H4Oって何?
H4Oとは不純物を取り除いた水に水素を溶かした水のことです。 水素結合水H4Oの学術名称は「水素含有水」です。H4Oは「特別な水」を作るための技術研究からではなく、「水素燃料電池」の研究・開発から水素の性質や特性を研究し、水に水素を多量に含ませる技術を確立したことから始まりました。

地球上にある物質の中でも最も質量の軽く小さい、最も優れた抗酸化物質である水素。酸化したものを元の状態に戻すという水素の力は大自然からの贈り物。近年、「活性酸素」による酸化=老化が各疾患の要因であると解明されつつあります。

溶存水素計DH-35Aによる計測では「水素結合水H4O」の溶存水素濃度は約1.500ppb。つまりミネラルウォーターに比べて約150万倍という極めて多い水素含有量が確認されています。
驚異的な働き
驚異的な酸化還元力は-600mv 溶存水素量はミネラルウォーターの約150万倍

水素の安定化が課題といわれている水素燃料電池の研究・開発から生まれた最先端高分子テクノロジーをベースに、人工的かつ安全に、最大限の「水素」を含む水を生成すること成功しました。

「水は酸素原子1個と水素原子2個で形成されている」という常識からすれば、それ以上に含まれる「水素」の安定性には疑問が生まれます。しかし、研究を重ねた結果、ある一定条件を満たす環境下では、水は酸素1対水素2以上の水素を抱えこむことが可能であるとわかりました。

つまり環境を整えれば、比較的安定した「水素」を多量に含む水をつくりだすことができるのです。
酸化還元力に優れています

切ったりむいたりしてしばらくたつと、切口が茶色に変色するバナナやりんご。
それは空気中の酸素により酸化された結果です。

酸素に触れたものは必ず酸化しています。
酸素が他の元素と結びつく反応を「酸化」といいます。逆に、きゅうりのように長時間切口が変色しない酸化しないものがあります。このように、酸素が水素と結びついて元素を酸化の前の状態に戻すことを「還元」といいます。これら酸化還元の能力を示す値に「酸化還元電位(mv)」という単位があります。この値が大きければ大きいほど酸化力が高く、小さければ小さいほど酸化力が低い(還元力が高い)ことを表します。「水素」を多量に含んでいる「水素結合水H4O」の還元電位は、-600mv。「還元能力」にとても優れていることがわかります。

もし、毎日プラス電位のものばかり食べていたら、どうなるでしょう?

バナナがすぐ腐るがごとく、私たちの体も腐ってしまうのです。反対に毎日マイナス電位を帯びた食べ物を食べると各機能が本来の役割を果たし、いつまでも生き生きと生きることができます。

「酸化」と「還元」
ここがポイント 「酸化」サビで腐っていくこと 「還元」生き生きとした新鮮な状態のこと よく「酸化」という言葉を耳にします。酸化とは、−電子が失われることを指し、その反対は「還元」です。
「還元」とは、−電子を受け取ることをいいます。簡単に言うと、次のようなことです。 還力は現代の食事からは十分に摂取できないから、食事とは別に補う事が必要。
1日に与える目安量 飲み始めはできるだけしっかり飲ませてあげるとよいです。1日1〜2本が目安ですが、飲み始めは多めでもいいです。猫や小型犬でお試しの方は30本セット、中型犬以上は、60本セットがオススメです。
H4Oの飲み方・保存方法
H4Oの飲み方
慣れるまでは、シリンダーやスポイトなどを使用して、お口の中に入れてあげたり、散歩中や散歩後などの、比較的水分を欲しがる状態の時に与えるのがいいと思います。
また、ペット皿は口が大きく空気にさらされる部分が多いので、できる限り1回で飲みきる量をこまめにあげるようにするといいでしょう。
保存方法
光と熱を避け、冷暗所にて常温保存可能ですが冷蔵庫での保管が一番適しています。(冷凍保存も可能です)開栓後は、お早めにお飲みください。また、飲みかけのものを保存する場合は、空気に触れないよう、パック内の空気を抜いてから、栓を締め保存してください。