主な法要
お盆・新盆(初盆)

法要は法事とも法会(ほうえ)ともいい、故人の冥福を祈り、霊を慰めるために忌日(きにち)や命日に行う行事です。
初七日  7日目
三十五日(五七日)  35日目
四十九日(七七日)  49日目忌明け
百ヶ日  100日目
月命日  毎月の故人となった日と同じ日
一周忌  満1年目
三回忌  満2年目
七回忌  満6年目
一三回忌  満12年目
一七回忌  満16年目
二三回忌  満22年目
二七回忌  満26年目
三三回忌  満32年目
五〇回忌  満49年目

盂蘭盆会(うらぼんえ)を略してお盆といっています。
毎年、7月15日を中心に、13日を迎え盆、16日を送り盆といい、13日から16日までの4日間がお盆の期間です。(地域により旧暦の7月15日や、月遅れの8月15日を中心にお盆の期間とするところもあります。)
お盆には、仏様やご先祖様の恩に感謝し、また故人をしのんで供養をします。

四十九日の忌明けの後、初めて迎えるお盆を、新盆(初盆)といい、特に丁寧に盆供養を営みます。



お彼岸

3月の春分の日と9月の秋分の日をそれぞれ挟んで、前後7日間をお彼岸といいます。 お彼岸にはご家族でお墓参りをし、お仏壇にはお花やお団子・おはぎ等をお供えしてご先祖様の供養をする風習ですが、遠方で直接伺えない場合にはフラワーギフトが大活躍です。
届いてそのまま飾れるアレンジメントやお墓に飾るお花もギフトラッピングした花束なら気持ちが一層伝わります。
お供え花は白色や菊にとらわれず、季節のお花をスタイリッシュに贈るのも人気です。


どんな花を贈ればいい?

※枕花、葬儀用、法事用など様々なご用途に合わせてオーダーメイドでお創り致します。
  花色もご希望いただけます。

■枕花のように、亡くなってすぐの方に贈る場合
  ⇒白をメインに淡いピンク色の花や紫色の花が基本ですが、故人の好きな花がわかれば、
   その花を使うのもよいでしょう。

■お供えの場合
  ⇒故人の冥福を祈り、遺族の方を慰める花を贈るのが良いでしょう。
   花色も白ばかりにこだわることはなく、やさしい色合いで組み合わせるのも良いでしょう。


▼オリジナルフラワーギフトをご注文の際、ご参考としてご覧ください。


※花という商品の性質上、サンプル画像とまったく同じものをご用意する事はできません。
※実際には季節のお花を使い、色、スタイル、雰囲気などご要望にあわせてデザイン致します。
※お気に入りのイメージが見つかりましたら、ご注文フォーム備考欄に画像No.を明記してご注文ください。
 イメージの参考とさせていただき、お客様それぞれのオリジナルギフトを製作致します。
※表示の金額は参考価格です。使用する花材によりボリュームも違ってきます。



※商品到着後に商品レビュー書き込みのご協力をお願い致します。
※商品をお選びいただいた理由、商品到着後の感想、贈ったお相手の感想など、どんな事でも結構ですのでお声をお聞かせ下さい。
 今後のショップや商品づくりの参考にさせて頂きます。

【ご注意下さい】商品レビューは楽天会員様のみご投稿頂けます。楽天会員登録またはログインしてご注文をお願い致します。

●レビュー書き込みはこちらから!>>