step1 枕カバーのサイズ

枕カバーには、いろいろなサイズがあります。

サイズが合わないと、枕本体が枕カバーの中に入らなかったり、また枕の機能を損ねてしまうことがあります。
そのためにも、正しいサイズの枕カバーを選ぶようにしましょう。

特に主流となっている枕カバーの大きさは、
43×63cm です。
この43×63cmを基準に、
1回り小さい35×55cmタイプ、
1回り大きめの50×70cm、
横長ダブルサイズの43×120cm、があります。

※参考SIZE


標準的なサイズです。

一般的に日本のお布団にもピッタリで、人間の肩幅と枕の横幅が同じになるサイズです。標準的な枕の大きさは、市販されている枕カバーの種類も豊富で、男女ともにお使いいただけます。
>> 43×63cmの枕カバー一覧はコチラ

標準的なサイズより一回り大きくなります。

ゆったりと余裕のあるサイズで、ホテルなどでもよく使われているサイズです。ゆったりワイドなサイズなので、包まれて眠れるような寝心地になります。
>> 50×70cmの枕カバー一覧はコチラ

2人用の枕です。

43×120cmの枕は横幅が長いので、頻繁に寝返りをする方に特にオススメです。最近ではこのダブルサイズ用の枕を1人で使う方も増えています。一般的な敷き布団で利用する場合は、両脇が布団からはみ出します。

標準的なサイズより一回り小さくなります。

昔の枕はこのサイズ(35×55cm)が主流でした。

ジュニアサイズです。

お子さまにおすすめです。市販のジュニアサイズ枕カバーはこのサイズになります。
>> 29×40cmの枕カバー一覧はコチラ

上記の図以外にも、以下のようなサイズがあります。
>> 35×50cmの枕カバー一覧はコチラ
>> 規定サイズ外の枕カバー一覧はコチラ
>> フリーサイズ(伸縮性のあるストレッチカバー) の枕カバー一覧はコチラ

最近では枕の形状の多様化により、いろいろなカタチの枕が登場しています。それに伴い、商品専用の枕カバーや特殊な形状のものもあります。





「ファスナー式」と「封筒式」

ファスナー式と封筒式

枕カバーの装着方法によって、ファスナー式と封筒式に仕様が分かれます。 同じサイズ用の枕カバーでも、この仕様の違いによって、枕カバー本体のサイズ表記が異なる場合がありますので、ご注意ください。

【ファスナー式の場合】
枕のサイズより、縦横ともに2~3cm余裕を持たせた長さが、枕カバー本体の寸法になります。

【封筒式の場合】
縦のサイズは枕のサイズより2~3cm余裕を持たせた長さ、横のサイズは余った部分を内側に織り込めるように、枕のサイズよりおよそ20cmほど余裕を持たせた長さが、枕カバー本体の寸法になります。
枕カバーサイズの測り方

今お使いの枕カバーのサイズを測ってみましょう!
ほとんどの場合は、下記の図にあるサイズに該当します。

まず、今お使いの枕カバーのサイズを測ります。
枕カバーのサイズは、枕本体を取り出し、平らに伸ばした状態で計測します。 枕本体を入れた状態、つまり厚み・高さがある状態で計測した場合は、厚みがある分、下記の図のサイズより小さくなってしまいますので、必ず、枕本体を取り出し、枕カバーだけの状態で計測しましょう。

※もし枕カバーが取り外しできない場合は、枕の中素材がない状態でどのくらいの長さになるか、隅の生地の部分を計測するようにしましょう。

参考SIZE


封筒式枕カバー

封筒式枕カバーのサイズを測るときの注意

補足として、封筒式枕カバーの場合は、サイズの測り方が若干異なります。
封筒式枕カバーとは、筒状の袋に枕本体を入れて、封をせずに、枕カバーの余った部分を内側に折りたたむ形式の枕カバーです。
この場合、奥行き○○×横の長さ●●cmサイズの枕カバーの場合、奥行き○○に入る数字のみ一致させる必要があります。横の長さ●●は多めに余るため、●●の数字より大きい枕カバーを選びましょう。