Phone Cases Products

織り物の格

複雑に立体交差をする高速道路、
母親の手作りの手編みのセーター、
祖父母の家にあったみかんの入った竹かご、
屋根下にひっそりとあったツバメの巣。
私たちの生活の中にはいたるところに
「織り」があります。
「織り」すなわち編み物することには
新しい秩序
と審美であることに気づきました。

 

私たちは、日常で使う「モノ」に使用される素材を織ることが出来るかもしれないと考えています。 それは、私たちの生活に便利さと彩り、そして新たな審美をもたらすでしょう。

そこで私たちは、「織り」に使える素材を探し始めました。 シルク、ウール、コットン‥‥。これらの素材でも、「織る」ことは出来ましたが ピリング(毛玉になる)しやすく成形も難しかったです。 また、色褪せの問題も先に述べた素材では解決することは出来ませんでした。

ついに私たちは一つの最高の素材にたどり着きました。 それは、色落ちしづらく、丈夫さと軽さを有していました。 そして、織る際には、薄くそして早く成形することができます。 その素材は航空機や宇宙に向かうロケットなど丈夫さと薄 さそして軽さがも求められる航空業界や宇宙開発の分野 でよく使われていたアラミド繊維でした。

非導電性
耐摩耗性
高強度
高い耐熱性

私たちは最初、アラミド繊維を糸のような
細い形状にしました。
そして、黒とグレーの二つの色に染めました。
それを最もシンプルな方法で
黒とグレーのアラミド繊維
をツイル柄の古典的なパターンで織り上げました。
古典的と言っても時代遅れという訳ではありません。
この折り方は耐久性に優れています。

そして一枚の布のように織り上げました。
これを弊社の独自技術の真空成形技術を運用し
成形作業を行いました。
精密なレーザー切断により肌に親しみのペンキ層が生まれ、
繊細な手磨きなど、約40の工程を経てアラミド繊維を
使用したスマホケースが作られました。

その後、私たちはこのアラミド
繊維を様々な色で染め、様々な柄
に織りあげました。

 

女性が使うストッキングにも厚みに違いがあるように、 更なる最高の体験のため触り心地と薄さを求め、 600Dで織られたスマホケースを設計しました。 600Dで織られたスマホケースは持ちやすく、 触り心地は人の肌のようになめらかなものとなりました。 そして、デザイン性にも優れたものとなりました。

ピッタで4in1ワイアレス充電スタンド

 

私たちはユーザーに新しい体験をもたらし、弊社の理念が多くの皆様の日常生活に根づくことを望んでいます。 そこで、イヤフォンケース、ウォッチ用ケース、さらにはモバイルバッテリーや車載ホルダーまで作りました。 それ以来、充電器やスタンドはもはやスマートフォンの補助機器ではなく、それ自体がおしゃれなアイテムとして、スマホ環境をよりスタイリッシュでセンスのあるものとしました。

信頼性の高い置くだけ車載充電ホルダー

 

その後、私たちは材料研究室を設立しました。そこで私たちは10215時という長い期間を用いて100種類の織り方を検証し、色の選択を10回以上のプロセステスト行いました。

最終的には、クラシックな黒/グレーとオリジナルな色の組み合わせである浮織シリーズを選び、 シンフォニーからインスピレーションを受け名前を付けました。

ピッタで4in1ワイアレス充電スタンド

秩序と個性の始まり

序曲

多彩と調和の両立ーー

コンチェルト

狂気と自由のシンボル

ラプソディー

孤独と規則的なリズムーー

ソナタ

黒/グレーツイル柄がスタイリッシュでシックな装いを有し、赤/オレンジM織がすこし眩しすぎるほどの華やかさを有し、浮織ケースは落ち着きがあり、また個性的です。 異なる原色のアラミド繊維の交互の織り方を調整することで、平生地に2つの織り方を提示し、3次元カラージャンプの視覚効果を実現できます。

異なる原色の経と緯のアラミド繊維を交互に調整して、2つ以上の編み方が平らな生地に現れるように、浮織にして多彩な文様を織りだし立体的な色とジャンプの視覚効果を実現します。

アラミド繊維の異なる原色の経と緯を交互に調整して、2つ以上の編み方が平らな生地に現れるように、 浮織にして多彩な文様を織りだし立体的な色とジャンプの視覚効果を実現します。

私たちの思い描く理想にどんな意味があるのかと聞く人もいるかもしれません。 PITAKAの思いや信念が新たなファッションセンスとしてアラミド繊維をもたらし、 PITAKA の製品の利便性や高い技術力により生まれた性能をより多くの人に体験してもらい、 より多くのメーカーがこれらの新しい素材に注目し、一緒に普及してくれることを願っています。

人が初めて綿で服を作ったように、人が初めて土や木、そして岩で壁を築き家を作ったように、 エジソンが電球の素材として竹を用いて街に明かり灯したように。 人が少し凶暴な印象を受ける蟹が美味しい食材であることを知ったように。 私たちにはまだまだ知らないことがある。

そしてまた、知らないことを知る日も遠くないのである。

オルタナティブなテックライフ

主流に従うよりもクリエイティブを追及したい