About us
2013 Autumn Winter
ニュースレター
頼るべきものは人望ではなく、
ただ己の力あるのみ。

-ナポレオン-

コラム

老いて死ぬ。

多くの人が自分の最期がそうであると想像していることでしょう。
しかし、そのような幸せな生物は人間だけかもしれません。シマウマにはライオンがいるように、アブラムシにはてんとう虫がいるように、ほぼ例外なく人間以外の生物には命を脅かす「天敵」が存在しており、いつ捕食されてもおかしくない中、一分一秒を命がけで生きています。しかし人間は文明が発達し、実質生態系の頂点に君臨するようになってから天敵と呼べる捕食者は存在しなくなりました。

わたしたちは子供から大人になるまで、病気や事故は別として差し迫った「死の恐怖」というものを感じることなく生活しています。この当たり前になっている環境は、地球上のほかの生物を見回しても極めて異例なのです。

百獣の王とされるライオンでさえも、獲物が捕れない日が続くことも多く、生後1年以内の死亡率は「60%以上」。
ウミガメに至っては、生まれた瞬間から海鳥や大型魚に捕食されるため、子供が大人にまで成長する確率は、「5,000分の1」と言われています。

このような状況を、それが自然の摂理ではあるとしても必死に生きている地球上の生物から見たら、些細な事で思い悩んでいる人間がどれだけ滑稽に映るでしょうか。
見た目、対人関係、将来への不安・・・。それは時に自暴自棄になってしまうほど、当人にとっては大き な悩みの種になり得る問題です。しかし、わたしも、あなたも、自然に生きる一人の生物として原点に戻った時、

差し迫った「命にかかわる問題」以外、取るに足らない小さな問題のはずなのです。

そんな小さな問題に心が捉われてしまいそうな時、私たちが進化の過程で忘れてしまった大切な心構えを、一日一日を「生き抜く」という本来のきびしさを、野生に生きる生物が教えてくれる気がします。

ビューティ

ストレッチであなたは元気になれる!

「首と肩がこわばって重い・・・。」「体に疲れが溜まってダルい・・・。」
だからといって出来るだけ体を動かさないようにぐったりとしてしまっていませんか?

毎日同じ姿勢で長時間仕事をしたり、精神的なストレスや刺激を感じたりすると、主に上半身を流れる血流が滞ってしまいます。また筋肉も緊張して体がどんどん固く、柔軟性を失ってゆきます。
このような状態になると、体の各器官の活動に必要な酸素や栄養が運ばれなくなってしまい、疲労物質である乳酸(コリ)も排出されず蓄積してしまうので、肩がこる、ダルい、などの慢性的な疲労症状になってしまうわけです。こうなってしまうと肩を揉んだり叩いたりするだけでは根本的な改善にはつながりません。

「全身の血行を良くすること」「全身の筋肉や関節の緊張をほぐすこと」
この2つを毎日心がけた「ストレッチ」と「入浴」によってかなり改善が期待できます。

  • 肩や首を揉みほぐした後、40℃くらいのお風呂に仰向けで浮くようなイメージで、「肩、首、後頭部」をお風呂のお湯で10 分以上温めてあげましょう!かなり血行が改善されて楽になります♪
  • 入浴後、体全身を使ったストレッチ運動でこわばった筋肉を柔軟にしてあげましょう!ストレッチ体操にはいろいろなものがありますが、ラジオ体操のような順序でしっかり体を伸ばせれば大丈夫♪
体がつらいときは、しっかり睡眠をとることが大切ですが、それと同時に体を動かして柔らかくしてあげることで、より元気な自分を取り戻せますよ♪
ページトップへ