カーペットや床材の専門店 お部屋の大将 楽天市場店

カーペットや床材、窓回りの専門店 インテリアショップお部屋の大将 トップページへ移動 会社概要 お支払い・送料 利用規約 領収書発行 納期の目安 施工方法と採寸方法

インテリア通販専門店としてカーペットやフロアタイルなど床材、カーテンなど窓回り商品を特価販売しています。ネットショップ10年の実績。

ロールスクリーンの採寸方法、測り方

このページでは立川機工のロールスクリーンを例に採寸方法をご紹介します。オーダーメイドでお客様専用をお作りしますので必ず採寸方法をご確認の上、ご注文頂きますよう、よろしくお願いします。

ロールスクリーン採寸方法見出し
 

1.ロールスクリーン採寸方法の図説

窓枠内に取付ける場合と窓枠外に取付ける場合で採寸方法が異なるのでご注意下さい。
注文サイズは製品幅を指定します。側面図はこちらへ

ロールスクリーン採寸方法図説
 

2.ロールスクリーン詳細、注意事項

■窓枠内に取り付ける場合(天井付け)

 製品サイズは幅、高さともに窓枠の内側寸法から1cm程引いて下さい。

■窓枠を覆う場合(正面付け)

 製品サイズは窓枠の外側寸法を製品サイズとしてそのままご指定下さい。 ただし、スクリーン脇からの光の入射を出来る限り抑えたい場合は幅、高さともに大きめに(+4〜8cm)ご指定下さい。

■正面付け、天井付け選択のポイント

 窓枠の内側に付ける場合と、窓枠の外側に付ける場合があります。障害物がなければ、内側につけた方がじゃまにならないようです。ただし生地幅は製品幅より短いため、両サイドが少し空きます。これが気になる場合は枠の外側につける方法(正面付け)を選んで下さい。

■天井付け一つの窓に2台付ける場合

 単純に2台の幅の合計が、窓枠の内側寸法以下であれば問題ありません。

ロールスクリーン図説採寸方法

■カーテンボックスがある場合

 幅はカーテンボックスの内側寸法から1cm引いて下さい。ただし窓の幅と大きく違うときは、最小で窓枠の外側寸法と同じか、外側寸法+2cmぐらいでも構いません。高さはカーテンボックスから窓枠の下まで計って下さい。(上部にメカニック部分があるため、カーテンレールは外してロールスクリーンを付けます)

■カーテンレールに付ける場合

 外付けのレール(窓枠から部屋側に飛びだしているレール)の場合、巾は外側につける場合の計り方と同じです。レールが窓枠の内側についている場合は、内側に付ける場合と同じです。高さの基準はカーテンレール下からになります。

■別売りにテンションバー(突っ張り棒)に取付ける場合

テンションバーは窓枠の内々寸法-1cmをご指定頂きます。ロールスクリーンも窓枠の内々寸法-1cmを指定頂きますので、テンションバーとロールスクリーンのご指定頂く幅は同じになります。

当店はリンクフリーです。施工方法や取付方法も出典元としてリンクして頂ければ転載もOKです。