レザーウォレットとシルバーアクセのブランド│エスファクトリー 楽天市場店

Tell:0120-315023│営業時間:10:00~19:00│毎週水曜日は定休日

カウレザー(牛革)

牛革は、皮革製品として供給量・美しさ・頑丈さなどの面で利用価値が最も高い皮革とされ、皮革の中でも代表的な革製品として使われています。

皮か革へと加工する「なめし」の仕方や、その後の処理などで様々な質感に変化しますので、同じ牛革でも多種多様な製品がございます。
※革は天然の素材ですので、1点1点模様、質感が異なります。

お手入れ

基本的には、何もせずとも使い続けて頂ければ自然な状態で経年変化が進むので、たまにオイルやクリーム等を塗って頂ければ良いと思います。

ですが、革は水気NGです。
水分が革の繊維の中に入っていくと、革が膨らんで柔らかくなります。
それを手入れせずそのままにしておくと、柔らかくなったことで型くずれを起こしたり、革の油分が抜けひび割れの原因になったりします。油分が抜けると汚れも付きやすくなり、色落ちやシミの原因にもなります。

濡れた場合はゴシゴシ拭いたりせず、乾いたタオルで叩くように水分を取ってやり、陰干しで時間をかけて乾燥させたあと、オイルを塗って油分を補充してやればずっと長く使えます。

天日干しの場合急速に水分が乾燥してしまいますのでお気をつけ下さい。

経年変化

革のなめしにより使い始めの硬さは異なりますが、どれも共通して使い込んでいくと柔らかくなり徐々にしっとりとした光沢が生まれてきます。
染色をしていないナチュラルは、徐々に日に焼けて綺麗なアメ色へと変わっていきます。

牛革 製品

牛革 製品はこちら

バッファロー 製品はこちら

シャークスキン(サメ革)

表面には細い網目状の凹凸があり、独特の質感をしています。
使い始めは、光沢が無くマットな雰囲気ですが、使い込むうちに徐々にツヤ生まれる経年変化を楽しめる素材です。その為、牛革ではシンプルすぎるが派手すぎる物も嫌だ、という方にオススメの落ち着いた素材です。

海水の塩で清められているという理由で、冠婚葬祭や品格を重んじる式典などでも使用できます。
※革は天然の素材ですので、1点1点模様、質感が異なります。

お手入れ

丈夫な素材ですので、基本的には特別なことをしなくても、その美しさは保持できますが、表面が乾燥してしまうとひび割れの原因になります。乾燥してきたらクリームやスプレーを使用しての手入れも効果的です。

牛革に比べ水には強いですが、濡れたまま放置したり湿気が多いと内側の牛革が劣化してしまいます。更には、カビが生えてしまったりしますので、濡れてしまった場合は陰干しで時間をかけて乾燥させ、オイルを塗って油分を補充させて下さい。気になる方はメンテナンス後防水スプレーなどをお使い下さい。

オイル等を塗る際は、凸凹の凹部分にオイルが入ってしまうと、せっかくの陰影がなくなってしまう場合が有るのでご注意下さい。

経年変化

先述したとおり、サメ革は特有の網目状の凹凸がありますので、使い込んでいくとこの凹凸に陰影が生まれてきます。物にもよりますが1ヶ月もお使い頂ければ変化が実感できるかと思います。

サメ革 製品

サメ革 製品はこちら

パイソン(ヘビ革)

存在感のある模様と独特の肌触りがパイソンの特徴で、ファッションのアクセントに重宝されています。
他の革製品に比べて、軽量かつ柔軟性があり根強い人気を誇ります。

ヘビ革にはパイソン(ニシキヘビ)、コブラ、などの種類が多く模様も異なります。また、同じ種類のヘビでも背中部分と、お腹部分では鱗の形が異なります。染色がしやすく様々な色の革が使われています。

お手入れ

基本的には、使っているうちは特にメンテナンスの必要はないかと思います。気になる方は、たまにブラッシングして、オイルやクリーム等を塗って頂ければ良いと思います。

水気を嫌うため、極力濡らさないようにご注意ください(雨や汗)。
万が一濡れてしまった際には、すぐに水分をティッシュや乾いた布等に染み込ませ、陰干しし乾燥させてください。シミのようになった場合でも、時間を置くと目立たなくなる場合があります。

直射日光やドライヤーを当てることは、絶対に避けてください。急速な温度変化は緻密な繊維構造を持つパイソンレザーを変質させてしまう恐れがあります。

経年変化

見た目から、鱗が剥がれてしまいそうと良くお問い合わせいただきますが、その心配はございません。使い始めは鱗が立っていてザラザラとした感触がありますが、徐々に鱗がペタッと寝てきます。最終的にさわり心地がツルツルとしたものへと変わります。

ヘビ革 製品

ヘビ革 製品はこちら

スティングレー(エイ革)

昔から、『海の宝石』と呼ばれて高級皮革素材として珍重されています。非常に硬くて光沢感があり、まるでガラスビーズを一面に敷き詰めたような細かい突起が特徴的な革です。

主な主成分は、人間の歯と同じ成分のリン酸カルシウムなので、とても丈夫です。

エイの『背中の中心部分』には、白い斑点状の光を感知する第三の目があって『スターマーク』と呼ばれています。このスターマークは、エイ革一匹に一箇所しかなく、製品に加工する際は、この部分を目立たせるデザインが人気です。

S'FACTORYでは、基本的にポリッシュ加工をしたものを使用しています。これは表面の細かい突起を丁度半分くらいの所まで研磨することで、より光沢を出す加工方法です。ツルツルとした触り心地が特徴です。

お手入れ

エイ革の革質は非常に硬いため傷もつきにくく、水にも強い皮革素材のため基本的に手入れは必要ありません。
しっかり水を絞った布で優しく拭く程度のメンテナンスで綺麗なままお使いいただけます。

経年変化

先述の革質の為、変化は殆どありません。エイ革は変化を楽しむというより、使い始めの状態を長く楽しんで頂くための素材となっています。

エイ革 製品

エイ革 製品はこちら

リザード(トカゲ革)

トカゲ革は、同じ爬虫類のワニ革と比較しても遜色のないツヤと気品さがあり、トップブランドからもプレミアムレザーとして扱われ、トカゲ革のバッグが毎年のようにリリースされています。

細かいウロコ状の模様が特徴で、見た目のインパクトが控えめなのがポイントです。なんといっても光沢感と模様は他にはない気品を感じることが出来ます。

お手入れ

トカゲ革は水気NGです。

濡れてしまうと光沢が無くなってしまうこともあり、色落ちの原因にもなりますのでお気をつけ下さい。
万が一濡れてしまった際には、すぐに水分をティッシュや乾いた布等に染み込ませ、陰干しし乾燥させてください。シミのようになった場合でも、時間を置くと目立たなくなる場合があります。直射日光やドライヤーを当てることは、絶対に避けてください。

日々のメンテナンスとしてはブラッシングや、乾いた布で磨くだけで、その美しさは保持できます。

経年変化

使い始めのギラギラとした光沢が徐々に落ちてきて、革本来が持つしっとりとした光沢へと徐々に変化します。触り心地も、見た目の変化とともに手に馴染むような不思議な感触へと変わっていきます。

トカゲ革 製品

トカゲ革 製品はこちら

クロコダイル(ワニ革)

爬虫類皮革の代表的なものが、言わずと知れたクロコダイル(ワニ革)です。

ワニ革は、お腹部分と背中部分では全く異なる印象を受ける素材です。お腹部分は高級バッグやベルトなどに使われる、気品溢れる見た目。
背中部分はまるで恐竜のようなゴツゴツとしたワイルドな素材です。

水生生物であることから、水に強そうと思われがちですが、実は水に強いわけではないので天気が雨の時などは水濡れに注意が必要です。

お手入れ

基本的に水気NGです。万が一濡れてしまった際には、すぐに水分をティッシュや乾いた布等に染み込ませ、陰干しし乾燥させてください。シミのようになった場合でも、時間を置くと目立たなくなる場合があります。直射日光やドライヤーを当てることは、絶対に避けてください。

日々のメンテナンスとしてはブラッシングや、乾いた布で磨くだけで、その美しさは保持できます。

経年変化

使い込むうちに少しずつ内包された油脂分が浮かび上がり、ツヤが出てくる過程を楽しめます。背中部分は丈夫ですのでガシガシお使いいただいても問題ないかと思いますが、お腹部分を使っているものに関しましては、キズ等が目立ってしまうので丁寧にお使い頂いた方が良いかと思います。

ワニ革 製品

ワニ革 製品はこちら

エレファント(ゾウ革)

ゾウのイメージ通り丈夫さが特長です。
耐久性に非常に優れており、摩擦にも強いので取り扱いしやすく長く使っていくことができます。

マットな質感でベロアの様に起毛感がありますが、使い続けるうちに落ち着きツヤが出て経年変化を楽しめます。
特有のシボの風合いも特徴となっており、他の素材にはない雰囲気を感じることができます。落ち着いた雰囲気が好きな人に向いているかもしれません。

お手入れ

基本的に水気NGです。万が一濡れてしまった際には、すぐに水分をティッシュや乾いた布等に染み込ませ、陰干しし乾燥させてください。シミのようになった場合でも、時間を置くと目立たなくなる場合があります。直射日光やドライヤーを当てることは、絶対に避けてください。

日々のメンテナンスとしてはブラッシングをして頂くだけで、その美しさは保持できます。

経年変化

先述の通り、耐久性に非常に優れています。ですので、他の素材に比べて変化していく速度は遅いです。ゆっくりと時間を掛けてお使いいただき、数年たったくらいに起毛感がなくなり、ツヤがはっきりと感じ取れるかと思います。

ゾウ革 製品

ゾウ革 製品はこちら

ブラス(真鍮)

銅と亜鉛の合金で、特に亜鉛が20%以上のものを真鍮と言います。この配合により色味が金色~赤褐色へと変わることがあります。

身近なところで、五円硬貨に使われている素材です。

アンティークのような控えめな光り方をして、家具や建材にも多く使用されることが多い金属です。

お手入れ

雨や汗などで濡れるとまれに緑青(サビ)が発生することがございます。

その際はブラシで磨くなどしてメンテナンスを行って下さい。また、くすみが気になる方はホームセンターなどにある、真鍮磨き用のクリーム等で磨いて頂ければ光沢が増します。燻を掛けているものに関しましては、強く磨いてしまうと燻も一緒に落ちてしまいますのでご注意下さい。

真鍮 製品

真鍮 製品はこちら

キュプロニッケル(白銅)

銅とニッケルの合金で、ニッケルが10%から30%含むものを白銅と言います。この配合により色が銀色~金色へと変わることがあります。

身近なところで、100円、50円硬貨に使われている素材です。

強い耐食性を持ち、耐海水性も持ち合せていることから、船舶関連の部品に多く使用されています。

お手入れ

くすんできたら市販の真鍮磨き用のクリーム等で磨いて頂ければピカピカの光沢に戻ります。燻を掛けているものに関しましては、強く磨いてしまうと燻も一緒に落ちてしまいますのでご注意下さい。

白銅 製品

白銅 製品はこちら

Silver925(銀)

アクセサリーに使われることの多い素材です。

925という数字は銀の含有率(純度)のことで、92.5%のシルバーが含まれていることを表します。これは、銀の性質上100%で作ると柔らかくなりアクセサリー等には不向きだからです。その為、銅などの他の金属を混ぜて合金にして強度を強くしています。

お手入れ

くすんできたら市販のシルバークロスなどで磨いて頂ければピカピカの光沢に戻ります。燻を掛けているものに関しましては、強く磨いてしまうと燻も一緒に落ちてしまいますのでご注意下さい。

Silver925 製品

Silver925 製品はこちら

PAGE TOP