Black Labradoriteブラックラブラドライト

ブラックラブラドライト

ブラックストーンの中に、キラッと光るブルーのラブラドレッセンス。 この幻想的な輝きは、通常のラブラドライトのそれとは異なる魅力です。

Aboutブラックラブラドライトってどんな石?

ブラックラブラドライト

希少で幻想的なラブラドライト

ラブラドライトは和名を「曹灰長石(そうかいちょうせき)」と言い、ムーンストーン(月長石)と同じ長石のグループに属しています。

このラブラドライトという鉱物の中でも真っ黒に近い黒色のものが「ブラックラブラドライト」という名称で販売されています。

特に高品質なブラックラブラドライトは、ストーンが真っ黒に近い品質なのに、美しいブルーのラブラドレッセンスが見られます。
黒色の中にブルーの光が見られる光景は、とても幻想的です。

ラブラドライト自体は多くの天然石ショップで扱っているメジャーな天然石ですが、このブラックラブラドライトは、一部の地域でしか産出されないとても希少な天然石ですので、扱っているショップも限られています。

ここで注意いただきたい点が「ブルーラブラドライト」です。このブルーラブラドライトという名称で流通しているものは、ラブラドレッセンス(光)の色が美しいブルーを持つものを指しているので、上記のブラックラブラドライトも、お店によっては「ブルーラブラドライト」と呼ばれる場合もあります。

ブラックラブラドライト = 地石が黒色でラブラドレッセンスは様々な色。
ブルーラブラドライト = 地石が灰色~黒色でラブラドレッセンスは美しいブルー。

このように覚えて頂くと、お店に探しに行く時も安心です。

meaningブラックラブラドライトに伝わる意味

ラブラドライトの意味

自由の「象徴」

ラブラドライトは、「自由」を象徴すると伝えられています。

ラブラドライトが持つ七色の輝きには、思い込みや固定概念などの固まってしまった思考をほぐし、新たな感覚や思考を取り入れ、より自由な発想・行動へと取り入れていくと言われます。

新しいことに挑戦する為の、勇気や希望、実行力も与えてくれるので、何か新しいことを始める時やデザイナー、企画開発など、クリエイティブなお仕事をされている方にオススメのパワーストーンです。

areaラブラドライトの産地

ラブラドライトは元々、カナダのラブラドル半島で発見されたので「ラブラドライト」と呼ばれていますが、現在は世界中で産出されています。

ブラックラブラドライトは、カナダやフィンランドから産出されています。

handling / care取り扱い・お手入れについて

ラブラドライトは紫外線や水分にあまり強いとは言えません。日常で身につける分には問題ありませんが、直射日光が当たる場所での保管は避けるようにしましょう。流水で洗うのも良く有りませんので定期的に柔らかい布で拭き取って、綺麗に保ってあげるようにしましょう。

dataデータ

ブラックラブラドライト
石の名前 ブラックラブラドライト (Black Labradorite)
和名 曹灰長石(そうかいちょうせき)
主な産地 カナダ、フィンランド
運気 仕事運