除菌・消臭に!次亜塩素酸

楽天

毎年流行する季節性ウイルス
カビ・花粉・菌対策に次亜塩素酸

秋・冬は空気が乾燥し、新型コロナウイルス・新型インフルエンザ・ノロウィルス・ロタウイルス・RSウィルスといった様々な感染症が一段と流行する季節です。
一般的にはウィルスに感染しないためにはこまめな手洗いや喉が乾燥しないように水分補給が有効とされていますが、十分に、ウィルス感染から身を守るために、普段手が触れるものをしっかり除菌することが大切です。

 

\こんなところから感染!?/
いつも何気なく触るものに、
ウィルスが…

気づかぬうちにウィルスを…

  • ウィルスや菌が付着した人がドアノブやスイッチなどを触ることで、ウィルスや菌が付着。その付着したものを他の人が触ることにより間接的にウィルスや菌に感染します。

付着菌は床や壁にいっぱい!

ノロウィルスや新型コロナウイルスといった感染力が極めて高い感染症においては、適切な処置をしないとクラスターが発生してしまいます。ノロウィルスは、アルコール消毒剤に対して高い抵抗性を持つと考えられているウイルスである為、次亜塩素酸での消毒が有効とされています。また、新型コロナウイルスは生存期間が長く、プラスチックに付着した場合2、3日生存しているとされていますのでこまめな除菌が必要です
※嘔吐物・便の処理には、肌への刺激の少ない微酸性の次亜塩素酸水溶液がおすすめです。微酸性の次亜塩素酸は、肌に優しくて除菌力は次亜塩素酸ナトリウムの約80倍もあるため低濃度で高い殺菌効果が確認されています。

  • 表面を濡らさず、人の手を介さずに付着菌を処理するという発想から超音波噴霧器による空間除菌に注目が集まっています。空気中に漂うウイルスは換気が有効ですが、実は多くの菌やウイルスは空気感染ではなく、机や壁や床に生息する付着菌におるものが大きな原因です。室内空間に安全な濃度の次亜塩素酸水を噴霧する事で、これらの付着菌をまるごと次亜塩素酸水で抑制することが可能です。
    また、ペットの匂い対策にも有効であり、通常の水道水では超音波噴霧器内に生息するレジオネラ菌を噴霧するという危険性がありますが、次亜塩素酸水に変える事により細菌やぬめりのない水を加湿する事も可能となります。

 

\「次亜塩素酸」で健康管理!/
しっかり除菌・消毒でウィルス対策を!

次亜塩素酸水の特性について

次亜塩素酸は、有機物に触れるとただの水と若干のクロラミン(窒素化合物:塩素系の臭いがします)に変換されます。
これは酸化還元反応という電子のやりとりが関係しており、次亜塩素酸の特性です。※化学式「 HCLO + H+ + 2e- → H2O + Cl- 」 
このように不安定な次亜塩素酸だからこそ殺菌効果が高いのです。実は温度が高い次亜塩素酸水がもっとも不安定ですが、もっとも除菌効果が高い瞬間ともいえます。

インフルエンザやノロウイルス対策にも次亜塩素酸水の有効性が確認されておりますが、2020年に大流行の新型コロナウイルスに対してもその有効性(99.99%の殺菌効果)が発表されております。これは次亜塩素酸水の特性を考えると容易に想像できる効果です。もちろん、高濃度であればあるほど殺菌力(短時間で少量で可能)は高くなります。※製品評価技術基盤機能では流水35ppm(0.035%)、拭取り80ppm、汚れの多い拭取り200ppmと確認しております。アルコール濃度よりはるかに少ない濃度で除菌が可能です。(ppmとは百万分の一の濃度単位です)

 

\優れモノ「次亜塩素酸」!/
しっかり除菌・消毒でウィルス対策を!

次亜塩素酸を使った
除菌・消毒・消臭方法

次亜塩素酸の濃度によって、様々な用途に使用できます。
菌の繁殖が気になるシンク周り・キッチングッズ、トイレ、バスルームや嘔吐物、ペットのトイレ、カビなどに次亜塩素酸をかけ、拭き取りもしくは水で洗い流してください。
※嘔吐物やカビ、便器などを除菌・消毒する場合、濃度の目安は500ppm。
シンク周り・キッチングッズ、バスルーム、生ごみやおむつなどに使用する場合は、濃度の目安は200ppm。
※普段の菌やウイルスの除菌消臭なら50ppmで十分効果がございます。
※嘔吐物に使用する際は、十分に拭き取った後に使用してください。

次亜塩素酸ですっきり消臭

菌の繁殖により、臭いが気になるものに対して次亜塩素酸をかけ、自然乾燥もしくは拭き取りしてください。 物の消臭に対して使う場合、濃度の目安は100ppm。
※皮製品には使用できません。
※布製品に使用する場合は、目立たないところで試してからお使いください。

ベビー・キッズ用品などの
除菌もOK!

赤ちゃんや子供、お年寄りなど抵抗力の弱い方が使う物の除菌にもお使いいただけます。
人の身体やペットに直接触れる物の除菌・消臭に使う場合、濃度の目安は50ppm。
健康に影響を与えない安心な濃度です。
※皮製品には使用できません。
※布製品に使用する場合は、目立たないところで試してからお使いください。

[注意点]
●トイレ用洗剤など酸性物質と混ぜると有毒なガスが発生する可能性があるので、併用しない
●布製品に使用する際は、シミや変色する恐れがあるので、目立たない部分で試す
●金属・樹脂・ゴムなどは変質の恐れがあるため、使用後はしっかり水拭きする
●成分や濃度、使用期限を確認する
●紫外線を避け冷暗所に保存する

 

\さまざまな場所でも使われています/
医療機関や保育施設などでも大活躍!!

大勢の人が集まる場所の
感染症防止に

最近では、医療機関や介護施設、小さな子供が多い保育施設などで、消毒・除菌アイテムとして、次亜塩素酸を採用するところが多くなりました。
医療現場などで、次亜塩素酸の除菌効果や安全性は高く評価されており、不特定多数の人間が集まる場所において、感染症の感染拡大を抑制する方法として、噴霧器を使用した方法を取っています。
また、においがこもりやすいペットショップや動物病院、動物を扱うカフェでも使用されています。実は次亜塩素酸の歴史は長く、畜産業界では家畜をウイルスや細菌から守る為に次亜塩素酸の噴霧が常識となっております。

 

\安心して使える除菌剤・消臭剤/
次亜塩素酸ってどういうもの?

次亜塩素酸は身近な成分です

次亜塩素酸は、高い除菌効果を持ち、私たちの生活の中で様々なものの除菌・消毒に使用されています。使用される分野は幅広く、水道水の浄化処理や食品加工工場、プールの除菌、哺乳瓶の消毒など衛生面を重視される現場や物に活用されています。
より効果的に除菌を行うには、塩素濃度が低濃度でも高い除菌力を発揮する微酸性の次亜塩素酸を使用することをおすすめします。pH5〜6.5の微酸性の状態が水溶液に存在する「次亜塩素酸(HCLO)」の比率が高いため、非常に強い殺菌効果があります。


  • ※次亜塩素酸は、花粉アレルゲン(スギ花粉等)の抑制やウイルス(インフルエンザやノロウイルス等)の抑制にも大きな効果を発揮します。

 

次亜塩素酸で空間除菌
ウィルスや菌とバイバイ!

  • 次亜塩素酸は、除菌能力が高く、さらに、スプレーしたり、噴霧器で散布したりと手軽に除菌・消臭できるのがポイント!
    健康面や衛生面での対策としてはもちろん、ストレスになりがちな様々な臭いを解消するアイテムとして上手に利用し快適な生活を送りましょう。

copyright (c)
エクセレントメディカル all right reserved.

〉〉