをセットにしました。

幅140cm×高さ165cmという、大きすぎず小さすぎずの絶妙なサイズ感で、省スペースでもバランス良くお使い頂けます。

さらに、コンパクトなのに収納力抜群。「ガラスキャビネット・ワードローブ・ドロワー・幅44cmのシェルフボード・幅88cmのシェルフボード」の、全5タイプのアイテムをセレクトしています。

見せる収納と隠す収納を上手に両立させているので、散らばりがちなキッチン周りもこれ1つで、すっきりキレイにまとまります。

バーに吊るすことで、見せる収納にアクセントをプラス。
取り出しやすさも兼ね備えた収納スペース

 width=

キッチン収納にこだわりたい人は、きっとお気に入りの食器やキッチンツールを揃えているはず。そうなると必然的にお気に入りの食器などを飾るディスプレイにもこだわりたいような気がする。

このキッチン収納は、そんな収納へのこだわりを持つ方へ、よりディスプレイを楽しんでもらえるように、吊るして収納できるバーを備え付けました。バーがあると、ただ陳列していたキッチンツールや食器を吊るして収納できるので、見せ方にもアクセントがついて、インテリアとしても楽しさがアップします。

しかもフックに掛けてるだけだから、取り出しやすい便利なところもポイントです。

食器類から食品ストック・日用品まで。
すべて一ヶ所に収納して、快適なキッチンへ。

 width=

まず、片手で簡単に開閉できる「ドロワー」。目線より低い位置にあるので、普段あまり使わない、お鍋や深皿などを閉まっておくのに最適です。インテリアの雰囲気を崩してしまうパッケージの日用品も、ここに隠して収納するのがおすすめ。

引き出して中を見渡すこともできるので、使用頻度は低いけれど常備しておきたい、食品ストックなんかを入れておく場所としても良いですね。

 width=

次は、見せる収納が楽しめる「ガラスキャビネット」。お皿やボウルなどの器系を収納するのに最適です。お気に入りの食器やカップをディスプレイして楽しむのもおすすめ。ガラス扉が付いているので、ほこりがかからなくて衛生面でも安心です。

また高さ設定も、女性が無理なく物を取り出すことができる、最大165cm。建て付けの収納だと高い場所にあることも多くて、背伸びしたり、脚立やスツールを使ったり、無理することも多いはず。毎日よく使う物は無理をせずに、スッと取れる高さにあると、安全で作業もしやすいです。

 width=

 width=

そして、キッチン収納として実用的に使うだけでなく、お気に入りの雑貨を飾るディスプレイラックとしても使える「幅44cmのシェルフボード」。5cm間隔で高さを調節できるので、今ご使用の物でも収納することが可能です。

コーヒー好きの私は、こだわりのコーヒーグッズを。コーヒースタンドや豆だけでなく、高さのある電動ミルも無理なく置けます。アイテムごとにぴったりと合ったサイズ感の場所で、キレイに収納できるのが嬉しいポイント。

食材ストックを、種類毎に分類して並べておいても便利です。

 width=

また、広々と使える「幅88cmのシェルフボード」。取り出しやすい高さにあるので、毎日よく使う調味料類を。また、高さのあるワインボトルやキャニスターといった、大きめのアイテムも収納可能です。

オープンタイプのシェルフボードに収納しておくことで、取り出しやすい利便性を兼ね備えているだけでなく、探しやすさもアップ。

 width=

さらに、シェルフボードとドロワーの間にある「オープンスペース」には、トースターやケトルが十分に収まります。ごちゃごちゃして見える家電製品は、目線より低い位置に置くのがおすすめ。

プラスαの使い方で、自分好みのキッチン空間を演出

 width=

「R.U.S」の魅力を最大限に活かしたいなら、5cmピッチで仕上げたサイドのアイアンフレームにご注目。アイデア次第で使い方は無限大です。

例えば、S字フック等を使えば、フライパンやまな板等、使用頻度の高いキッチン用品をかけるスペースとして活用できたり、買い物をしてきた袋やエコバッグをかけるのに使ったり、エプロン掛けとしても大活躍。

自由な発想で考えて、日々生まれる新しい発見にワクワクしながら、楽しく収納できます。