OA機器の事なら信頼と実績、高品質の販売店【エーワン】

オフィスハードウェアエーワン

TOPシュレッダー > オートフィード比較

オートフィードシュレッダー人気機種を比べてみました

オートフィードシュレッダーとは?

紙を置くだけで用紙を自動で細断してくれるシュレッダーの事です。

楽天の人気機種を徹底比較

オートフィードシュレッダーと一口にいっても、機械の仕様は様々です。
1番の特徴は紙を自動で送る給紙方法。
用紙を縦にセットするタイプと、用紙を寝かせてセットするタイプがあります。
楽天の人気機種2台は、給紙方法が異なります。
それぞれどんなメリットとデメリットがあるか、実際に機械を使って検証してみました。

商品についての違い

タテ型タイプ AFS100C 用紙を縦にセット
平置きタイプ 130AFX 用紙を寝かせてセット

比較内容

  1. セキュリティ
  2. 操作性
  3. 細断テスト1(100枚の紙)
  4. 細断テスト2(ホチキス留めの紙)
  5. 細断できる枚数
  6. カード細断
  7. 総合評価

1:セキュリティ

紙の投入方法と、細断までの工程を比べてみました。

アイリスオーヤマ AFS100C

カバーを開け、用紙を縦方向にセットします。カバーを開け、用紙を縦方向にセットします。

セットするとすぐに細断を開始します。セットするとすぐに細断を開始します。

細断中、書類が丸見え
給紙部分が開いたままで細断するため、細断中の書類が丸見えに…。
また、細断中に持ち去ることが可能なので機密情報を処理する際は見守る必要があります。

アコ・ブランズ・ジャパン 130AFX

フタを開け用紙を寝かせてセットします。フタを開け、用紙を寝かせてセットします。

フタを閉めると、自動的に細断が開始します。フタを閉めると自動的に細断が開始します。

機密情報の処理も安心!
フタを閉めて細断するので、機密情報が見られる心配もなく、安心です。

検証結果

セキュリティは130AFXの方が優秀!

製品について

2:操作性

どちらが操作しやすいか比べてみました。

アイリスオーヤマ AFS100C

紙をセットし、電源を「自動」に合わせるだけだけなのですが…紙をセットし、電源を「自動」に合わせるだけなのですが…

スイッチ操作にコツが必要!
切り替えポイントの間隔が狭く、スイッチが少し固いので、うまく合わせるにはコツがいります。

アコ・ブランズ・ジャパン 130AFX

紙をセットし、ポンっとフタを閉めるだけです。 紙をセットし、ポンっとフタを閉めるだけです。

だれでも簡単、コツ不要!
フタを閉めてるだけなので、だれでも簡単に使用できます。

検証結果

操作性は130AFXの方が優秀!

製品について

3:細断テスト1【100枚の紙】

A4サイズのコピー用紙を100枚重ねて投入し、細断の様子を比較してみました。

アイリスオーヤマ AFS100C

100枚の紙をセットします。100枚の紙をセットします。

順調に細断していますが、たまに多重給紙(紙が何枚かまとめて給紙されること)されているのが気になります…順調に細断していますが、たまに多重給紙(複数枚まとめての給紙)されているのが気になります…

多重給紙により、途中で紙詰まりを起こしてしまいました。多重給紙により、途中で紙詰まりを起こしてしまいました。

多重給紙を起こしやすい…
タテ型のため紙が複数滑り込みやすくなっています。多重給紙のリスクが高い給紙方法のようです。

アコ・ブランズ・ジャパン 130AFX

100枚の紙をセットします 100枚の紙をセットします。

特に問題なく順調に細断しています 特に問題なく順調に細断しています。

全て問題なく細断できました 全て問題なく細断できました!

多重給紙もなく、無事完了!
平置きタイプなので、紙が複数枚滑り込むことがなく、着実に細断できました。

検証結果

100枚の細断は130AFXの方が優秀!

製品について

4:細断テスト2【ホチキス留めの紙】

A4サイズのコピー用紙を5枚重ねでホチキス留めし、2部重ねて細断する様子を比較してみました。

アイリスオーヤマ AFS100C

ホチキス留めした紙束をセットし、細断スタート。引っ張られた紙が上から順に1枚ずつホチキスから外れ、給紙されていきます。ホチキス留めした紙束をセットし、細断スタート。引っ張られた紙が上から順に1枚ずつホチキスから外れ、給紙されていきます。

細断完了です!細断完了です!

問題なく細断完了!

アコ・ブランズ・ジャパン 130AFX

100枚の紙をセットします ホチキス留めした紙束をセットします。フタを閉めて細断スタート。

特に問題なく順調に細断しています 全て問題なく細断できました!

問題なく細断完了!

検証結果

引き分け(どちらも問題なく細断できました!)

製品について

5:収容できる枚数

ダストボックスの収容量上限まで細断を行い、何枚くらい細断くずを収容できるか比較してみました。

アイリスオーヤマ AFS100C

満杯サインが出たので、ボックスを引き出します。満杯サインが出たので、ボックスを引き出します。

A4用紙156枚分収容A4用紙換算で156枚分です。

A4用紙156枚分を収容!

アコ・ブランズ・ジャパン 130AFX

満杯サインが出たので、ボックスを引き出します。 満杯サインが出たので、ボックスを引き出します。

154枚分収容A4用紙換算で154枚分です。

A4用紙154枚分を収容!

検証結果

引き分け(収容できる枚数は、ほぼ同じでした!)

製品について

6:カード細断

プラスチックのカードを細断し、どちらが安心して処分できるか比較してみました。

アイリスオーヤマ AFS100C

カードを投入します。カードを投入します。

問題なく細断できました!問題なく細断できました!

細かく細断できて安心!
4×10mmサイズで細断できるので、くずがかさばりにくいのが嬉しいです。

アコ・ブランズ・ジャパン 130AFX

カードを投入します。 カードを投入します。

問題なく細断できました!問題なく細断できました!

屑が少し大きい点が残念…
AFS100Cに比べると少し大きめです…。

検証結果

カード細断はAFS100Cの方がくずが細かい!

製品について

7:総合評価

検証結果
独自に検証した結果、このような結果となりました。
購入する際の参考にしてみてください。

製品について

お問合せ・お見積りについて

お電話でのお問合せ

フリーダイヤル:0120-565-528

携帯電話の方:03-5650-3545

メールでのお問合せ

営業時間10:00~17:00

定休日土・日・祝