<
1万円以上のご購入で送料無料

きもの講座

黒留袖 既婚女性の第一礼装

既婚女性の第一正装になります。結婚式に新郎新婦の母親や仲人夫人、親族の既婚女性が着る正装の着物です。※「五つ紋」の位置は 背に一つ(背紋)、
   両袖の外側に各一つ(袖紋)、両胸に各一つ(抱き紋)

◆ 黒留袖が気になる方はこちら↓

黒留袖 販売ページ

黒留袖イメージ

色留袖 黒留袖と同格 未婚者でも着られる第一礼装

色留袖イメージ

五つ紋の場合は黒留袖と同格の第一礼装です。既婚未婚関係なく着ることができます。三つ紋・一つ紋など紋の数を減らす事で訪問着や附け下げと同様のシーンできることができます。

◆ 色留袖が気になる方はこちら↓

色留袖 販売ページ

振袖 未婚女性の第一礼装

未婚女性の第一礼装です。華麗な絵羽模様と長い袖が特徴で,成人式や結婚式・フォーマルなパーティーなどで着用します。

◆ 振袖が気になる方はこちら↓

振袖 販売ページ

振袖イメージ

訪問着 第一礼服に代わる略礼装

訪問着イメージ

絵羽と呼ばれる模様付けがされた着物です。絵羽とは最初に生地を採寸通りに仮縫いし,絵を描いた後にほどいて染色するものです。簡単に広げた時に1枚の絵柄になっている着物です。華やかな雰囲気が特徴です。
フォーマルな場面で持っていたい着物です。

◆ 訪問着が気になる方はこちら↓

訪問着 販売ページ

附下 第一礼服に代わる略礼装

着た時に模様がすべて上を向くように柄付けされた着物です。絵羽模様でないことから、訪問着より格下とされましたが、最近は訪問着とほぼ同格の華やかなものから、カジュアルにも着られるシンプルなものまで幅広くあります。

◆ 附下が気になる方はこちら↓

附下 販売ページ

附下イメージ

色無地 一色無地染めの着物

色無地イメージ

無地の着物で一色で染められています。紋をつけない色無地は街着感覚で着られ、一つ紋を付ければ礼装として正式なシーンで着ることができます。

◆ 色無地が気になる方はこちら↓

色無地 販売ページ

小紋 全体に柄があり気軽さのある着物

着物全体に同じ模様が繰り返し描かれていて、一方向に柄を繰り返しているきものです。ほとんどの小紋が型染めといった柄付けの技法で作られています。カジュアルタイプから華ドレスアップタイプまで、幅広く活用できるのが小紋の着物です。

◆ 小紋が気になる方はこちら↓

小紋 販売ページ

小紋イメージ

紬 先染めの糸を用いた織りの着物の代表格

紬イメージ

着物の種類の中でも一番カジュアルになるのが織りの着物です。普段着や街着となり、ショッピングや旅行、友人との軽いお食事にというのが一般的です。 
着物の柄や雰囲気にもよりますが、帯と小物の組み合わせにより、
観劇や趣味のお集まりなどにも、着用できます。

◆ 紬が気になる方はこちら↓

紬 販売ページ

袋帯 フォーマルの着物に適した帯

袋帯はフォーマルな帯とされ織り帯が一般的です。表地と裏地を縫い合わせ袋状に仕立てられています。(丸帯が由来)名古屋帯との決定的な違いは長さです。417cm以上とされ変わり結びや二重太鼓など、様々な結び方を楽しめます。柄付けは全通・六通・お太鼓柄などがあります。

◆ 袋帯が気になる方はこちら↓

袋帯 販売ページ

袋帯イメージ

名古屋帯 カジュアルの着物に適した帯

名古屋帯イメージ

なごや帯は、結びの部分を普通幅にし、残りを半幅に仕立てた帯をいいます。長さは九尺六寸ほど。大正末期頃に名古屋で考案されたのが、この名の由来。柄や材質によって、おしゃれ用から礼装用まであり、現在もっとも一般的な女帯といえるでしょう。

◆ 名古屋帯が気になる方はこちら↓

名古屋帯 販売ページ