稲刈り間近

母袋もようやく稲刈りの季節になりました。

有機+鯉農法の小次郎田は、周りの田んぼよりも少し成長が遅かったようですが
見事にお米が実りました。


有機、無農薬農法というのは、やってみると解りますが、見た目とか収量をあまり気にしなければ
案外簡単にできる物です。


ただし!
雑草だけは、本当に大変で、夏は草刈りに明け暮れる日々。。。

それも見た目を気にしなければ、何とかなるものだ と今年1年間やってみてよく解りました。


こちらは古代米の紫米です。



四つ葉のクローバーもクッキリ♪です


稲刈りは、10/14に地元の皆さんに協力して頂いて
盛大に行う予定です。




耕作放棄地の整備も、かなり進みました。


作業をしていると、黒ラブのリーフと、小次郎が
 ストーカーのように必ず横で監視しています。







最近2人は、仲がいいのですが、、、














小次郎の頭が無くなってしまいました。

by たかやなぎ母袋のたかちゃん

特集ページへ戻る
スキンケア素材の生産地と農家さんのご紹介
ヘチマ収穫 月桃農園 視察レポート ネオナチュラルを支える素晴らしい生産者 自慢人