「ローテーブル」として美しい「こたつテーブル」を。

fam-ktr-blog1.jpg

こたつといえば冬の製品で、冬以外には活躍しないイメージがあります。

ただ、季節ごとに「ローテーブル」と「こたつテーブル」を入れ替えるのはわずらわしく、また、使わない方をしまっておく場所を確保するのも難しいので、こたつテーブルを一年中使用されている方も多いようです。

こたつを使うのは11月頃~2月頃で、だいたい4ヶ月。ローテーブルとして使う期間は残りの8ヶ月に及びますので、こたつとしての期間の2倍です。

ということは、「カフェ」と「こたつ」の1台2役として使う際には、ローテーブルとしての出番が多いことになります。こたつテーブルを年中使われている方にとって、もしかするとリビングに置くテーブルとしてデザイン的には完全に満足はしてないんじゃないかな?こう考えたのが、このテーブルの企画のきっかけです。

fam-ktr-blog2.jpg

このテーブルは、こたつでありながらも、ローテーブルとして美しさを感じさせてくれます。「こたつに見えない、美しいこたつテーブル」です。

このテーブルは、3つのコンセプトを基に設計しています。

「ローテーブルと比較して、より美しいデザイン」
「リビングに最適なローテーブルらしいサイズ感」
「こたつとしても申し分ない機能性」

この3つを軸にデザインを起こし、さらに工場、素材、製法というかたちで順に落とし込んでいきました。

「テーパード脚」と「船底天板」で、
よりスタイリッシュに美しく。

fam-ktr-blog3.jpg

今回のこたつテーブルのデザインが、一般的なイメージのこたつと大きく違うのは、下に向かうにつれて細くなる「テーパード」のかかった脚です。

昔ながらのこたつテーブルのデザインは、かなり太めのがっしりとした脚が多いですが、よりローテーブルに近づけるために、可能な限り細くしました。

テーパードをつけることにより、脚の細さを強調し、軽やかなデザインに仕上げています。

fam-ktr-blog4.jpg

また、天板のフチ部分は「船底天板」という仕上げにしています。

天板の途中から斜めにテーパードが入っている仕様で横から見たときに、より天板が薄く、スタイリッシュに見えます。

fam-ktr-blog5.jpg

左は、角面仕上げ。重厚感のあるデザインに仕上がります。
右は、船底仕上げ。より軽やかさを感じるデザインに仕上がります。

「船底天板」と「テーパード脚」。

この2つの意匠をいれることにより、従来のこたつテーブルと重厚なデザインとは相反するデザインに仕上げました。

「節あり突板」と「無垢オーク」を使った
王道の本格派テーブル

fam-ktr-blog6.jpg

天板は、節ありのオーク材突板です。

突板とは、木を薄くスライスしたもので、天板表面にこの突板を貼付することで、無垢の木のような意匠を得ることができます。

その中でも、今回採用したのは、突板の中でも珍しい「節あり」です。

節は木の枝の根元部分で、木材としては穴が開いたり、美しくないという理由で、昔は捨てられてきた部分です。しかし、近年は、節の荒々しさが魅力的だという見方が家具業界でも広がり、人気を博しています。

fam-ktr-blog7.jpg

節を薄くスライスするというのは、実はあまり見かけません。

今回は、工場の技術力により使用できたことで、無垢テーブルと見まがう様な意匠に仕上げることができました。

こたつは天板にも熱が加わるために、無垢の天板は反りや割れが出る可能性が高く、使えません。

その中で、無垢と見まがうような節あり天板を実現できたのは、美しいローテーブルにさらに近づけたと満足しています。

ゆったり使える「110cm円形」
少し広めのリビングにおすすめのサイズです。

fam-ktr-blog8.jpg

一般的な円形こたつテーブルというと、直径75~90cmの比較的コンパクトなサイズが主流。それに比べると直径110cmというサイズは、かなりゆったり使えるサイズ感です。

すこし広いリビングを想定していて、こたつを囲んで和気あいあいとみんなでゲームをしたりするのにぴったり。4~5名で快適に、詰めれば6人でも座れるほどの余裕があります。

座る場所を選ばず、柔軟な人数の変化にも対応。みんなの視線も自然と真ん中に集まり、隣の人の顔まで見られるので、家族や友達で過ごす時間も自然と盛り上がります。

fam-ktr-blog9.jpg

普段2人で使っていても、お菓子を食べながら雑誌を見たり、好きなものをたくさん広げたりと、スペースにゆとりがある分気にせず使えます。

L字にソファーを置いているレイアウトの場合には、使う面を選ばないので長方形よりも使いやすいというメリットも。

fam-ktr-blog10.jpg

そしてインテリアは角張ったアイテムが多いので、リビングの中心に丸い形状のアイテムが来ると自然と気持ちもリラックス。見た目にも柔らかく、優しい気持ちで過ごせます。

また角がない分、同じサイズのこたつテーブルに比べて周辺が歩きやすいというポイントも。大きさの割に動線を邪魔しないので意外と取り入れやすいです。

ローテーブルとしても最適な
「120cm×60cm」も作りました。

fam-ktr-blog11.jpg

ありそうでなかった、ローテーブルとしても最適な120cm×60cmのこたつテーブルも作りました。

ソファーというもの自体が洋式のものなので、こたつは従来、いわゆる「ちゃぶ台」的な四角形に近いものが多く出回っていて、長方形でも、105cm×75cmみたいなサイズがもっとも一般的です。

ソファーは120cm以上のものが多いですから、リビングでの美しさを考えると、このくらいのサイズ感の方がうまくフィットすると思います。奥行きは60cmなので、ソファーとテレビボードの間に置くのに、ちょうどいいサイズです。

fam-ktr-blog12.jpg

また、ローテーブルとして最適な細長いサイズでありながら、こたつとして床に座って、横に2人座るのにもぴったりなサイズ感です。

4人や6人で囲むときにはちょっとだけ向かいの人と近いですが、それほどは気にならないのでは?と思っています。

リビングの形によっては、ぜひ長方形もおすすめしたいと思います。

ヒーターにもこだわってます。
「ハロゲン管ヒーター」を採用しています。

fam-ktr-blog13.jpg

ローテーブルとしてのデザインの話をたくさん書いていますが、こたつとしての性能もしっかりとこだわっています。

今回採用したのが「ハロゲン管ヒーター」です。一般的に多く使われる「石英管ヒーター」と比較して、速熱即暖性に優れ、ヒーター寿命も1.5倍以上長い約8,000時間耐久するヒーターです。

帰ってきてこたつに入ったときに、すぐに暖まらないのって、地味に嫌ですよね。そんなストレスを減らすことができます。

国内メーカー品ですので、故障やトラブル時のサポート窓口もあり、安心してお使いいただけます。

爽やかなクリア塗装が美しい
ナチュラルカラーもございます。

fam-ktr-blog14.jpg

クリアウレタン塗装で仕上げた、爽やかな印象のナチュラルカラー。爽やかな木目が、団らんの場を明るい雰囲気に変えてくれます。

スタイリッシュな佇まいでありながら重くなり過ぎず、軽快な空気感を演出。趣ある表情でナチュラルヴィンテージテイストのインテリアにも溶け込みます。

「心地」を備えた、
Re:CENOの暮らしに寄り添う家具づくり

fam-ktr-blog15.jpg

「Good feeling design(心地のいいデザイン)」「Long life devise(長く使える工夫)」は、Re:CENO productが掲げるコンセプト。

Re:CENOの人気シリーズとなっている「NOANA」「WIRY」「R.U.S」「folk」、もちろん「FAM」もこのコンセプトのもと開発されました。材質や色、生地など、細部にまで想いを込めたこれらのアイテムは、形こそ違えど常にリンクし合っています。

一つの空間にコーディネートされた時、見た目のかっこよさや統一感だけでなく、「心地」を備えたディテールや機能性をきっと感じていただけるはずです。