輸入ブランド洋食器専門店

2本の剣-輸入洋食器専門店-

  1. ホーム
  2. 特集一覧
  3. おいしい紅茶の入れ方

おいしい紅茶の入れ方

ウェッジウッド

あたたかい飲み物がおいしい季節になりました。
今回、ティータイムをよりおいしく楽しく過ごせるよう、紅茶の入れ方についてまとめました。
少し時期はズレますがアイスティーの入れ方もご紹介しています。
既にご存知の方は、最後におススメのティーアイテムもご紹介しておりますのでお気に入りの食器をみつけてみてくださいね。

基本の入れ方~ゴールデンルール~

①汲み立ての水道水を使う

紅茶の味や澱、色を引き出すのは硬水よりも軟水です。
日本の水道水は、クセがなく、空気をたくさん含んでいて紅茶に適しています。
水分中に空気が多く含まれていると、ポットの中で茶葉がジャンピングしやすくなります。
(おいしい紅茶を入れるためにはジャンピングを 起こすことが大きなポイントです。)

②ポット、カップ、茶漉しは予め温めておく

冷めたまま使うとお湯の温度が下がり成分が抽出されないためです。

③茶葉を正確に測る

細かい茶葉の場合はティースプーンに軽く1杯(約2.5g)大き目の茶葉ならティーメジヤーに山盛1杯(約3g)を紅茶1杯分としてはかりましょう。味にぶれのないおいしい紅茶を淹れることができます。

④沸騰したお湯を使い蓋をして蒸らす

しっかり沸騰した熱湯を注ぎ、フタをして蒸らすことで、ポットの中の熱が逃げずに、茶葉がよくジャンピングして旨みを引き出すことができます。

おいしい紅茶の入れ方

やかんに汲みたての新鮮な水を入れ沸騰させます。
(5円玉くらいの泡がボコボコ出ている状態が目安です。)

予め温めておいたポットにティースプーン1杯(2,5~3g)を1人分として、 人数分の茶葉を入れます。
(お湯の量は茶葉がお湯を吸収するので杯数分よりやや多めにいれます。)

ティーポットにふたをして約3分蒸らします。
熱湯を注ぐとティーポットの中では茶葉がゆっくりと上下に動きます。
これは 「ジャンピング」と呼ばれ紅茶をおいしくするためには不可欠です。


蒸らし時間
細かい茶葉→3分よりやや短め
大きい茶葉→3分よりやや長めが最適です◎
蒸らし終えたらポットの中をスプーンで葉をおこすように軽く混ぜます。
温めておいた茶漉しを使ってこしながらカップに紅茶を注ぎます。
2杯以上の紅茶をいれる場合は各カップの紅茶の色が均一になるように「まわし注ぎ」をします そして最後の一滴まで注ぎ切ります。
「ベスト・ドロップ」 と呼ばれるこの最後の一滴が紅茶の味を引き締めるのです。


2杯以上入れる場合はまわし注ぎ

Point
1.お湯の量はホットの場合の半分に減らして、濃いめの紅茶をいれましょう。
2.蒸らし時間は、やや短めにしましょう。
3.甘みをつけたい場合は、グラスに注ぐ前のホット ティーの段階で、砂糖を加えましょう。
4.氷たっぷりのグラスに注いで一気に冷やしましょう。

温めたポットに人数分の茶葉、またはティーバッグを入れます。

沸騰したてのお湯をホットの場合の半量注ぎます。(2倍の濃さの紅茶をいれる)

フタをして、約2分蒸らし、茶漉しを通してたっぷりの氷(お湯と同量くらいの氷)が入った別のポットに移し一気に冷やします。
※甘みをつける場合は別のポットに入れる段階でグラニュー糖を溶かします。

紅茶が白濁してしまう為すばやく混ぜます。

グラスに注いで完成です。


やかんに汲みたての新鮮な水を入れ沸騰させます。
5円玉くらいの泡がボコボコ出ている状態が目安です。

温めておいたカップにティーバックをいれ、パッケージにかかれている正確な量のお湯を注ぎます。

蒸らします。
蒸らす時間は製品箱やティータグに記載されている抽出時間を参考にしてください。
ポットが無く、カップ&ソーサー、マグカップを使用する場合は、ソーサーやプレートをカップのふた代わりにして、しっかりと蒸らします。


ティーバッグを静かに数回振りそっと取り出します。
このとき激しく揺すったり、絞ったりすると味が悪くなります。

おすすめティーアイテム

ピオニー

飲み口が広く、香り、色、味がより引き立つ紅茶用カップの伝統的なシェイプです。
ピオニーの花のように 飲み口が広がっているのが名前の由来。
繊細な香りを楽しみたい紅茶に適したカップです。

商品ページをみる

Pick Up

リー

カップ リー

紅茶とコーヒー兼用のシェイプ。
同じカップで両方楽しみたいという方や、
プレゼントでお相手が紅茶とコーヒーどちらが好みかわからない際にもおすすめです。

商品ページをみる

Pick Up

マグカップ

マグカップ

コーヒー、紅茶共に普段使い用にカジュアルにご使用いただけます。
ブランドにより大きさ、形が様々です。

商品ページをみる

Pick Up

ティーポット

陶器は保温性に優れ味がまろやかになり、
磁器は紅茶の香りや味が染み付きにくいという特徴があります。

商品ページをみる

Pick Up

その他ティーアイテム

by uchi