検品基準

商品の検品と検品基準についてご購入前に必ずご確認ください。

弊社の陶磁器は一つ一つ手作りとなっており、製造工程上、個体差が必ず発生します。また、陶磁器の製造過程で「ピンホール」「鉄粉」「釉薬のムラ」などといった様々な現象も発生します。こういったものは器の「景色」「味」「表情」といって、器の個性として作品の一部として生かされているものもあります。

「できる限りお客様にきれいなものを」という気持ちでスタッフも検品をしておりますが、製造過程で器を重ねたりする際につく細かい擦り傷など、どうしても避けられないものもございますので、記載している検品基準をご了承の上でご注文、ご使用いただけたらと思います。

陶磁器の性質上、まったく同じ器は一つとしてないため、検品基準もそれを考慮した上で定めております。複数個ご注文された場合など、絵柄や色の微妙な違いを見つけることがあるかと思いますが、その器の個性としてお楽しみいただけましたら幸いです。

  • 漏れ、キズ

    製造の過程で細かい傷はつくことがあるため、細かいものや大きく目立たないものは良品としております。目立つものや使用に支障が出るものは不良品として扱っております。

    写真は製造時に器を重ねたことで付いたと思われる内側底部にあるキズ。少し大きめの傷と、その横にも細かい傷があります。写真では目立つよう撮っているのでかなり目立ちますが、実際だとほとんどわからないぐらい浅いものなので良品としていています。
  • 鉄粉・黒点

    陶土に元々ふくまれている鉄分が窯で焼かれることで酸化し、器の表面に出てくる状態です。わざと出るようにしている作品も多くあり、使用にも影響がないため原則として良品としています。

    黒い点がありますが、突起になってるわけでもないため触ってもわかりません。写真にあるような程度だと良品としています。
  • ピンホール

    生地についた有機物が焼かれ、小さな穴や凹みになるものです。基本的に使用に影響がない範囲であれば良品として扱っています。

  • 焼きムラ、色ムラ

    釉薬のかかり具合の違いや、窯の焼く場所の違いによって生じる温度の違いなどで、色ムラや色の違いが発生します。基本的にすべて良品として取り扱っています。

    絵柄は一緒ですが、色の濃さが若干異なっています。その他で問題はないため両方とも良品となります。
  • 絵柄のズレ、欠け、とび、にじみ

    絵付けは手作業となるため、まったく同じ位置に絵柄があることはありません。基本的にすべて良品として取り扱っています。

    同じ絵柄ですが、左側は少しずれている部分があります。大きく変わるものではないので良品としています。
    絵柄を付ける際に少しずれたことで、濃くなった部分や剥げてしまっている部分があります。基本すべて良品ですが、スタッフの裁量で不良品として弾くときもあります。
  • 突起物・付着物

    表面に塵や石などが付着して焼成され、突起物となっている場合があります。使用上問題のありそうなところにある場合(口の当たるところなど)や、刺さりそうなぐらい尖っている場合などは不良品として扱っています。
  • 釉薬の剥げ、垂れ

    釉薬が足りない状態で焼かれたことで、素地がやや見えてる状態や、逆に釉薬が多く垂れた状態で焼かれたことで、すこし釉薬が盛り上がっている場合があります。写真は2か所、垂れがあるものです。使用上問題がなければ良品としています。
  • サイズ誤差

    数ミリの誤差は必ず発生します。サイズが大きく異なる場合を除いては、すべて良品として取り扱っています。

  • がたつき

    うつわを置いた時に、釉薬たまりや素地の状態などによってがたつきが発生することがあります。使用上問題なければ良品としていますが、がたつきが大きいものは不良品として扱います。

  • 水漏れ

    しずく彫りは透明のガラス部分に不良がないか確認するため、専用の機器を用いて検品を行っております。器の内部を真空状態にし、内部の気圧変化を見て穴が空いていないかのチェックを行っております。

    1.商品を下向きに置く
    2.スイッチを押す
    3.器の中の空気が抜かれる
    4.10秒間維持 この間に気圧計に変化がないか確認
    5.気圧計に変化がなければ穴などは開いていない、気圧計に変化があれば穴が空いている可能性がある