釣具のポイント楽天市場店

SWといえば…

青物をはじめ、アグレッシブな魚をターゲットとするジギングは、SW(ソルトウォーター)ルアー界でも一際かっこいいイメージがありますね。
ロッド&リール+ルアー(メタルジグ)というシンプルさは、どのルアーフィッシングとも変わりませんが、とにかくすべてがゴツイ!
今回は、沖(オフショア)からではなく岸(ショア)から狙うショアジギングを紹介します。
ショアジギングといっても、近年はライトショアジギングなども生まれ、その幅は広がりつつあります。
しかし、今回はショアジギングのド本命・青物狙いに的を絞ります!

〈ターゲット〉

青物(アオモノ:ブリ・ヒラマサ・カンパチ)
その他、サワラ、ヒラメ、シーバス、サバ、マダイなども釣れます。ロックフィッシュ(カサゴ・ハタ・クエ・etc.)マゴチ、太刀魚等のうれしいお土産も!

岸からこれ程バラエティーに富んだ魚種をゲットできるのは、ショアジギングの大きな魅力です。
もちろん、タックルのスペックは狙うターゲットのサイズや攻める場所によっても変わります。前述した通り、ジギングの幅は広がり続けており、既にライトショアジギングタイジギングなど、同ジャンルの中の別ジャンルが開発されています。
これまでの釣りの発展と多様化は、まさにロッド・リール・ラインをはじめとするタックルの進化の賜物と言えるでしょう。
特に“青物狙い”のショアジギングについていえば、岸から重いジグを飛ばせる強靭かつ軽量なロッド、ヘビーなジグのキャストやアグレッシブな魚とのファイトに耐えうるリールとライン…その全てが、今日の釣りの進化を具現化したようなミラクルな釣りなのです!


〈シーズン〉

基本的には1年中できる釣りですが、安定的な時期は初夏~晩秋です。
青物は、水温が低すぎる、または高すぎる場合、水温の安定した沖深くに潜ります。その年の気候と水温も、魚の動きに大きく影響してきます。ネットや釣り具店での釣果情報集めも、シーズンを掴むカギとなります!

※シーズンは目安です。


幅広い魚種が釣れるので、もちろん食事も醍醐味の一つ。特に青物は、新鮮なうちは刺身でいただき、その他煮つけや唐揚げなど、食べ方は無限大!
自らファイトして獲る獲物は、ありがたい自然の恵みであると同時に格別のものです!

タックルCheck!!

青物狙いにおいて、根掛かりは大敵です。メタルジグの下部にトレブルフックが装着されている場合は、根掛かり回避のために外しておきましょう

#ルアーのリングはずしに便利なプライヤーを見る


当店一押し!ビッグバッカー ジグ:その飛距離。圧倒的!カッ飛びメタルジグ!」

ポイントCheck!!

A.堤防(初心者向け)

港湾部・沖堤防などは、足場が良いため初心者におすすめです。
特に港湾部は、風や波の影響が少ないため、釣りやすいフィールドとなります。通常は沖からの潮が入りにくいため小~中型狙いとなりますが、餌となる小魚が湾内に追い込まれた時は、大型魚の好釣果が続く事もあります。
外洋向きの堤防や沖堤防は、風や波の影響を受けがちですが潮のあたりもあるため、大物狙いも可能となります。

B.サーフ(浜辺・中~上級者)

サーフでは、青物のみならず、ヒラメなどのフラットフィッシュも狙えます
基本的に波打ち際での釣りとなるため、急に波が来る事もあるのでウェーダーなどの十分な装備とともに、安全注意も必要となります。
遠浅よりも、急深な浜の方に分があり、特に外洋に面した潮あたりの良い浜ならば、中~大型の青物が狙えるかもしれません。
水温に左右されやすいポイントとなります。

C.テトラ帯・磯(中~上級者)

沖からの潮が当たるポイントなら大物が狙えますが、波や風に加え、足場への注意が必要となります。
魚を掛けた後の取り込みも難易度が高いため、ランディングネット(玉網)や磯靴など、十分な装備が必要となります。


ショアジギングでは、ポイントの条件が良くてもターゲットがまわってこないと釣りが成立しない為、事前に回遊情報を収集する事も大切です。
青物の釣果情報以外にも、上記のポイントに餌となる小魚が接岸したという情報があれば青物が一緒に回遊している可能性が高く、狙い目となります。
特に秋口はイワシが大量に接岸する事が多く、イワシの大量接岸の情報は大チャンスです!
地域によってはコノシロ、コイカ、シラス、キビナゴ、小型の太刀魚、カマスなど特定の餌を偏食するパターンもありますので、これらの接岸情報は常にチェックしましょう。

釣り方Check!!

1.Let’s Cast!

ショアジギングでは、Max80g程度のメタルジグをキャストします。
重めのジグをキャストする場合は、失投やトラブル回避も不含めてジグを竿先から長めに垂らすことが大事です。
ロッドをキャスト体制に構え、振り子状に揺れたジグが最も後方に振れたタイミングでキャストすると良いでしょう。
後方や周囲への確認も重要です。

2.着底

まずは、ジグを着底させます。
ジグがボトムに着いたら、ロッドを縦に持ち上げると同時にリール巻き上げ、ジグを底から素早く離します
着底して沈んだままの状態が続くと、魚に見切られるだけでなく、根がかりのリスクも増えるので、ボトムを正確に取って素早く底から離すことが好釣果のカギです。
ここからは、ロングジャークやただ巻きなど、その時のパターンを探りながら様々なアクションを試していきます。

3.アクションパターン

ワンピッチジャーク

以前沖タチウオ特集でも紹介した、ジギングの定番アクションの一つ。
ジグがジグザグにアクションし、その中に起こる糸のたるみが、ジグに不規則なアクションを起こしバイトを誘います

#沖タチウオ特集を見る

ジャカジャカ巻き

ロッドを縦に上げると同時に半回転下に回すアクションを素早く繰り返します。
ワンピッチジャークと似た動作のアクションですが、大きな違いとしては、糸のたるみがなく、浅く小刻みな動きです。青物が表層でベイトを追いまわしている状況などに有効です。

コンビネーション

ワンピッチジャカジャカを数回ずつ交互に行うコンビネーションアクションです。
素早い動きで反応があるのに、なかなかフッキングできない場合などに有効です。

リフト&フォール

竿を縦に上げることでジグを上げ(リフト)、そこからリールを少し巻きながら竿を下ろすことでジグを沈める(フォール)スローな縦のアクションです。特にロックフィッシュやフラットフィッシュに有効です。

ただ巻き

リールの巻き上げのみでジグをアピールさせます。
巻き上げのスピードコントロールによる変化の他、ただ巻き時に独特の波動やアクションをする専用ジグもありますので、こちらも要チェック!

#ただ巻き専用ジグを見る


当店一押し!ビッグバッカー ラッシュブレード:釣場、魚種不問のただ巻きブレードジグ」


4.取り込み

大物がフッキングした場合は、やり取りには慎重かつ忍耐を要します。
最後まで焦らずにファイトしましょう。最初は勢いよく糸が出ますが、慌ててドラグを締めるとラインブレイクに繋がります
ドラグは予めしっかり設定しておき、ドラグを出して走られる時は慌てずに竿を立てて耐え、走るのが止まったら巻き上げる、の繰り返しです
落ち着いてファイトを楽しみましょう。
取り込みの際には、ランディングネットやフィッシュグリップ(魚の顎をつかむタイプのもの)が必須アイテムです。特に足場の悪いテトラ帯や磯場では、体に装着できるタイプのランディングネットがおすすめです。

#おすすめフィッシュグリップを見る


まとめ

ショアジギングは、一年通して楽しめる素晴らしいルアーフィッシングです。しかも、ショアからアグレッシブな魚とのやり取りができ、大物と出会えるチャンスがあるというのも大きな魅力です。
しかし、他の釣りとも同様に危険も伴います。特に、足場の悪い所での大物狙いは、それなりの装備と経験が必要です。
初心者の方には、まずはハイシーズンに場数を踏み、大物狙いよりも数釣りを楽しむことをお勧めします
様々な環境で色んなパターンを試しながら経験を積み、徐々にフィールドを拡大してレベルアップしてください!
刺激あふれる“ショアジギ”ワールドにどハマリするはずです!    

おすすめコンテンツ