About


Products


Cheese


Milk


About

湯布院が醸す
本当のおいしさを。

"クックヒルファーム"では湯布院塚原で生まれた芳醇な牛乳とチーズを揃えています。塚原高原の新緑の草原の草をはみ育った牛の生乳を原料とする『ゆふいん牛乳』をはじめ、風土の力を活かして熟成させたチーズ。チーズ職人がたどり着いた、この土地でしか表現出来ない『本物の味わい』を多くの皆様にお届け致します。

さらなる美味しさを求めて

クックヒルファームでは自分たちで毎朝搾乳した生乳を使って、牛乳とチーズの製造販売を行っております。質の高い、しかも安心・安全な製品を追求すれば、当然のことながら原料となる牛乳の選択が重要となります。そこで、美味しいチーズ作りの為に、まずは原料になる牛乳の製造から自社で行っているのです。しかし、チーズ職人として、『さらなる美味しさ』を求めるにはどうすれば良いのかを本当に考えた時、原乳を提供してくれる乳牛とどう向き合うかがテーマになってくるのです。そこで、2014年・春に一頭の子牛をファミリーに加えました。その理由は、さらに美味しい、そして安全な乳製品追求の為のチャレンジです。

家畜福祉という考え方

家畜福祉という言葉をご存知でしょうか?家畜福祉の定義は「快適性に配慮した家畜の飼養管理」です。つまり昔ながらの家畜の飼い方での飼育を目指すという事です。

酪農の問題として、乳牛に対する穀類の多給による疾病、そして、餌となる穀類の遺伝子操作の問題等があげられます。私たちは、そういった問題とも向き合いながら、乳牛を経済動物としてではなく、生き物として見直し、ストレスができるだけ少ない環境を乳牛たちに提供することを目指します。そうすることで乳牛が健康になります。健康・健全な乳牛には健全な血液が体内を流れ、その血液をもとにする『おいしい生乳』、そして『安全な生乳』を得る事ができるのです。

Products



クックヒルファーム
トム・ド・ゆふ
110g×3個セット

18ヶ月以上熟成させた、クックヒルファームを代表するセミハードタイプのチーズ。旨味の凝縮した濃厚な味わい。
ご購入はこちら

クックヒルファーム
モッツァレラチーズ
150g×3個セット

ミルク感が濃厚で乳酸菌の風味が魅力のくせのない爽やかな味わいと弾力のある歯触りが特徴のフレッシュチーズ。
ご購入はこちら

クックヒルファーム
モンテキャトル
130g×3個セット

生チーズにハーブソルトをあわせ、程よく熟成させたチーズ。辛口の白ワインとの相性が抜群。
ご購入はこちら

クックヒルファーム
クリームチーズ
140g×3個セット

水分が多くバターのようななめらかさと、あっさりとしたくせのない味。料理やお菓子に合わせやすいチーズです。
ご購入はこちら

クックヒルファーム
フェタチーズ
110g×3個セット

強めの塩味とコクのある奥深い味わい、ホロホロ崩れる食感が特徴のキューブ型のチーズ。サラダのアクセントに最適。
ご購入はこちら

クックヒルファーム
フロマージュブラン
140g×3個セット

ヨーグルトのようで酸味もありますが、爽やかでミルクの風味やコクのある、どこかリッチで優しいチーズ。
ご購入はこちら

クックヒルファーム
のむチーズ
110g×5個セット

生乳100%のトロリと飲めるチーズ。国産では希少な天然プロテイン。飲んでよし、ソースに使うもよしの万能チーズ。
ご購入はこちら

クックヒルファーム
選べる チーズ
3個セット(1)

トム・ド・ゆふ110g/モッツァレラチーズ150g/モンテ・キャトル130gの中からお好きな3個を選べるセット。
ご購入はこちら

クックヒルファーム
選べる チーズ
3個セット(2)

フロマージュブラン140g/クリームチーズ140g/フェタチーズ110g/のむチーズ110gの中から3個選べるセット。
ご購入はこちら

クックヒルファーム
フレッシュチーズ
2種×2個セット

クックヒルファームで人気のモッツァレラチーズとクリームチーズが各2個ずつ入ったセット。
ご購入はこちら

クックヒルファーム
お楽しみチーズ
6種 セット

チーズ好きの方へ。熟成からフレッシュまで楽しめるチーズ職人が作る至高の6種セット。
ご購入はこちら

クックヒルファーム
チーズ全種
バラエティセット

チーズ職人が作る至高のチーズ7種全てをセットに。大切な方へのこだわりの贈り物にも最適。
ご購入はこちら




クックヒルファーム
ゆふいん牛乳S
200cc×6本セット

63度でゆっくり時間をかけて殺菌を行う低温殺菌牛乳。驚くほどクリーミーで濃厚な味わい。
ご購入はこちら

クックヒルファーム
ゆふいん牛乳L
900cc×4本セット

63度でゆっくり時間をかけて殺菌を行う低温殺菌牛乳。牛乳の風味を生かすノンホモジナイズド製法。
ご購入はこちら

クックヒルファーム
ゆふいん牛乳200cc×2本
900cc×2本セット

63度でゆっくり時間をかけて殺菌を行う低温殺菌牛乳。たっぷりお試しできる各2本ずつのセット。
ご購入はこちら




クックヒルファーム
人気チーズと
ゆふいん牛乳セット

トム・ド・ゆふ/モッツァレラチーズ/フロマージュブラン/クリームチーズ/モンテ・キャトル/フェタチーズ/計6種各1個ずつ&牛乳900cc 1本
ご購入はこちら

クックヒルファーム
至高のチーズ全7種と
ゆふいん牛乳セット

トム・ド・ゆふ/モッツァレラチーズ/フロマージュブラン/クリームチーズ/モンテ・キャトル/フェタチーズ/計6種各1個ずつ&のむチーズ1個&牛乳900cc 1本
ご購入はこちら

クックヒルファーム
オススメチーズ3種と
ゆふいん牛乳セット

チーズ職人おすすめの「クリームチーズ」「モンテ・キャトル」「フェタチーズ」3種のチーズが各1個ずつ&ゆふいん牛乳L 900cc 1本のセット
ご購入はこちら





Cheese

風土が育てるチーズ

私達のチーズは湯布院塚原が育てたチーズ。
生き物である『牛』を始め、牛が食す『草』、草を育てる為の『土』や『水』、チーズの熟成に必要な『乳酸菌』など、あらゆる工程で湯布院塚原の環境が育んだ生物達の恩恵を受けているからです。そして、その恩恵が長い時間をかけてチーズを育て、チーズの味に凝縮されます。

クックヒルファームは湯布院塚原という土地と向き合いながら、お客様の『美味しい』という一言を頂く為に、風土と共にチーズを育てています。

チーズを作る為に

チーズの原料は『生乳』です。そこで、クックヒルファームでは美味しいチーズを作る為の牛乳を自社で生産しています。原料と向き合うと、生乳を提供してくれる乳牛や彼らを育む環境、いろんな要素と向き合う必要がある事に気づかされます。こうして出来た牛乳を使って、日々立ち上がる蒸気の中、すべて手作業でチーズを育てています。
写真は、キモシン(凝固酵素)を投入して固まった牛乳を撹拌している様子。 お豆腐のように、繊細に固まった牛乳を、ゆっくり優しく撹拌した後、モールディング(型詰め)を行います。温度の変化に注意しながらモールディングを行い、重石で軽くプレ・プレスを行う事でチーズの原型が仕上がります。ついさっきまで加温していたチーズは、まるで赤ちゃんのほっぺたのように、ほんのり温かくて、柔らかな触り心地です。
熟成庫は工房の地下にあります。熟成庫内は温度9度、湿度は95%です。工房のすぐ近くにある由布岳に降り注いだ雪や雨が数十年の長い時間をかけて湧水となり、熟成庫にたどり着き、チーズを育てる最高の環境を作ってくれています。

湯布院塚原の風土の恩恵を受けながら、この熟成庫の中で約24ヶ月の間、クックヒルファームのチーズは育っていきます。




Milk

63度で生まれた牛乳

クックヒルファームの『ゆふいん牛乳』は『63度』でゆっくり時間をかけて殺菌を行う『低温殺菌牛乳』です。
120度という高温で3秒間というのが一般的な殺菌方法です。しかし、殺菌する際の温度が高いほどタンパク質の熱変性や、ビタミン類の破壊がおきやすく、牛乳本来の旨味や栄養分、そして、風味までもが失われてしまいます。

私たちは牛乳の本来の姿を失わない温度である『63度』でゆっくり殺菌を行い、『ゆふいん牛乳』を製造しています。

チーズ職人が理想とする牛乳

『美味しいチーズ作り』を求めたとき、やはり原料である牛乳と向き合わなければなりません。そんな思いから私たちは自社で製造しています。

牛乳の美味しさは、主に乳蛋白質。牛乳には目にみえない乳蛋白質が無数に存在しています。しかし、一般的な牛乳の殺菌方法である『高温殺菌処理』では、旨味の素になる乳蛋白質が崩れてしまいます。崩れた乳蛋白質では良質なチーズは仕上がりません。そこで、当社では『低温殺菌処理』で牛乳を優しく殺菌し、旨味の素になる乳蛋白質を自然な状態にとどめる事で、生乳本来の風味豊かな牛乳に仕上げています。
そのまま飲んでも美味しい、チーズ職人が理想とした牛乳を、是非ご愛飲ください。

低温殺菌

「低温殺菌牛乳」って何だかご存じですか?牛乳を殺菌する際に、悪い菌が殺せる最も低い温度(62~65度C、30分)で加熱殺菌した牛乳です。フランスの細菌学者パスツールが発見した方法であることから「パスチャライズド」と言います。彼はワインの変質を防ぐ方法を研究するうちにこの方法を発見し、牛乳の殺菌法としても用いられています。

体に優しい牛乳

私たちの『ゆふいん牛乳』はノンホモジナイズド製法で製造した牛乳です。
ノンホモジナイズドとは乳中の脂肪球を均一化させない牛乳の事です。
脂肪球を細かく均一化してしまうと旨味の乳蛋白質も共に壊してしまうからです。さらに、当社では本来の牛乳の風味を味わって頂く為に瓶への充填には、ポンプを使用しません。牛乳は『生きている』ので、大事に取り扱っています。