日蓮宗
お数珠の選び方と
持ち方と豆知識

お数珠は、お葬式や法事、
お墓参りの時に手にする
最も身近な仏具でございます。

常にお数珠を持って仏様・ご先祖様に手を合わせれば、人間が持つ108個の煩悩が消滅し、有難い功徳を得られるといわれています。お数珠は合掌する手に掛け、仏様・ご先祖様と心と心を通い合わせる大切な法具で、日本人にとって忘れてはならない必需品でございます。日本の仏教には様々な宗派があり、それそれ異なるご本尊や教えがあり、お数珠も宗派によって違いがあります。ご自身の宗派がある場合は、ご先祖さまから受け継がれた宗派の信仰を尊重し、ご自身の宗派の「本式数珠」を持たれる方が多くいらっしゃいます。

こちらでは、日蓮宗のお数珠の持ち方や選び方など、日蓮宗のお数珠の豆知識をご紹介いたします。

日蓮宗のお数珠とは

日蓮宗のお数珠とは、日蓮宗のお客様だけがお使いいただける、正式なお数珠のことでございます。男性用数珠と女性用数珠がございます。日蓮宗のお数珠には大きく分けて、「勤行数珠」「装束数珠」の2種類がございます。

一般の檀家様・信徒様は、「勤行数珠」を、僧侶の方は、普段にお使いの場合は「勤行数珠」、法要などの儀式の際には「装束数珠」を持たれることもございます。日蓮宗のお数珠は、人間の持つ煩悩の数と同じ108玉でできております。108個つなげたお数珠を持つことにより、煩悩を消し去り、身を清めるご利益があると言われています。また、2つの親玉は、「釈迦如来」と「多宝如来」を表し、それを取り囲む天玉(四天)は、上行菩薩、無辺行菩薩、浄行菩薩、安立行菩薩の四菩薩、あるいは、持国天、増長天、広目天、多聞天(毘沙門天)の四天王という解釈がございます。その為、日蓮宗では、本式数珠を持つことが檀家様、信徒様の心得とされており、本式数珠を持たれている方が多くいらっしゃいます。

日蓮宗のお数珠の通販

日蓮宗のお数珠の名称と形

一般的に使用される日蓮宗のお数珠の形は、主玉108個からなる二重タイプでございます。主玉が108個、親玉が2個、天玉が4個に、浄名玉が1個、弟子玉が20個、露玉が4個、数取玉が10個に、梵天房が5個ついています。親玉から7つ目と、21個目に天玉があります。日蓮宗のお数珠は二つある親玉から、房が2本出ている方と3本出ている方がございます。
2本出ている方の親玉は、「釈迦如来(釈迦牟尼)」を表し、3本出ている方の親玉は、「多宝如来」を表すと言われています。房が3本出ている方の1本だけ短い房が付いているものは、玉が10個ついており、「数取玉」と呼ばれ、日蓮宗独特の形でございます。日蓮宗のお題目、「南無妙法蓮華経」を唱える際、数を数える為に用いられ、10回繰ったら、約1000回のお題目を唱えたことになると言われております。

【主玉(108個)】×【親玉(2個)】×【四天玉(4個)】×【数取玉(10個)】=約1,000回

日蓮宗のお数珠の名称と形

日蓮宗の数珠の持ち方・使い方・作法

お題目を唱えるときや、回向をするときは、房が3本出ている方を左手の中指に掛け、一度ひねってから、房が2本出ている方を右手の中指に掛け、手を合わせます。普段、合掌する時は2重にして左手に持ち、数珠を両手で挟むようにして手を合わせます。特に念を込めるときには、両手に掛けることもあります。移動の際など、普段、手に持つ時は、二重にして左手に持ちます。

*

お題目を唱えるときや、回向をするときは、房が3本出ている方を左手の中指に掛け、1回ひねってから、房が2本出ている方を右手の中指に掛けます。

*

房を外側に垂らし、

*

そのまま手を合わせます。

*

合掌する時は、二重にして左手に掛け、

*

房は下に垂らします。

*

移動の際など、普段、手に持つ時は、左手で軽く握って持ちます。

※ただし、流派やお師匠様によって教え方が異なるようでございます。ご自身の流派に沿ってお使いいただければと思います。

日蓮宗のお数珠の選び方

お数珠はお客様のお好みでご自由にお選びいただけます。お数珠には沢山の種類がありますが、素材・ご予算・色・玉サイズなどからご自由にお選び頂けます。男性の方は主に「尺寸サイズ」と「尺二サイズ」、女性の方は「8寸サイズ」からお選びいただく方が多いです。

「これいいな。」と思ったお数珠や「この素材が気になる・・・」というお客様の直感を大切にお選びされることをおすすめしております。お数珠は何度も買い替えるものではなく、一度買えば、房や中糸を修理することで、何十年ももちます。気に入ったお数珠をお選び頂き、永く大切にご愛用頂くことが良いと考えております。気になる素材でご用意がない場合、お作りできる素材もございますので、お気軽にお問い合わせください。

日蓮宗のお数珠の素材

日蓮宗のお数珠の素材には、天然木を使用した木製のお数珠と、艶やかな輝きが美しい天然石を使用したお数珠があります。

天然木・木製素材の日蓮宗のお数珠

木製素材は、使えば使うほどに玉の表面に艶が出来たり、趣のある色合いに変わったり、素材の風合いの移り変わりをお楽しみいただくことが出来ます。主な素材としては、黒檀(こくたん)、紫檀(したん)、正梅(しょううめ)、栴檀(せんだん)、菩提樹(ぼだいじゅ)などがあります。香木には、白檀があり、香りには心身をリラックスさせる効果があると言われています。木製素材のお数珠の中でも有名なのは、菩提樹でございます。お釈迦様が菩提樹の木の下で悟りを開かれたことから、有名になりました。その為、菩提樹の数珠は他の素材に比べ尊ばれ、経典にも「無量の福、最勝の益」を得ると説かれています。菩提樹の種類としましては、星月菩提樹(せいげつぼだいじゅ)、天竺菩提樹(てんじくぼだいじゅ)などの種類がございます。

天然石・貴石素材の日蓮宗のお数珠

天然石素材のお数珠は、艶やかな表面の輝きと、様々な色合いの素材が魅力的でございます。天然石には、それぞれの石の持つ効力・意味があり、意味合いからお数珠を探される方も数多くいらっしゃいます。男性には、仕事運や勝負運アップで有名な虎目石・青虎目石が人気の素材で、女性には、女性らしい色合いのローズクォーツや藤雲石などが人気の素材でございます。その他にも、本水晶・オニキスは、定番素材として、男性、女性共に人気がございます。

天然木と天然石が入った日蓮宗のお数珠

お数珠に使用されている素材が、全て天然木、全て天然石のものもございますが、天然木と天然石の両方が入ったお数珠もございます。どちらの素材の良い部分を併せ持っており、また、天然石がアクセントとなり、大変人気がございます。

日蓮宗のお数珠の品質

お数珠の品質は、「素材の品質」、「加工の品質」、「仕立ての品質」により異なります。この3つの品質が全て揃ったとき、とても素晴らしいお数珠になります。「素材の品質」は、素材の特性により異なりますので、全て同じ品質でというわけにはいきません。色の均一さ、その素材のランク・稀少性、美しさにより変わってきます。「加工の品質」は、通し穴加工と研磨加工です。通し穴は、素材の真ん中に真っ直ぐに通っており、通した糸が切れにくい仕上げになっていることなどが品質の良い加工です。さらに、研磨技術が優れており、美しい磨き加工で有名な、山梨県甲府で磨き上げられた玉は、海外加工のものとは違い、本当に美しい光沢と輝きがございます。「仕立の品質」は、数珠の本場、京都で認められた職人が作る本物の京念珠であることかどうかで左右されます。

当店のお数珠は本物の「京念珠」でございます。仕立ての丁寧さ、中糸の切れにくさ、なによりもお数珠の作りが海外製品のものや、京念珠ではないものと全く違う美しさがございます。その為、品質の高いお数珠になってきますと、価格も上がってまいります。

日蓮宗のお数珠の値段

お数珠のお値段は、6,000円台のお数珠から10万円を超えるお数珠まで、豊富にございます。お値段が高ければ良い数珠というのではなく、基本的にお数珠のお値段は、素材の稀少性により変わります。お客様のご予算の中から、お気に召していただいたお数珠をお選び頂ければと思います。

日蓮宗のお数珠の手入れ・保管

お数珠の素材が汚れたり、くすんできたな、と感じられましたら、眼鏡ふきなどの柔らかい布を使って優しく吹いてください。菊梵天房のお数珠をお持ちの方で、万が一、房に癖がついてしまいましたら、お鍋にお湯を沸かし、湯気が出てきたらその蒸気にあて、丸く形を整えるように房を撫でていただくと綺麗に戻ります。

また、お数珠をお持ち歩き頂くときは、素材に傷がつかないように、お数珠袋に入れて頂くことをおすすめしております。ただし、お数珠をお数珠袋に入れたまま保管いたしますと、 房に癖がつきやすくなります。お数珠をご自宅で保管される際には、専用の箱に入れ、形を綺麗に整えた状態で保管して頂くか、お数珠掛けにかけていただくことをおすすめします。

*

細かい毛玉からなる、菊梵天房

日蓮宗のお数珠の修理・メンテナンス

お数珠も長年ご愛用頂きますと、大切にお使い頂いても、お数珠の「中糸」と「房」は痛んでしまいます。「お数珠が切れると縁起が悪い。」とよくおっしゃられますが、そんなことはございません。

大切な数珠を修理して、再びご愛用頂くことはとても素晴らしいことでございます。お修理の際に、房の色を変更し、以前とは違った雰囲気を楽しまれるお客様もいらっしゃいます。お手元で眠っている大切な数珠をぜひお修理にて甦らせてあげて下さい。お数珠のお修理に関しましては、お電話・メールにて、お気軽にご相談下さい。

日蓮宗について

本山 久遠寺(山梨県)
開祖 日蓮聖人
本尊 大曼荼羅
経典 妙法蓮華経(法華経)
題目 南無妙法蓮華経
久遠寺(本堂)

久遠寺(本堂)

久遠寺(三門)

久遠寺(三門)

日蓮聖人

日蓮聖人

日蓮宗系の宗派

日蓮正宗、法華宗、受不施派、不受不施派(悲田派・恩田派)、本門佛立宗など

由来

日蓮宗は、日蓮聖人によって鎌倉時代に開かれた、日本の仏教宗派の一つでございます。日蓮宗の開祖である日蓮聖人は、妙法蓮華経(法華経)を釈迦の教えとして選び、深く信じ生涯を通して実践されました。

開祖・日蓮聖人について

鎌倉時代の僧で、安房の国(千葉県)の出身で、諡号は立正大師。11歳の時に、勉学のために清澄寺へ入り、16歳の時に正式に出家し、そののち、高野山などで数多くの経典や書物から学び、「妙法蓮華経(法華経)こそが釈迦の教え。」とし、すべての人々を救うことのできる最高の経典であると確信されました。

教えの特徴

日蓮聖人は、祈りのかたちとして、妙法蓮華経というお経の題名、すなわちお題目、「南無妙法蓮華経」を唱え、祈ることにより、仏様のお慈悲により、私たちの過去の罪や過ちを消し去り、成仏することができ、仏の境地に導こうとするお釈迦様の功徳を受けることができると言われています。

経典

膨大な数の経典がございますが、日蓮聖人は「法華経」が唯一の根本経典であるとしています。正式名称は「妙法蓮華経」でございます。

宗派の流れ

日蓮宗は日本の仏教宗派の中でも分派の多い宗派のひとつでございます。日蓮聖人の没後、6人の老僧を中心にして拡大していきましたが、師弟の繋がりにより、浜門流(日昭)、池上門流(日朗)、四条門流(日像)、六条門流(日静)、身延門流(日向)、富士門流(日興)、中山門流(日常)などの門流に分かれ、たがいに異なった秘伝・法門を相続し、ときには門流の対立から分派もみられたそうです。その為、今日の日蓮宗の教えや作法は、各門流によって異なりますので、ご自身の門流の教えをご参考にして頂ければと思います。

主な寺院

・総本山
久遠寺 (山梨県)

・大本山
東京都:本門寺【通称:池上本門寺】
千葉県:誕生時・法華経寺・清澄寺
静岡県:本門寺【通称:重須本門寺】
京都府:妙顕寺・本圀寺

・本山
京都府:明覚寺・立本寺
静岡県:佛現寺・実相寺
神奈川県:龍口寺
新潟県:根本寺・妙照寺
※その他、多数ございます。

日蓮宗は日本の仏教宗派の中でも分派の多い宗派の一つでございます。その為、今日の日蓮宗の教えや作法は、各門流によって異なりますので、ご自身の門流の教えをご参考にして頂ければと思います。

日蓮宗のお数珠のよくあるご質問

日蓮宗の本式数珠を持って、違う宗派の方の葬儀・法事に参列しても良いのでしょうか?
日蓮宗とは違う方の法事やご葬儀に参列される場合でも、日蓮宗のお数珠を持ってご参列いただいて問題ございません。ただ、気にされる方は、お身内関係でお数珠を持つときは「日蓮宗の本式数珠」を使い、それ以外では「略式数珠」をというように、「本式数珠」と「略式数珠」の両方をお持ちいただいて使い分ける方も多くいらっしゃいます。
「日蓮宗の本式数珠」にしようか、「略式数珠」にしようか悩んでいます。どちらがよいですか?
ご自身のお家で、必ず本式数珠を持たなければならない、という決まりがなければ、特に本式数珠にこだわる必要がないかもしれませんが、折角、ご自身の宗派があるのであれば、ご先祖さまから受け継がれた宗派の信仰を尊重し、「日蓮宗の本式数珠」を持たれる方が良いのではないかと思います。
日蓮宗のお数珠を買うときは、白色の房しかいけないと聞いたのですが?

日蓮宗では特に房色の決まりはございませんが、各々が所属される流派によって異なり、「白色の房」でなければならない場合もございます。当店のお数珠も、房色のご変更は可能でございますので、ご自身の流派やお寺様、ご家族、お身内の方にご確認の上、お選びいただければと思います。

日蓮宗の装束数珠を探しています。お取り扱いはありませんか?

現在、お取り扱いはございませんが、お作りさせて頂くことは可能でございます。ご希望の素材と共にお問い合わせいただければと思います。

男性用の尺二サイズ、女性用の8寸サイズってどの部分の長さですか?

日蓮宗のお数珠の長さの測り方は、お数珠を1重の状態に広げていただき、ピンッと張った状態で、親玉から親玉までの長さを測ります。男性用の尺二サイズは、正式には「一尺二寸」という大きさになり、略して「尺二サイズ」と読んでおりますので、長さは約36cmとなります。女性用の8寸サイズは、約24cmとなります。
ただし、男性用数珠、女性用数珠、共に主玉は108玉ございますので、その時々の加工の状況で、ひと玉の大きさがコンマ何ミリかの誤差でも、108玉つなげますと、輪の長さは数センチ変わってまいりますので、あくまでも目安として頂ければと思います。

8寸と尺二の比較

測る位置は、親玉の通し穴から、向かい側の親玉の通し穴までとなります。

おすすめの日蓮宗のお数珠

日蓮宗 数珠 男性用

尺寸サイズ

尺二サイズ

日蓮宗 数珠 女性用

8寸サイズ

尺寸サイズ

高級素材の日蓮宗のお数珠

男性用

女性用

ページ上部へ