釣具のポイント楽天市場店

2021MODEL
レインウェア・防寒ウェアをご紹介!

近年、釣具メーカーのみならず、多くの衣料品メーカーが釣り市場を見据えてウェアを開発しています。ユーザーにとって、選択肢が広がることは大変喜ばしいことですね。
それでもチェックしておきたいのは、本家・釣具メーカーの最新ウェア。スポーツフィッシングを知り尽くしているからこそ、衣料品においてもそのフィールドで求められる機能性・耐久性・機動性については最も信頼できることは間違いありません。しかし、最も注目すべきはそれらに加えてのファッション性の向上です。フィッシングという限定的なフィールドにとらわれずに使用できるデザインも増え、街とフィールドの間をよりシームレスにしてくれるのが、これらのアイテムの特徴です。日本を代表する釣具メーカーシマノ・ダイワ2021モデルをチェック!


シマノが提唱する〈LAYRING〉

“快適を重ねるレイヤリング。釣行の快適性はウェアのレイヤリング次第。”

“「アウターレイヤー」「ミドルレイヤー」「ベースレイヤー」の3層を重ね着とするレイヤリング”
3つの異なる役割を担うレイヤーを状況に応じて組み合わせることで、釣行時を終始快適に過ごせるようにデザインされています。アウターとなるレインジャケットを基軸とした、3シーズンを攻略するための最強の布陣!

一日の寒暖差の大きい季節にはジャケットをプラス。空気層の調整で気温の変化に対応します。

寒さの厳しい冬場は化繊中綿入りフーディで保温性アップ。運動量に応じてインナーを調整すればより快適に。

薄手でも暖かく、動きやすい蓄熱裏地のついたレインとシャツを合わせて風&冷気対策。

すべてのシマノ防寒ウェアを見る


LAYERING_ITEM

アイテムの足し算&引き算で“快適”を計算しよう。

レイヤリングでは、ウェアだけでなくアクセサリー選びも大切な要素。
特に頭や手足の先など身体の末端は寒さを感じやすく、適切な保温が重要。
寒さや暑さによって釣りのパフォーマンスが低下しないよう、また何より快適に釣りを楽しむ為に自然環境に合わせたアイテムを用意して、天候や体温の変化に備えておきましょう。

すべてのシマノウェアを見る


2021:ダイワのトータルコーデ

頭からつま先まで、トータルコーディネートを考えつくした提案は、近年先駆的なデザインを打ち出すダイワのブランド力。
しかも、機能性・デザインだけではなく、マイクロプラスチックなどの環境問題にも配慮した姿勢は、BE EARTH FRIENDRYを掲げるダイワならでは。2021 AW Collectionも斬新なアイディアと機能美が見逃せない!




すべてのダイワウェアを見る


すべての防寒ウェアを見る

おすすめコンテンツ