当ショップで人気の両面パイルパジャマ!
その生地は驚くほどにふっわふわ!
その秘密を探りにパイル工場へ見学にいってきました。

ふわふわパイルはこうして作っています。
スタッフウノウの工場見学。

機械

場所は、いつもお世話になっています
和歌山の老舗の生地屋さん。
広い工場の片隅でふわふわパイル生地を
のんびりと編んでくれています。
もうすでに何十年と働いてきた編み機。
熟練職人が付いていないとうまく動かない機械。
最新の機械からみると何とも頼りない機械ですが、
この編み機があの素晴らしいパイル素材
作ってくれます。

機械

機械を取り囲むように糸棚から原糸が供給されます
(トイレットペーパー?のように見えますが
生地を作る原糸です。)
一度に掛けられる糸は古い機械ですので数十本。
その糸が中央上部から機械に入っていきます。
まん中の丸いところが編み機で
無数の針や爪があります。
ジャー、ジャー
実にのんびりと編み立てます。

機械

中央下部から編み上がった生地が筒状に出てきます
残念ながら一度にたくさんは編めません。
速度が遅いので1日24時間まわしても、
わずかな生地が出来るだけ。
貴重な生地かもしれませんね。
長い時代を働いてきた機械。
もうしばらく働いてくれるよう熟練職人さんが
大切に扱っています。

機械

たくさんの職人さんの手を経て生地が作られ商品になります。
ますます商品が愛おしくなってきましたね!

機械

おまけです。
これが同じ工場にある最新式コンピューター制御の編み機。
まるで映画スターウォーズに出てくるような
様相をしています。
作る量も半端ではないですが
あの感動的なパイル生地はこの機械では作れません。

まとめ