リカバリーマニュアル

Windows10には以下のリカバリー方法がございます。パソコンの状態や目的に合わせ、リカバリー方法を選択してください。

当店からの出荷時はクリーンインストールされた状態で出荷しておりますので、到着後にリカバリーをする必要はございません。

Windowsの回復機能を使う

この方法が一番簡単です。OSが起動する場合はこの方法でリカバリーを行ってください。

回復ドライブを使用して復元する

わりと簡単な方法です。OSが起動しない場合は場合はこの方法でリカバリーを行ってください。HDDを乗せ換えた場合もご利用頂けます。事前に回復ドライブの作成が必要です。
回復ドライブの作成方法はこちら

バックアップから復元する

前にバックアップを作ってあり、OSが起動しなくなってしまった場合はこちらの方法でリカバリーが可能です。OSが起動しない状態でもバックアップ時点までパソコンを戻せます。事前にバックアップの作成が必要です。
バックアップの作成方法はこちら

クリーンインストールする

バックアップを作成しておらず、OSが起動しない、またはHDDを交換した場合に行います。事前にISOイメージをダウンロードが必要です。別のパソコンでダウンロードしたISOイメージを使う事も可能です。
ISOイメージのダウンロード方法はこちら

リカバリー方法の違いについて


Windows回復機能
Windows10の中には初期化をするプログラムが含まれています。その初期化プログラムを使ったリカバリー方法です。OSが起動する状態でお使い頂けます。ドライバー等のユーティリティー、アップデートプログラムなどは引き継がれますが、アプリのデーターなどは全て削除されます。


回復ドライブ
Windows回復機能と内容はほぼ同じです。初期化プログラムをUSBメモリーに移した物を使いますので、OSが起動しない状況、HDDを乗せ換えた場合でも再インストールが可能です。8GB程度のUSBメモリーが必要になります。


バックアップからの復元
バックアップされた時点へパソコンを復元できます。バックアップされた時点でのアプリのデーター等も全て復元されます。バックアップに容量の大きいディスクが必要になります。


クリーンインストール
パソコンが完全に初期化されます。クリーンインストール後はドライバーの再インストールなどの設定が必要になります。