福岡県産小麦100%!安心して食べて頂ける
ピザ作りを目指して。

福岡で生まれたピザ屋だからこそ福岡県産小麦を使おう!本場イタリアのピッツェリアがイタリアの小麦を使うように。という思いで、昨年から構想していたのですが実際はなかなか難しく完成までには時間がかかりました。 食感と香り、味わいは絶対に妥協できない・・・全部ですね(笑)妥協はしたくありません。

本場イタリア産の小麦や、アメリカ、カナダの小麦などまずは食べ比べから。 原産地や、小麦の品種、小麦の挽き方等でいろいろな味わいがあります。 つるつるとした仕上がりで麺に向いているもの、パンに欠かせないモチモチとした食感に優れたもの。 色が黒ずんでいるが香りに富んだもの。 今までの経験を1度白紙にして、色々な可能性を考え配合し試作を重ねていきました。

中にはせんべいの様な食感になってしまった事や、雑穀パンの様に黒っぽく仕上がったり・・・ その度に、こんなにも小麦粉とは奥が深い物なのだと感じると同時に難しさをとても感じた日々でした。 そんな時、僕達が仕事の移動中に田舎道を走っていると小麦畑がありました。 本当に勉強不足だったんですが、九州にも小麦はあるんだと。そこから?と思われるますよね(笑) 北海道で取れるのイメージはあったんですが、僕の身近では小麦畑を見る機会はなくとても感動しました。 そして福岡は北海道の次に小麦の収穫量が多い全国第2位の都道府県です。

この豊かな資源で美味しいピザを作る。 それから製粉会社と話し合いと試作を重ね完成させました。配合は完全社外秘です☆ 最後は簡単にまとめましたが、苦労した甲斐もありおいしい生地が出来ました。 国内産小麦も、これからいろいろな品種改良が有りそうですので、僕達もその度に改善改良を重ね美味しい生地を作り上げようと思います。

ですからこの生地は、僕たちの福岡県産小麦100%でつくる第1弾としてお召し上がりください。 もちろん冷凍ピザだけなく、店舗の焼き立てのピザも同じ生地です。 以前より格段に小麦の味わいが強く甘みもあります。 少しだけパリッとした食感になりましたが、以前と同じようにモチモチ感もあり満足しています。 何よりも僕たちが目指した福岡県産小麦でナポリピザ!!感動です。 ぜひ皆さんお試しください。



ピザを焼くときに
「ピザ生地の真ん中が破れる」と
ご意見を頂きましたので改善致しました。

夏~秋にかけてご購入者の多くの方からご意見を頂いておりましたので
2013年10月より試作を重ねまして

生地量を10%増やしました。

また、ピザ生地を広げるスタッフ全員で生地を伸ばす方法、仕上がりのイメージを共有し
ピザレボの冷凍ピザに適した伸ばし方を考え改善致しました。
まだまだ、未熟なところもありますが、満足頂けるように努力を繰り返して参ります。

※ピザを解凍しすぎるとソースが染み込み、破れやすくなります。ご注意ください。
 夏場は既定の解凍時間よりも短くなります。





お客様からトマトソースの酸味について
ご意見をいただき改善致しました。


トマトソースの酸味について沢山のご意見を頂いておりました。 ピザレボの生地とバランスの良い、美味しいトマトは無いかと日々探していたところ…やっと見つけることが出来ました。

以前使っていたトマトソースよりも、よりフレッシュで酸味と甘みのバランスが優れているトマトソースになります。

それは、南イタリア カンパーニャ州の太陽をいっぱいに浴び健康的に育ったトマトです。 品質の良いトマトのみを厳選し、ブリックス値は8.0を超えます。

ブリックス値とは…
食品産業のワイン、精糖、果実農業などで、ショ糖(いわゆる砂糖)、果糖、転化糖、ブドウ糖など、いわゆる糖の含有量を測るために、糖度として用いられる物理量です。


ようするに…!
ハイパーハイブリックスと言われる
とても甘みのあるトマトソースへと
変わりました。


凝縮された自然の甘みの中に心地よい酸味も感じられるフレッシュさが特徴です。 余り余計な手を加えずクラッシュし素材本来の良さを最大限に生かした トマトソースでピザレボのピザが更に進化します。

低価格帯での販売ですが、さらに良い物に手を出してしまいました(笑)

チーズとピザレボの生地ともに相性が良く、今までご購入頂いたお客様も ご納得頂ける味だと自負しております。