アピストグラマという魚を知っていますか?
アピストグラマとは、南米原産の小型のシクリッドです。
シクリッドといえば大きくなるイメージですが、アピストは小型水槽でも飼育できます。
品種のバリエーションが豊富なので、コレクション性も高い魚です。
また、繁殖も楽しめるので、奥の深い品種です。

アピストグラマの種類

アガシジィ

アピストの中でもポピュラーな種類です。
体色や模様は産地によってもバリエーションに富んでいます。

アピストグラマ・アガシジ・ファイヤーレッド

南米原産のアガシジから誕生した黄色変異個体です。


アピストグラマ・アガシジィ ダブルレッド

背ビレと尾ビレに赤の模様が入ります。


アピストグラマ・ウィルヘルミ (EUブリード)

成長すると、オスは頭部から顎下まで紫に染まります。


アピストグラマ・アガシジ・テフェ (ブリード)

青みが強く美しいテフェ産のアガシジです。


アピストグラマ アガシジ (ペルー) (オスのみ)

オス個体をお探しの方にオススメ!ペルー産アガシジです。




カカトゥオイデス

大きな口が特徴的なグループで、ビッグマウスグループとも呼ばれます。
アガシジィと同じくらいにポピュラーで、飼育も容易です。

アピストグラマ・カカトゥオイデス・ダブルレッド

背ビレと尾ビレに赤の模様が入る種です。


アピストグラマ・カカトゥオイデス トリプルレッド (ブリード)

背ビレ、尾ビレに加え、尻ビレにも赤が乗る鮮やかな種です。


アピストグラマ・カカトゥオイデス・オレンジ

ヒレがオレンジ一色に染まったとても華やかなアピストです。




マクマステリー

丸みのある体型が特徴的なグループです。
オスの尾ビレの上下に赤い模様を持つ種が多いことも特徴です。

アピストグラマ・マクマステリー・ゴールドレッドショルダー

赤の発色が良いヨーロッパブリードです。


アピストグラマ ビエジタIII (ブリード)

背びれ基底部と尾鰭に見られる黄~オレンジの発色が美しいです。


アピストグラマ ホングスロイ・タイプII (ブリード)

顔の赤みが強く美しい品種です。




ボレリー

背鰭、尻鰭がよく広がり、優雅さのある品種が多いグループです。
地域変異や改良種などのカラーバリエーションに富んでいることも魅力的。

アピストグラマ・ボレリー (ブリード)

黄色い頬部にブルーの体色が特徴の、ポピュラーな品種。


アピストグラマ・ボレリーレッドマスク (ブリード)

名前の通り、顔が赤くなる品種です。


アピストグラマ・ボレリー・イエローヘッド (EUブリード)

顔が黄色に染まる美しい種類です。




トリファスキアータ

長く伸びる背ビレが特徴的なグループです。
青い光沢のある美しい体色の品種が多いです。

アピストグラマ・エリスルラ・レッドテール

青い体色に赤い鰭が特徴的な品種です。


アピストグラマ トリファスキアータ・グァポレレッド (ブリード)

背鰭に赤の発色が出るタイプのトリファスキアータです。




ビタエニアータ

細身の体型が多く、ライヤーテールが特徴的なグループです。

アピストグラマ ビタエニアータ ブルー (ペルー) (オスのみ)

温和な性格で、同じくらい大きさの魚との混泳が可能です。




その他

アピストグラマ・エリザベサエ・レッド (EUブリード)

頬~腹部の赤味の強い美しい種です。


アピストグラマ エリザベサエ スーパーレッド(イサナ)

オス個体はライヤーテールと、頬から腹部まで入る赤が特徴的な極美種です。


アピストグラマ・パンドゥリニ

オスは青みがかる体色で、尾筒には黒斑と尾ビレには縁取りが入るカラフルな品種です。






アピストグラマの飼育

アピストグラマは、30cm水槽からでも1ペアからの飼育~繁殖まで楽しめる品種がいることも魅力の一つ。
あまり流れのないところに住んでいる魚なので、水流を作る必要はありません。

アピストグラマはペアでの飼育が基本ですが、オス同士だけでなくペアでもケンカをします。
産卵前はオスがメスを追い掛け回し、産卵後はメスがオスを追い回します。
そのため、流木や水草などの隠れ家を用意しましょう。

また、アピストグラマは弱酸性の水質に生息しているので、弱酸性のpHを維持できるソイルでの飼育がおすすめです。

アドバンスソイル オリジナル

程々の弱酸性の水質にするにはアドバンスソイル オリジナルがおすすめです。



アドバンスソイル pHコントロール

しっかりpHを下げるには、より弱酸性に傾きやすいアドバンスソイル pHコントロールがおすすめです。



エサは慣れれば粒やフレーク等、どのタイプでも食べてくれます。

アドバンスフード シクリッド

獣医師の視点から魚の成長に必要な栄養を満たす事で健康な骨格づくりを行い、病気に対する免疫力と抵抗力を養うことで、魚本来の健康で美しい身体づくりを目指すフードです。






アピストグラマの繁殖

アピストグラマは子育てをする魚としても有名です。
繁殖にチャレンジして、子育ての様子を見てみるのも面白いですよ!

卵を流木などの影にくっつけるように産むので、水槽内に流木などを用意します。
メスがオスを追ったり、流木を守るような行動をとっていれば、産卵している可能性があります。
産卵後、数日で稚魚が孵化します。
小さな稚魚を連れて泳ぐ姿を見ることができるかもしれません。




Copyright(C)2017. Japan Pet Communications.Co.,Ltd. All Rights Reserved.