楽天

ヒハツに含まれるピペリンの効果

ヒハツは植物の茎が他に巻き付く性質のある「つる性」の常緑木本に属する植物でロングペッパー(島胡椒(シマコショウ))とも呼ばれています。 ヒハツはコショウ科に属し果肉は香辛料として利用される他、海外では漢方や生薬としても使われてきました。 主に東南アジアで生産されております。

コショウと言えば食卓におなじみのスパイスですが、黒コショウ「ブラックペッパー」、白コショウ「ホワイトペッパー」など、その果実から作られる香辛料はいろいろな種類のものがございます。

これらはすべてコショウ科に属する植物の果実をもとに作られたものです。果実の熟成具合や他の成分との混ぜ具合によりいろいろな種類のコショウが作られています。
ヒハツもコショウと同じくコショウ科に属する植物ですが、共通して「ピペリン」という成分を含有しています。

ピペリンとは、ヒハツやコショウの果実に含まれている辛味成分であり有機化合物です。動物に対して強い抵抗を与えるアルカロイドの一種となります。
黒コショウ・白コショウ・緑コショウのなかでは黒コショウに1番多く含まれており、黒コショウ全体の栄養成分のうち約6〜9%がピペリンでできています。
このピペリンという成分については、さまざまな有用な効果があることが研究・確認されています。※沖縄ではヒハツは「ピパーツ」などと呼ばれています。
ピペリンの効果効能
ピペリンの作用として下記のような効能効果が研究されています。

・血管を広げ血流機能を改善する作用。
 血管が縮むと血圧が高くなる為、血管を広げる事で血圧を下げてくれます。
 また、血流が改善する事で血管の大部分を占める毛細血管の血流が改善する為「手足の冷え」の解消に繋がります。

 『冷え』は手足の冷たさやむくみだけでなく、抜け毛・くすみ・クマ・不眠・肩こり・腰痛・頭痛・関節痛・めまい・便秘などの様々な不調を招くことがあります。『冷え』は重い病気とは認識されていませんが、特に女性は悪化すると卵巣の働きが低下し、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう恐れがあります。

 『冷え』は血流が悪くなると発症致します。これは血液が熱を運んで体温を一定に保つ働きがあるためです。ピペリンには血管を拡張させ、血流を増加させる作用があるので、血流の悪さが原因の『冷え』に有用だとされています。

体重・BMI・体脂肪・中性脂肪が気になる方へ

・全身を循環するリンパ液が流れるリンパ管の形成促進作用があります。
 リンパ液の流れが滞ると全身のリンパ機能が低下し、老廃物がたまり足がぱんぱんに膨れて「むくみ」を引き起こす原因になります。つまり、リンパ管の循環システムを回復させる事で、リンパ液がスムーズに流れるようになり「むくみ」が解消されます。

・アドレナリンの放出によりエネルギーの代謝アップ、ダイエット効果。

・高脂肪な食べ物を食べたラットに関して、体脂肪の蓄積を抑制する効果。

・血液中に含まれる栄養分(血中濃度)が高まる事での疲労回復効果。

・悪玉コレステロールの増加を抑え、善玉コレステロールの低下も抑える。

・殺菌作用、抗酸化作用。

・肝臓を保護する作用。

・脳の異常で、体の動きに障害が起こるパーキンソン病を抑える。
パーキンソン病は手足が震えたり、動作が遅く・小さくなったり、筋固縮(筋肉に緊張があり、他者に手足を動かされると上手に力がぬけない状態)などの症状があらわれます。

このパーキンソン病は、運動の調整をしている神経伝達物質の「ドパミン」が減少すると引き起こされるのですが、ピペリンは「ドパミン」を分解してしまう酵素の働きを阻害する作用があることが報告されています。

※インドネシア系やインド系の植物ですが、ヒハツの葉もサラダや天ぷらとしても美味しく食べれます。
ヒハツに含まれるピペリンの体内での作用
ピペリンを120μg摂取する事で体内では感覚神経に作用する働きが起こり、血管内で一酸化窒素が放出され、血管拡張による血流量の改善につながるとの研究がされています。

高血圧にはあまり自覚症状はありませんが、脳卒中や動脈硬化・心臓疾患など危険な病気の引き金となります。血圧が高いほど、そのような病気になる可能性および死亡してしまう確率が高くなるのです。また、日本人の高血圧のほとんどが肥満や食塩の摂りすぎ、運動不足、ストレス、飲酒などが原因です。

血圧の値は以下のように分類されます。
■病院など医療機関で計測した血圧
正常血圧   :収縮期血圧 120未満 かつ 拡張期血圧 80未満
正常高値血圧 :収縮期血圧 120〜129 かつ 拡張期血圧 80未満
高値血圧   :収縮期血圧 130〜139 かつ/または 拡張期血圧 80〜89
掬拗盞谿機  Ъ縮期血圧 140〜159 かつ/または 拡張期血圧 90〜99
凝拗盞谿機  Ъ縮期血圧 160〜179 かつ/または 拡張期血圧 100〜109
慧拗盞谿機  Ъ縮期血圧 180以上 かつ/または 拡張期血圧 110以上

■自宅で計測した血圧
正常血圧   :収縮期血圧 115未満 かつ 拡張期血圧 75未満
正常高値血圧 :収縮期血圧 115〜124 かつ 拡張期血圧 75未満
高値血圧   :収縮期血圧 125〜134 かつ/または 拡張期血圧 75〜84
掬拗盞谿機  Ъ縮期血圧 135〜144 かつ/または 拡張期血圧 85〜89
凝拗盞谿機  Ъ縮期血圧 145〜159 かつ/または 拡張期血圧 90〜99
慧拗盞谿機  Ъ縮期血圧 160以上 かつ/または 拡張期血圧 100以上

※病院などの医療機関で血圧を測定すると、緊張により通常より高い血圧が測定される傾向があります。つまり、通常は自宅で計測した血圧の基準値の方が低くなりがちです。

ある実験では、20〜65歳未満の「正常高値血圧」と「I度高血圧」の119例を対象に、1日にピペリン90μgを含むヒハツ抽出物「150g」を12週間摂取したところ、収縮期血圧および拡張期血圧ともに摂取していない人たちとくらべて有意に血圧が低下する結果になりました。「I度高血圧」の人については摂取1週間後から血圧が下がる効果がみられ、高血圧の予防にピペリンは大変有用ではないかと推測されています。

※ピペリンを含むヒハツ抽出物は体内の血圧を下げる物質に作用するのではなく、血管に働きかけることで血管の収縮をやわらげ、血圧が下がるのではないかと考えられています。

またピペリンを摂取すると交感神経も刺激され、アドレナリンが分泌され発熱作用による体温の上昇につながります。まさに、唐辛子を摂取した時に「辛い・痛い」と感じて汗が吹き出す作用と同じような働きです。

健康な20〜64歳の日本人女性30人を対象に、ピペリン120μgを含むヒハツ抽出物150mgを単回摂取し、その後冷水に手をつけたあとの手の表面温度を測った実験が行われました。

その結果、摂取していない人たちと比べ、ヒハツ抽出物を摂取したグループは手の表面温度が有意に回復したことが確認されました。

また、冷水に手を付けた後の末梢の血流量に関しても、ヒハツ抽出物を摂取したグループが有意に増加する結果も出ました。この実験からも、ピペリンを含むヒハツ抽出物によって、血流が整えられ、結果として体温の上昇に繋がった事が示されます。

ヒハツに含まれるピペリンを摂取する事により、体内ではこのようにさまざまな作用がおこりますが、副作用はないのでしょうか?

 
ピペリンの副作用
血液の流れに関するさまざまな効果があるだけに、多量に接種すると健康被害など副作用も懸念されます。1日の目安量をまもり、良い効果だけを得るようにしましょう。

また、薬物代謝の強力な阻害剤としての働きも確認されているため、医薬品と一緒に接種すると薬の作用によっては想定外の結果に繋がる恐れもあります。薬を処方されている方は医師へ相談されるとよいでしょう。

ピペリン類の血圧低下作用は血圧が高めの方は有用な効果ですが、もともと血圧が異常に低い方はさらなる血圧低下の心配も考えられる為ご注意下さい。

体重・BMI・体脂肪・中性脂肪が気になる方へ

ピペリンによる皮膚がんの抑制試験も確認
悪性黒色腫という皮膚がんの一種でシミやほくろが、ガン化したメラノーマ細胞とよばれる細胞があります。これら悪影響を及ぼす細胞に対して、ピペリンを摂取する事によりこの細胞を死滅(アポトーシス)へ導く事が出来るいわゆる「メラノーマ細胞の増殖抑制効果」が確認されています。

その他、結腸癌細胞株の成長を阻害したり、卵巣ガン、胃ガンをもたらす癌細胞のアポトーシスをはじめ、いろいろな癌細胞に対しても抗腫瘍活性の成果があるという研究が発表されています。

この不思議なメカニズムはまだ正確に解明されていませんが、癌以外にも過敏性腸症候群などの改善に有効だという論文もあるので今後の研究に期待がもてる成分です。

大阪府立大の研究発表によると白胡椒(ホワイトペッパー)に含まれるピペリンを200μg/mL の濃度を摂取する事により、抗生物質に耐性をしめし治療が困難で厄介な菌類(コレラ菌や出血性大腸菌などの菌類)を10万分の1以下にまで軽減させるという事が研究により発表されています。つまり、ピペリンの殺菌作用が確認されているという事です。

ピペリンについてはさまざまな有益な論文が発表されていますが、あくまでも研究段階や論文の情報です。国が認めた効能についてはまだ一部しかございませんが、参考になれば幸いです。
参考文献
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30952729/ https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33382670/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24819444/ https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35872848/
https://bibgraph.hpcr.jp/abst/pubmed/3917507 https://www.osakafu-u.ac.jp/news/nws20220210_3/
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic/m-05-003.html
恵沢 敏成,各種シクロデキストリン包接によるピペリンの溶解性・腸管収縮応答性に関する特性変更のための基 礎的研究全身の「血めぐり」改善100のコツ決定版,主婦の友社,2015
https://w-health.jp/woman_trouble/cold/
小池田 崇史,無作為化二重盲検比較法によるヒハツ抽出物含有粉末緑茶の正常高値血圧者ならび掬拗盞谿擬圓 対する長期摂取時の血圧降下作用および安全性の検証試験
Effects of Long Pepper Extract on Peripheral Coldness in Japanese Healthy Women―A Randomized Double? blind Placebo?controlled Crossover Trial―
著者:大名町スキンクリニック 院長 橋本 慎太郎
金沢大学医学部卒、美容皮膚科クリニックを運営
https://m-beauty.jp/about/dr.html

参考文献やインターネット上にあるエビデンスやメーカー情報を元に分かりやすくまとめたものになります。参考になれば幸いです。

本成分は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。疾病に罹患している場合はかかりつけ医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスをお勧め致します。
copyright (c)
エクセレントメディカル all right reserved.

〉〉