【楽天市場】インバーター・充電器の専門店 ワンゲイン株式会社 カートを見る top
インバーター充電器バッテリーセット商品部品キャリ電ソーラー発電Pキャン・車中泊・便利グッズアウトドア・マリン用品カー用品あす楽アウトレット

バッテリーを選ぶにあたって必要な知識をご紹介します。

バッテリーとは

バッテリーとは


バッテリーとは、電気を貯めて使う電池で、充電することで繰り返し使うことが出来ます。
携帯やスマホ、デジカメなどの電池として使われますが、ここでは自動車などで使用されるバッテリー(鉛蓄電池)の説明をします。

自動車で電気を使用するために搭載されているものをメインバッテリーと呼びます。
メインバッテリーにインバーターをつなぎ、電化製品を使用することもできますが、 バッテリーあがりでエンジンが始動できなくなるなどのトラブルが想定されます。

そこで、メインバッテリーとは別にサブ(補助)のバッテリーがあると、 自動車のバッテリーあがりを気にせずに電化製品をお使いいただくことができます。
このサブ(補助)のバッテリーをサブバッテリーと呼びます。
サブバッテリーは持ち運びが可能なので、停電時の非常用電源として使用することも可能です。



どんなバッテリーの種類がありますか?

どんな種類のバッテリーがありますか?


ディープサイクルバッテリー
ディープサイクルバッテリー
繰り返しの充放電に強く、空近くまで使うことを前提に作られたバッテリーです。
サブバッテリーとしてキャンピングやマリンレジャー用に使われたり、
インバーターと接続して電化製品を使用する用途が多いです。
また完全密閉型とそうでないものがあり、完全密閉型は横倒ししても液漏れが
しないので、取扱いがしやすく、また充放電回数も従来のものに比べてかなりの
回数可能です。

スターティングバッテリー
スターティングバッテリー
始動時のスターターを回すために、短時間にたくさんの電流を供給することを目的に作られているバッテリーです。
主に車のメインバッテリーとして使われており、バッテリーを空近くまで使うことは想定されていませんので、バッテリーあがりになる可能性が高くなります。
また、バッテリーあがりを何度もおこすと使用できなくなります。

セミサイクルバッテリー
セミサイクルバッテリー
ディープサイクルバッテリーとしても、スターティングバッテリーとしても
使用できるバッテリーです。
ただし、ディープサイクルバッテリーとして使用する場合、充放電回数は
ディープサイクルバッテリーに比べて半分ほどになります(同じ使用条件下において)。
よって、充放電回数が多いヘビーユーザーはディープサイクルバッテリーの使用をおすすめいたします。

ポータブル電源
リチウムイオンバッテリー
従来の鉛バッテリーよりも軽量で長寿命なのでサブバッテリーとして使用するのに最適です。
大放電に強く、急速充電も可能なリチウムバッテリーは電子レンジやエアコンなどを備えたキャンピングカーなどにも対応できるパワフルなバッテリーです。他のバッテリーよりも高価ですが、正しく使用すると長く使えて鉛バッテリーよりもコストパフォーマンスが高いです。


ここでは、車中泊や非常用電源として使用されることの多い
ディープサイクルバッテリー(サブバッテリー)を中心に説明していきます。



サブバッテリーはどんな時に使う?

サブバッテリーはどんな時に使う?


在宅医療にも使え、非常用電源・車中泊やキャンプ地、野外イベントなどの蓄電システムとして、様々な場面で活躍します♪


大きさ(容量)について

大きさ(容量)について


○○Ahという単位がサブバッテリーの大きさ(容量)です。
数値が大きいほど容量が大きく、電気をたくさん貯められます。
 ※時間容量が同一の場合



どれぐらいの時間、電化製品が使えるの?

どれぐらいの時間、電化製品が使えるの?


○○Ah×12V×0.6(充放電係数)÷消費電力(W)=
○時間 (12Vバッテリーの場合)
0.8以下は切り捨て、0.81以上は切り上げで計算する。
※あくまでおおよその値です。バッテリー等の使用状況によって実際に使用できる時間は変わってきます。

例えば、【完全密閉型/AGMディープサイクルバッテリー】BPC12-100 100Ah (12Vバッテリー)
で消費電力が100Wの電化製品を接続した場合の計算式

100Ah×12V×0.6(充放電係数)÷100(W)=7.2H
0.8以下は切り捨てのため、⇒
100Wの電化製品なら、約7.0時間使用できます!
リチウムイオンバッテリーの場合は
○○Ah×12.8V×1.0(係数)÷消費電力(W)= ○時間 が概算値となります。



弊社取扱バッテリーと使用可能時間の一覧表

ポータブル電源とセミサイクルバッテリー

  リチウムイオン
バッテリー
セミサイクルバッテリー
(ディープサイクル・スターティング両用)

RNG-BATT-LFP-12-100
100Ah

SMF27MS-730
105Ah
SMF31MS-850
115Ah
ノートパソコン
(20-50W)
25時間〜64時間 15時間〜37時間30分 16時間30分〜41時間
オーディオ機器
(50-100W)
12.5時間〜25時間 7時間30分〜15時間 8時間〜16時間30分
テレビ
(120-170W)
7時間〜10時間 4時間〜6時間 5時間〜7時間
冷蔵庫
(150-500W)
2.5時間〜8時間 1時間30分〜5時間 1時間30分〜5時間30分
洗濯機
(500-900W)
1.4時間〜2.5時間 1時間〜1時間30分 1時間〜1時間30分
ドライヤー
(600-1200W)
1時間〜2時間 30分〜1時間 30分〜1時間
電気ポット
(700-1000W)
1.2時間〜1.8時間 45分〜1時間 30分〜1時間
掃除機
(1000-1100W)
1.2時間〜1.3時間 30分 30分〜45分
アイロン
(1200-1400W)
0.8時間〜1時間 10分〜15分 10分〜15分
電子レンジ
(1300W)
1時間 10分〜15分 10分〜15分

※記載している時間は、バッテリーが満充電の際の目安となります。
 満充電ではない場合は、上記目安時間より短くなる可能性があります。

また、上記電化製品の消費電力(W)は一例です。
バッテリーやインバーターなどをご購入される際は、必ずお使いになる電化製品の消費電力(W)をお確かめください。



ディープセミサイクルバッテリー

 


ディープサイクルバッテリー

 

M27MF
105Ah
M31MF
115Ah
BPC12-100
100Ah
BPC12-120
120Ah
ノートパソコン
(20-50W)
15時間〜37時間30分 16時間30分〜41時間 14時間〜36時間 17時間〜43時間
オーディオ機器
(50-100W)
7時間30分〜15時間 8時間〜16時間30分 7時間〜14時間 8時間〜17時間
テレビ
(120-170W)
4時間〜6時間 5時間〜7時間 4時間〜6時間 5時間〜7時間
冷蔵庫
(150-500W)
1時間30分〜5時間 1時間30分〜5時間30分 1時間〜4時間30分 1時間45分〜5時間45分
洗濯機
(500-900W)
1時間〜1時間30分 1時間〜1時間30分 45分〜1時間 1時間〜1時間45分
ドライヤー
(600-1200W)
30分〜1時間 30分〜1時間 30分〜1時間 45分〜1時間20分
電気ポット
(700-1000W)
45分〜1時間 30分〜1時間 30分〜1時間 40分〜1時間10分
掃除機
(1000-1100W)
30分 30分〜45分 30分 45分〜50分
アイロン
(1200-1400W)
15分 15分 15分 20分〜20分
電子レンジ
(1300W)
15分 15分 15分 20分

※記載している時間は、バッテリーが満充電の際の目安となります。
 満充電ではない場合は、上記目安時間より短くなる可能性があります。

また、上記電化製品の消費電力(W)は一例です。
バッテリーやインバーターなどをご購入される際は、必ずお使いになる電化製品の消費電力(W)をお確かめください。


サブバッテリー1台では長期の車中泊には足りないのでは?

サブバッテリー1台では
長期の車中泊には足りないのでは?


長期間使用する場合は、複数台で使用することをおすすめしています。
なお、容量増加に関しましては、基本的に最大4台まででご案内しております。
それ以上の台数で接続することも可能ですが、各バッテリーに対して十分に充電されないことや、 充電状態の誤差が生じることがございます。
予めご了承ください。



サブバッテリーを複数台接続する際の接続方法は?

サブバッテリーを複数台接続する際の接続方法は?


並列接続と直列接続があります。

例1)並列接続
並列接続
並列で接続した場合は台数に関係なく電圧値は一定です。
よって左図の接続例の場合、電圧値は12Vとなります。

例2)直列接続 ※リチウムイオンバッテリーは直列接続不可です。
直列接続
直列で接続した場合はサブバッテリーの台数分、電圧値が加算されます。
よって左図の接続例の場合、電圧値は12V×2台=24Vとなります。

バッテリーの容量が同じであれば、使用できる時間は並列接続でも直列接続でも同じです。
ただし、電圧値が異なるため、電気が流れる速さが異なります。



電気が流れる速さのイメージ図て

電気が流れる速さのイメージ図


並列接続時の電気が流れる速さのイメージ図
直列接続時の電気が流れる速さのイメージ図


!接続方法を考えるポイント!

!接続方法を考えるポイント!


・既にインバーターや充電器をお持ちの場合は、それらの電圧値に合わせた接続方法と台数を選択する。
・車のメインバッテリーとサブバッテリーの両方を充電する走行充電器を使用する場合は
 メインバッテリーの電圧値にあわせる。
・使用する電化製品にパワーを必要とするものがある場合は、直列接続を選択する。



どんなバッテリーの種類がありますか?

完全密閉型ディープサイクルバッテリーについて


完全密閉型ディープサイクルバッテリー
通常のバッテリーは横倒しにすると液漏れが発生したりするため、自動車などで使用する際は倒れないよう取扱いに気をつけなければなりません。

完全密閉型はその名前の通り、完全に密閉されたメンテナンスフリーのディープサイクルバッテリーですので、横倒しを気にすることなく、ご使用いただけます。
また、充放電も セミサイクルバッテリー(ディープサイクル・スターティングバッテリー両用)の倍以上の回数が可能です。
※同容量・同環境の場合

【完全密閉型/AGMディープサイクルバッテリー】BPC12-100(100Ah/10時間率容量)




各バッテリーの特性

各バッテリーの特性


  スターティング
バッテリー
セミサイクル
バッテリー
完全密閉型
ディープサイクル
バッテリー
リチウムイオン
バッテリー
スターター向き
充放電回数 × ディープサイクルの5倍以上
横倒し可 × × 横設置不可 横設置可
ガス発生なし
価格
評価基準

◎とても良い
○まぁまぁ良い
△ダメ
×全然ダメ
※誤った使用方法により、一定の内圧を超えると外部に放出されます。
(制御弁式鉛蓄電池)



セミサイクル・ディープサイクルバッテリーを
長持ちさせるポイント

セミサイクル・ディープサイクルバッテリーを
長持ちさせるポイント


ディープサイクルバッテリーは50%ぐらいまでお使いになったら充電を行うようにしてください。
ディープサイクルバッテリーは、空近くまで無くなっても復活するように設計されておりますが、
完全放電を頻繁に行うとバッテリーの寿命が著しく短くなる恐れがあります(下図参照)。

充放電回数グラフ
※グラフは参考例です。全てのバッテリーが上図のグラフに該当するわけではありません。

また、完全放電状態のバッテリーを充電する際は、1回の充電では満充電にならない場合がございますので、ご注意ください。
なるべく完全放電に近い状態までお使いいただく前に、他のバッテリーに換えていただくか、
再充電されたほうがバッテリーは長持ちいたします。

サブバッテリーを使うには電気を貯めるための充電が必要になります。
充電をする際には専用の充電器(バッテリーチャージャー)をお使いください。



インバーターの選び方
インバーターの選び方
充電器の選び方
充電器の選び方

▲バッテリーの選び方 トップに戻る