もくじ
毛布をいろいろなポイントで選んでみましょう~
毛布のお手入れに役立つ情報を教えちゃいましょう~
step1 毛布のサイズ

毛布には、たくさんのサイズがあります。

一般的に、シングルサイズの4分の1のクォーターサイズから、キングサイズまで幅広くあります。
赤ちゃん用のベビーサイズもあります。
実寸サイズは物によって違います。


サイズ表記は毛布によって異なります。
例えば、長さが220cmでもシングルサイズや
セミダブルサイズとされる物もあります。

ここで載せている実寸表記はあくまでも一例です。

※参考SIZE


サイズ一覧

■クォーターサイズ(例:70×100cm)
ハーフサイズの4分の1のサイズになります。オフィスなどでひざに掛けたり、お出かけに持参するのにもちょうどいいサイズです。
>>クォーターサイズの毛布一覧はコチラ

■ハーフサイズ(例:140×100cm)
シングルサイズの半分のサイズになります。ひざ掛けとして使ったり、お昼寝の時に身体にかけるのにもいいサイズです。
>>ハーフサイズの毛布一覧はコチラ

■シングルサイズ(例:140×200cm)
シングルの敷き布団をお使いの方にちょうどいいサイズです。1人用です。
>>シングルサイズの毛布一覧はコチラ

■セミダブルサイズ(例:160×200cm)
セミダブルサイズの敷き布団をお使いの方向きです。1人または2人用です。
>>セミダブルサイズの毛布一覧はコチラ

■ダブルサイズ(例:180×200cm)
ダブルサイズの敷き布団をお使いの方向きです。2人で使われる方が多いですが、1人で使われるとゆったりと使うことが出来ます。
>>ダブルサイズの毛布一覧はコチラ

■クイーンサイズ(例:200×230cm)
クイーンサイズの敷き布団をお使いの方向きです。2人でもゆったりと使うことが出来ます。
>>クイーンサイズの毛布一覧はコチラ

■キングサイズ(例:230×250cm)
キングサイズの敷き布団をお使いの方向きです。一般的に一番大きなサイズです。2人で寝ても横幅が十分余るほどゆったりと使う事が出来ます。
>>キングサイズの毛布一覧はコチラ

■ベビーサイズ
赤ちゃん用の毛布もあります。サイズは特に決まっておらず色々あります。
>>ベビーサイズの毛布一覧はコチラ

クォーターサイズの毛布
▼ オススメ! ▼

ぽかぽかマイクロファイバー

詳細はこちら

ハーフサイズの毛布
▼ オススメ! ▼

もこもこっ ふわふわっ★

詳細はこちら

シングルサイズの毛布
▼ オススメ! ▼

贅沢な極上毛布

詳細はこちら


セミダブルサイズの毛布
▼ オススメ! ▼

プレミアムな質感

詳細はこちら

ダブルサイズの毛布
▼ オススメ! ▼

羊さんみたいなモコモコ感

詳細はこちら

クイーンサイズの毛布
▼ オススメ! ▼

上質なウールのみを使用

詳細はこちら


step2 毛布の素材

毛布には、たくさんの種類があります。
どんな素材でつくられているかによって、機能や感触が異なります。

自分に合う毛布を探すためには、まず毛布の素材について詳しく知ることが大切ですね!
ここでは素材の特徴についてご紹介しましょう。


毛布をつくり方で分類すると、織り毛布、タフト毛布、マイヤー毛布の三つに分類されます。

【1】織り毛布
ウール毛布などに代表される伝統的な織り方で、もっとも普通にみられるオーソドックスな毛布のことです。
織機をつかって、細いタテ糸と太いヨコ糸を使って二重に織り、それを起毛して仕上げます。
ジャガード機によって、美しい模様が作り出されます。
素材はウール(羊毛)、アクリル、綿などです。
長所は軽くて暖かい点であり、短所は毛玉が出来やすい点です。

【2】タフト毛布
タフト毛布とは植え付けているという意味です。
基布にパイルを植え付けて起毛した、軽くて、暖かい実用的な毛布です。
織り毛布と違いうのは、タテ糸の代わりに綿布が芯地となっているところです。
価格がお手ごろなものが多いです。

【3】マイヤー毛布
マイヤー毛布とは編みこまれていると言う意味です。ドイツ製のカールマイヤー編み機によって作られるニット毛布のことです。
毛足が長い、肌触りのよい柔らかな豪華な毛布です。
肌触りがよく色鮮やかなプリントのものが多いです。

毛布を素材で分類すると、大きく分けて「合成繊維の毛布」と「天然素材の毛布」の二つに分類されます。

【1】合成繊維を使った毛布
 例)アクリル毛布・ポリエステル毛布

【2】天然素材を使った毛布
 例)純毛毛布・綿毛布・シルク毛布

合繊繊維の毛布と天然繊維の毛布は、特徴にどんな違いがあるのでしょうか?
それぞれの素材の特徴については、これからご紹介します。

各素材の特徴

アクリル毛布
○良いところ
・保温性に優れていてあたたかい。
・肌触りはふっくらとソフト。
・耐久性が強く、縮んだりシワになったりしにくい。
・虫食いの心配がなく、保管がラク。
・抗菌や防臭などの様々な効果のある毛布がつくられている。

×悪いところ
・吸湿性はあまりないため、蒸れる。

アクリル毛布は作り方の違いによって、二枚合わせのマイヤー毛布とニューマイヤー毛布(1枚もの)とに分かれます。
>>アクリル毛布一覧はコチラ
マイヤー毛布
・ドイツ製のカールマイヤー編み機によって作られた毛布。マイヤーは、生地の織り方で、アクリルの生地でマイヤー織のこと。
・2枚の生地を張り合わせいて、長い立毛を持つ最高級の毛布。
・肌触りはソフトで、暖かいのが魅力。
・重量感があるものが好みの方には向いている。
ニューマイヤー毛布
・編み上げた生地の両面に仕上げを施している。1 枚の毛布。
・ふわふわ感があり軽いのが特徴。
・毛抜けや毛玉になりにくく、ホコリも少ない。
・軽いものが好みの方には向いています。
ポリエステル毛布
○良いところ
・軽くて柔らかい肌触り。
・シワになりにくく、縮みにくい。
・耐久性が強く、縮んだりシワになったりしにくい。
・耐熱性がある。

×悪いところ
・静電気が起きやすい。
>>ポリエステル毛布一覧はコチラ
綿毛布
○良いところ
・吸湿性に非常に優れている。
・軽くて柔らかい肌触り。
・通気性が良い。
・ご家庭で気軽に洗濯できるものが多いので、お取り扱いがしやすい。

×悪いところ
・保温性はあまりない。 汗を吸うと、湿気が増えてしまい保温性が落ちてしまう。
>>綿毛布一覧はコチラ
シルク毛布
○良いところ
・肌触りがとてもなめらか。
・通気性、弾力性、吸湿性、保温性、放湿性などに優れている。
・肌にとても優しく、ホコリも出ないのでアレルギー体質の方にも安心の素材。
>>シルク毛布一覧はコチラ
純毛毛布
○良いところ
・吸湿発散性、保温性のバランスが良い。
・汗を吸って、さらに温かくなるという特性がある。湿気がこもらず、心地よく眠ることができる。
・暖かく、軽く、やわらかみがある。
・汚れやホコリがつきにくいので衛生的。
・燃えにくい。

羊毛を素材にした「ウール毛布」と、カシミヤやキャメルなどの獣毛を素材にした「獣毛毛布」に分かれます。
>>純毛毛布一覧はコチラ
ウール毛布
○良いところ
・保温性と吸湿性にとても優れている。

×悪いところ
・チクチクとした肌触りが苦手の人もいる。
・天然素材の為、虫食いの心配がある。
>>ウール毛布一覧はコチラ
カシミヤ毛布
・カシミヤ山羊の毛を使用している。
・純毛毛布の最高級と言われている。
・肌触りは柔らかく、高級感がある。
>>カシミヤ毛布一覧はコチラ
アルパカ毛布
・南米アンデス山脈の高原地帯に住む動物の毛を使用している。
キャメル毛布
・中央アジアの寒冷地隊に住むラクダの毛を使用している。
>>キャメル毛布一覧はコチラ
モヘア毛布
・アンゴラ山羊の毛を使用している。

ポリエステル毛布
▼ オススメ! ▼

ショコリブ毛布

詳細はこちら

ポリエステル毛布
▼ オススメ! ▼

もこもこ毛布

詳細はこちら

綿毛布
▼ オススメ! ▼

WE LOVE COTTON毛布

詳細はこちら


アクリル毛布
▼ オススメ! ▼

ファブリックプラスブランケット

詳細はこちら

純毛毛布
▼ オススメ! ▼

ザ・プレミアムソフゥール毛布

詳細はこちら

シルク毛布
▼ オススメ! ▼

シルクオーラプライムライト毛布

詳細はこちら



step3 毛布の選び方いろいろ

みなさんが実際に毛布を選ぶときに、「どんな時にどうやって使おうかな?」ということを考えると、きっと自分が欲しい毛布を選びだすことが出来るのではないでしょうか?

毛布の使い方を、私が提案してみましょう!



博士が提案する使い方
▼ その1! ▼



一覧はこちら

博士が提案する使い方
▼ その2! ▼



一覧はこちら

博士が提案する使い方
▼ その3! ▼



一覧はこちら


博士が提案する使い方
▼ その4! ▼



一覧はこちら

博士が提案する使い方
▼ その5! ▼



一覧はこちら

博士が提案する使い方
▼ その6! ▼



一覧はこちら


博士が提案する使い方
▼ その7! ▼



一覧はこちら


標準的な掛け毛布
▼ オススメ! ▼

とろける肌触り

詳細はこちら

グルグルくるまる毛布
▼ オススメ! ▼

くるまりたいっ!

詳細はこちら

ひざ掛け毛布
▼ オススメ! ▼

極上の肌触り

詳細はこちら


着られる毛布
▼ オススメ! ▼

発熱する素材を使用!

詳細はこちら

着られる毛布
▼ オススメ! ▼

包まれる幸せ♪

詳細はこちら

羽毛布団の上にかける毛布
▼ オススメ! ▼

ふんわり軽い

詳細はこちら


毛布

【ひとくちメモ】 毛布の掛け方の順番

毛布は、ただ掛ければいいというものではなく、あわせて使う布団などによって使い方を変えることで、 より一層快適に使うことができます。

【1】毛布のみ1枚でかける場合・・・そのまま掛けましょう。

【2】羽毛布団とあわせて毛布をかける場合・・・
毛布は羽毛布団の上からかけましょう。
ふわっと軽くあたたかい空気層をつくる羽毛布団は、上から毛布で覆うことによって、中の暖かい空気を逃がさないようになります。

【3】羽毛布団以外の布団とあわせて毛布をかける場合・・・
毛布は布団の中にかけましょう。
布団の中にかけることで、身体との隙間を埋めるのでしっかり暖まります。

step4 毛布を機能で選ぶ

毛布の機能を知ることは、「どんな毛布が欲しいか?」と考える時に、すごく大切になりますね。
みなさんが毛布選びで重視するポイントはどこでしょう?

ぜひ考えてみてください!



博士が重視する機能
▼ その1! ▼



一覧はこちら

博士が重視する機能
▼ その2! ▼



一覧はこちら

博士が重視する機能
▼ その3! ▼



一覧はこちら


博士が重視する機能
▼ その4! ▼



一覧はこちら


step5 毛布を感触で選ぶ

なんと言っても、感触ですよね!

「この感触がたまらない♪」という毛布を、ぜひ見つけてください!



博士の気になる感触
▼ その1! ▼



シルク毛布がオススメ!
>>シルク毛布一覧はコチラ

博士の気になる感触
▼ その2! ▼



マイヤー毛布がオススメ!

博士の気になる感触
▼ その3! ▼



ニューマイヤー毛布がオススメ!


博士の気になる感触
▼ その4! ▼



カシミヤ毛布がオススメ!
>>カシミヤ毛布一覧はコチラ


step6 毛布を感触で選ぶ

毛布だって、お気に入りのカラーや柄が欲しいですよね!
一般的には暖色系が好まれる傾向にあるんですが、自分の気に入ったものが一番です。

気に入った毛布で気持ちも明るく過ごしましょう。



博士も悩む色・柄
▼ その1! ▼



一覧はこちら

博士も悩む色・柄
▼ その2! ▼



一覧はこちら

博士も悩む色・柄
▼ その3! ▼



一覧はこちら


博士も悩む色・柄
▼ その4! ▼



一覧はこちら

博士も悩む色・柄
▼ その5! ▼



一覧はこちら

博士も悩む色・柄
▼ その6! ▼



一覧はこちら


博士も悩む色・柄
▼ その7! ▼



一覧はこちら

博士も悩む色・柄
▼ その8! ▼



一覧はこちら

博士も悩む色・柄
▼ その9! ▼



一覧はこちら


博士も悩む色・柄
▼ その10! ▼



一覧はこちら


step7 毛布のお手入れ方法

ここでは一般的なお手入れ方法をご紹介します。
しかし、お手入れ方法は、ものによって違いますので、必ずその取扱い表示を見て確認して下さいね!

いつまでも風合いを損ねることなく使うために、大切にお手入れしましょう。

基本的に風通しの良いところで、陰干しして下さい。 湿気を逃がし、常に乾いた状態でお使い下さい。

まずは、ご家庭でお洗濯できるか否かを確認しましょう。
ご家庭で洗えないものは、クリーニング店などのドライクリーニングを利用しましょう。
洗濯表示のとおりに扱わないと、毛布の風合いを損ねる可能性がありますので、注意しましょう。

アクリル毛布、ポリエステル毛布、綿毛布
アクリル、ポリエステル、綿の毛布は「洗える」と表記されているものが殆どです。
「洗濯機OK」のマークがあれば、洗濯ネットに入れ洗濯機の「毛布コース」などで洗えます。
「手洗いOK」のマークがあれば、浴槽などでつけ置き・足で踏むなどして洗えます。
タンブラー乾燥は避け、風通しの良いところで干すようにして下さい。

シルク毛布、純毛毛布
物によっては、ご家庭でお洗濯できるものもありますが、基本的にクリーニング店でのドライクリーニングが必要です。

シーズンオフに長期保管する際には、お洗濯後、風通しの良い所で陰干しをしてしっかり乾かし、湿気の少ない場所に保管しましょう。
虫食いの心配があるものは、防虫剤を忘れずに入れましょう。

マクーラ博士
さて、「毛布の選び方」は、いかがでしたか?

それぞれの素材の特徴をよく知り、自分が快適に使える毛布を選んでいただきたいですね。

アパレル販売員のらんさん
こんなに色々な毛布があるのね!
肌触りが良さそうなシルク毛布が気になるわ♪

主婦のさつきさん
毛布のかけ方であたたかさも変わってくるなんてびっくり!
毛布って奥が深いのね~!


マクーラ博士
モーフー博士ありがとうございました!
みなさんはいかがでしたか?

肌触りを重視する方、お手入れ方法を重視する方、自然素材へのこだわりのある方、選ぶポイントは人それぞれですよね!
ご自分に合った毛布を選び、長く愛用できるといいですね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
それでは是非、枕と眠りのおやすみショップ!楽天市場店でお買い物を楽しんでくださいね!