Pigeon 覚えておくと便利 赤ちゃんのおふろの入れ方

たとえ、一日中ねんねしている赤ちゃんでも、新陳代謝が盛んで汗や皮脂で肌が汚れています。
おしりまわりの清潔のためにも、毎日の入浴はかかせません。
きれいにしてあげるための、基本の洗い方をご紹介。
生後1ヵ月まではベビーバスで!

赤ちゃんの上手な洗い方

  1. 1準備

    <用意するもの>
    ・バスタオル ・ベビーバス 
    ・洗面器 ・湯温計 
    ・体を洗う柔らかいミニタオル 
    ・泡ソープ、泡シャンプー 
    ・ローションまたはクリーム

    • お湯の温度を確認。
    • 洗面器に上がり湯を用意。
    • 着がえやおむつも用意しておきましょう。
  2. 2赤ちゃんをベビーバスへ

    • 赤ちゃんの体温やごきげんをチェック。
    • 赤ちゃんの服を脱がせて裸にする。
  3. 3泡シャンプーを手に取り、頭を洗います

    • 赤ちゃんの頭を支え、手に取った泡シャンプーで頭を洗います。
    • 頭を洗うときは、つめを立てず、指の腹を使って。
  4. 4顔・身体を洗います

    • 赤ちゃんの表情を見ながら、泡ソープを手に取ります。
      手のひらに適量を取り、手でにぎりながら、やさしくすべらせるように使います。
    • 胸・おなかを洗いましょう。
    • 首やわき、足首のくびれなどは、しわを伸ばして。
    • おへそはやさしく、手のひらを忘れずに。
  5. 5背中・おしりを洗います

    • 赤ちゃんを、ゆっくりうつ伏せに。
    • 背中、おしりを洗います。おしりは念入りに。
    • あお向けにもどして股間を洗います。
    • 全身をお湯につけて流し、仕上げにきれいな上がり湯を。
  6. 6身体を拭きます

    • バスタオルにくるみ、押さえるようにして全身の水分を拭き取ります。
    • しわの間も忘れずに。
    • 汗が引いてから服を着せましょう。
    • おふろ上りにローションやクリームで、保湿しましょう。

※出典 ピジョンインフォ

おすすめ商品