シミ用スキンケアでシミは薄くなるのか。 男性も気になる肌のシミが、薄くなるメカニズムを解説します

特集記事2023.4.13

なかなか外に出られなかった時期もようやく終わり、人に会うことも増えてきましたね。そんな中、改めて気になるのが肌にできているシミです。シミはいつの間にか肌に突然現れ、シミがあるだけでなんとなく老けた印象を与えてしまう困りもの。なんとか薄くしたいと思った時に思い浮かぶのがシミ用の基礎化粧品ですが、本当にそれらは効果があるのでしょうか。シミケア化粧品のメカニズムと効果効能について解説いたします。

まず、敵を知ることから。どうしてシミはできるのか。

そもそも、若い頃にはなかったシミが突然現れるのはどうしてなのか。そしてどうしてシミとして定着してしまうのか、その原因を調べてみました。

そもそもシミは、肌細胞が作られる肌奥にある、メラニンと呼ばれる色素を作る細胞(メラノサイト)の働きが異常になりメラニンを作り過ぎてしまうことでできる現象です。メラニンとは、肌の一つ一つの細胞の中に存在し、まるで日傘のように細胞の核を紫外線のダメージから守る大切な役割を果たしています。そのメラニンを作っているのが色素細胞で、肌が作られる肌奥に適度に分布しており、肌の内部に入ってくる紫外線の刺激に合わせて適正な量のメラニンを作り、周りにある複数の生まれたばかりの肌細胞へメラニンを受け渡す役割をしています。言うなれば肌内のメラニンの生成工場のようなもの。

ところが、長い年月をかけて強い紫外線を大量に浴びるなど、ダメージが積み重なることで、この色素細胞の一部の機能が異常をきたし、大量のメラニンを絶えず作り続けてしまうことも。そのことでメラニンが大渋滞してしまい、肌が一部黒くなってしまう、それがシミの正体なのです。

肌奥で、メラニンが異常な量で作られ続けて、肌内部で柱のようになっている状態なので、シミがそのままでは消えることがないのです。

 

シミ用のスキンケアを使うと、「今あるシミが薄くなる気がする」のはなぜ?

ではシミ用のスキンケアを使っていると肌が明るくなり、薄くなる気がするのはなぜでしょう。

シミ用のスキンケアには、“シミができるのを防ぐ”という効果をもつ成分が入っています。この成分は“美白有効成分”と呼ばれ、コウジ酸、ビタミンCなどいろいろな種類があります。これらの成分はそれぞれ働き方は違いますが、この成分が入った製品を使っている間、あばれん坊の色素細胞のメラニンを作りすぎる機能を正常に近づけ、作りすぎるのを防ぐことができるのです。

例えば、紫外線を受けてメラニンを作れ、という肌の指示をストップしたり、作りすぎるメラニンを受け渡す機能を正常にすることで作られる量を抑えたりと、アプローチはさまざま。残念ながら壊れてしまった色素細胞そのものを根本的に治すことはできませんが、有効成分の働きで、過剰に新しい“シミを作り続けることを防ぐ”ことが期待できます。過剰なメラニンをたっぷり蓄えシミの柱のようになっている肌細胞も、もともと備わっているターンオーバー機能を通じて28日周期で徐々に排出されるので、見た目にも薄くなるのを実感できるというわけです。

 

気をつけるべきは、「医薬部外品」を選ぶことと、続けて使うこと。そして紫外線カットも忘れずに!

このような働きで、シミ用スキンケアがシミを作るのを防いで、結果、代謝と共にシミの部分が明るくなるのを実感できるわけですが、気にすべきことは3つあります。

  • 「医薬部外品」を選ぶこと

これは「薬用」という言い方もされますが、シミの防止効果に効くと承認されている成分を規定量入れているという厚労省の規定に沿っているという証。本来、この「医薬部外品」でないと、日焼けによるシミの生成を防止すると、商品説明でいうことができません。今は色々な商品が出ていますが、この「医薬部外品」「薬用」を選ぶことが、肌実感のためには早道ということが言えます。

  • 使い続けること

先に書いた通り、使っている間、有効成分が異常にメラニンが生成されるのを抑えてくれるので、使い続けることが大切。また肌のターンノーバーが行われることで「シミが薄くなった?」と実感することができるので、まずは製品一本分、使い続けてみてください。

  • 紫外線防止も忘れずに

シミが気になっている時は、シミ用のスキンケアを塗ることと同時に、紫外線カットも心がけてください。せっかく機能が過剰になっている色素細胞の働きを美白有効成分が抑えても、新たな紫外線の刺激がメラニン生成を加速させてしまうことも。また、ダメージの積み重ねが、いきなり色素細胞に異常を引き起こし、シミができてしまうので、日差しが強くなった季節にはU Vカットも忘れずに行ってくださいね。

男性でも気になるシミ。ぜひ、シミ用のスキンケアを試してみてください。効果の出方は人それぞれですが、気になるシミへの最初のアプローチとして試す価値はあると思います。

シミ用スキンケア、おすすめアイテム

ボタニカル スポッツ ソリューションS

薬用シミケア美容液

有効成分「コウジ酸」配合
男のシミを集中ケア

濃く広がる「シミ」に。日本酒の仕込みに使われる「麹」をもとに開発した「シミ」防止成分、コウジ酸を配合した唯一の男性用化粧品。この有効成分が、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。

ボタニカル
スポッツ ソリューションS

5,500円(税込) | 20mL(約2ヵ月分)

ボタニカル オイルコントロール&UVブロック

日焼け止め

感動的に軽く・べたつかない。
最強UV*で「シミ」対策

テカリを抑え、汗に落ちない。国内最高スペックの日焼け止め。SPF50+とPA++++の強力なUVカット効果。汗や水にも安心のウォータープルーフ仕様。

ボタニカル
オイルコントロール&UVブロック

2,475円(税込) | 50g(2-3ヵ月分)

* 「最強」とは、SPF50+、PA++++、を意味する

クワトロボタニコ(QUATTRO BOTANICO)
「枯れない男の肌メンテ」をコンセプトにかかげる日本発のメンズ ボタニカルスキンケアブランド。「肌が変わることで、人は内面や人生までをも変えられる」という信条のもと、自己を高め続ける大人の男性の肌メンテンナンスをサポートするスキンケア製品を揃えています。ブランドの詳しい情報は、こちらから。