2020年2月

  • 商品番号:AAM-7

    AAM Records

    ヘンデル(1685-1759)
    ブロッケス受難曲 HWV 48 詳細ページ
    [リチャード・エガー(指揮) エンシェント室内管弦楽団・合唱団 他]

    発売日:2020年02月28日

    CD 3枚組 価格:4,650円(税込、送料無料)

    Gramophone Magazine誌 2019年11月 Editor's Choice!ドイツの文筆家バルトルト・ハインリヒ・ブロッケス(1680-1747)。彼が書いたイエスの受難のテキストは18世紀に高い人気を誇り、ヘンデルをはじめ、ラインハルト・カイザーやヨハン・マッテゾン、ゲオルク・フィリップ・テレマンらの作曲家が彼の詩を用いて受難曲を作曲、1719年にはこの4作品が相次いで演奏された記録が残っています。またJ.S.バッハも「ヨハネ受難曲」のいくつかの楽章でブロッケスの詩を用いています。 前述のとおり、ヘンデルも1716年頃にこのブロッケスの詩による受難曲を作曲しており、これは彼の生涯唯一の受難曲であるとともに、イギリス時代のヘンデルとしては珍しくドイツ語で書かれた声楽作品であることでも知られています。ただし、残念なことにドイツとロンドン間での楽譜送付のトラブルのため自筆原稿が失われてしまったこともあり、作曲された経緯などはあまりわかっていません。 2017年から2019年にかけてエンシェント室内管弦楽団(AAM=アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック)はこの作品に取り組み、その集大成となったのが、2019年の聖金曜日にロンドン、バービカン・ホールで開催された“「ブロッケス受難曲」初演300周年記念”の演奏会でした。エリザベス・ワッツ、ロバート・マレー、ティム・ミードを始めとしたバロック作品に定評のある歌手を起用し、リチャード・エガーの指揮による素晴らしい演奏がこのアルバムに収録されています。 演奏の素晴らしさもさることながら、とりわけ話題となったのがこの演奏に使用された、2年間の学術研究による「15の手稿」を取り込んだ新校訂版でした。この手稿は5か国、8つの都市の図書館のコレクションに所蔵されていたものを集め、ヘンデルの研究者であるルース・スミスをはじめ、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学、キングスカレッジロンドンの研究者、音楽学者たちの協力を得て、ようやく演奏可能になったものです。これまで「ブロッケス受難曲」の演奏では1965年に出版された版が用いられてきましたが、この50年の間にヘンデルに関する研究が飛躍的に進歩し、ブロッケス受難曲についても次々に新しい原稿の存在が明らかになり、今回の新校訂版を作成するというアイデアが生まれました。もちろん発見された譜面をそのまま演奏するのではなく、既存のものと比較し、どれを採択するのが一番ふさわしいのかを議論しなくてはいけませんでした。優れたオーボエ奏者でもあるレオ・デュアルテは、エンシェント室内管弦楽団の音楽監督リチャード・エガーとともに、数多くの協力者の力を得て、この新校訂版を創り上げました。 アルバムには220ページのブックレット(英語)が付属。全ての曲の歌詞はもちろん、新校訂版が出来上がるまでの過程や、追加曲目の研究結果、ブロッケス受難曲が辿った経緯なと興味深い記事を始め、作品からインスパイアされた現代絵画が掲載されており、現在の「ブロッケス受難曲」における決定的なガイドとなっています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CDR90000190

    Cedille Records

    スペインとイタリアの想い出
    ヴィヴァルディ/ボッケリーニ/
    カステルヌオーヴォ=テデスコ/
    トゥリーナ:

    ギターと弦楽四重奏のための作品集 詳細ページ
    [シャロン・イズビン(ギター)/パシフィカ弦楽四重奏団]

    Chamber Music (Guitar Quintet) - BOCCHERINI, L. / CASTELNUOVO-TEDESCO, M. / TURINA, J. (Souvenirs of Spain and Italy) (Isbin, Pacifica Quartet)

    発売日:2020年02月28日 NMLアルバム番号:CDR90000-190

    CD 価格:2,025円(税込)

    グラミー賞受賞者であるパシフィカ弦楽四重奏団と、世界的ギタリスト、シャロン・イズビンの共演!弦楽四重奏とギターという珍しい組み合わせによる、スペインとイタリアの作曲家による作品集。 ほとんど耳にすることのない秘曲、カステルヌオーヴォ=テデスコのギター五重奏曲は、セゴビアのために書かれた、非常に高い技巧が要求される難曲。ヴィヴァルディのリュート協奏曲ニ長調RV93は、ここではプホールの編曲による「ギター協奏曲」として演奏されており、瞑想的な第2楽章(ラルゴ)での、イズビン独自の極上な装飾音が印象的です。ボッケリーニの五重奏曲は、18世紀ウィーンの古典的なスタイルにフラメンコ風の趣きが加わった作品。そしてトゥリーナの「闘牛士の弔辞」からはプライベートで静かな祈りが聞こえてきます。

  • 商品番号:CVS019

    Château de Versailles Spectacles

    『愛の気まぐれ』
    1600年前後、メディチ宮でのオペラの誕生
    詳細ページ
    [ピグマリオン(古楽器使用)、ラファエル・ピション、レア・デザンドル、エヴァ・ザイシク(ソプラノ)、リュシル・リシャルド(アルト)、ダヴィ・コルニロ、エミリアーノ・ゴンサレス・トロ、ザッカリー・ワイルダー(テノール)、ニコラ・ブローイマンス(バス)]

    発売日:2020年02月28日

    DVD日本語字幕なし 価格:3,975円(税込、送料無料)

    ピションが描く、『オルフェオ』に先行するオペラの始まりルネサンス以降、フィレンツェのメディチ宮で行われる様々な出し物は、その豪華さでヨーロッパ中に有名なものでした。それらの幕間では音楽と詩を組み合わせた質の高い劇が行われ、イタリア・オペラの土台が築かれたといえるでしょう。これを受け継ぎ、さらに深い表現と内在的な美しさ、高い完成度で組み上げられたものが、1607年にモンテヴェルディが作曲した『オルフェオ』です。今回ピションは1600年頃の音楽から特に華麗なものを選び、当時メディチ宮で行われた幕間劇を再現することを試みています。さらにはヴェルサイユ宮殿の鏡の間で収録されたことで、さながら当時の栄華の只中にいるような感覚を味わうことの出来る、素晴らしい作品となっています。 一般に音楽史をひもとくと、1600年前後にフィレンツェの芸術同人会カメラータがオペラを誕生させ…と語られますが、本作はそれよりもさらに手前、1589年に行われたメディチ家の結婚式での音楽幕間劇『ラ・ペッレグリーナ』まで時間を遡り、オペラ前史が16世紀もかなり早い段階から始まっていたという前提でプログラムを構成、モンテヴェルディはオペラ史がかなり展開したあと登場したことを示す選曲にしている点が注目です。そうしたオペラ誕生の物語をライヴ映像で確認できる好企画です。

  • 商品番号:GRAM98008

    Gramola Records

    ピ=シェン・チェン
    シューベルト(1797-1828)を弾く
    (ピアノ・ソナタ 第7番・第16番-第20番) 詳細ページ
    [ピ=シェン・チェン(ピアノ)]

    発売日:2020年02月28日

    CD 3枚組 価格:3,525円(税込、送料無料)

    台湾で生まれ、ドイツを拠点に活動するピアニスト、ピ=シェン・チェン。彼女の音楽生活はおよそ半世紀に渡りますが、レパートリーの主となるのはシュトックハウゼン、ブーレーズ、ケージなどの現代作品で、これらにおける彼女の解釈は後進ピアニストたちの模範となっています。 もちろん古典派、ロマン派の作品も得意としており、この3枚組のアルバムでは、彼女が心から愛するシューベルトのソナタを披露。20歳の作品である「第7番」以外は晩年の作品で、ベートーヴェンやハイドンの伝統を受け継ぐシューベルトのピアニズムを解き明かしながら、その内面世界を丁寧に描き出していきます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-50062

    NAXOS

    アンドラーシュ・シフ
    BBCプロムス2018 ライヴ
    J.S.バッハ(1685-1750)
    平均律クラヴィーア曲集 第2巻 BWV 846-893(全曲) 詳細ページ
    [アンドラーシュ・シフ]

    発売日:2020年02月28日

    Blu-ray国内仕様 日本語解説付き 価格:3,960円(税込、送料無料)

    巨匠アンドラーシュ・シフの平均律ライヴ映像、第2巻が登場!2018年のプロムスで行われたシフによるバッハ「平均律 第2巻」全曲ライヴが、2017年の「第1巻」に続き映像で登場します。80年代を中心にバッハの鍵盤作品を体系的に録音し、モダン・ピアノのみならずフォルテピアノを用いたシューベルトの録音などでも高い評価を得ているシフ。バッハという作曲家とピアノという楽器を多角的に手中に収めている彼なればこその、ペダルを基本的に使わずスタインウェイを豊かに響かせる、たいへん美しい演奏を聴くことが出来ます。 練習曲集の色彩が強い第1巻から約20年を経て出版された第2巻は、音楽的にも作曲技法的にも高度で先進的な作品となっており、先にリリースされた第1巻にも増してシフの深い作品理解がより生きた演奏内容となっています。プロムスというお祭りの場でありながら、前年の公演の素晴らしさもあってか大きな期待と感動に包まれた会場の様子もまた、たいへん好感の持てるものです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-50068

    NAXOS

    ウェーバー(1786-1826)
    歌劇『オイリアンテ』Op.81 J.291 詳細ページ
    [ジャクリーン・ワーグナー(ソプラノ)、ノルマン・ラインハルト(テノール)、テレサ・クロンターラー(メゾ・ソプラノ)、アンドリュー・フォスター=ウィリアムズ(バス・バリトン)、シュテファン・ツェルニー(バス)、エーファ=マリア・ノイバウアー、アルノルト・シェーンベルク合唱団、コンスタンティン・トリンクス(指揮)ウィーン放送交響楽団]

    発売日:2020年02月28日

    Blu-ray国内仕様 日本語解説付き/日本語字幕付き 価格:4,400円(税込、送料無料)

    ウェーバーの知られざるオペラが21世紀に蘇る!12世紀のドイツ、ネヴェール伯爵アドラールは戦いのため、愛する妻オイリアンテと離れ離れとなっており、2人は失意の生活を送っています。そして、オイリアンテをわが物にしようと企むフォレスト伯爵リジアルトと、アドラールに想いを寄せるオイリアンテの女官を務めるエグランティーネの策略に陥り、アドラールは妻が裏切りを働いたと信じてしまいますが… 1823年にウィーンで初演された《オイリアンテ》はウェーバーの意欲作であったものの、3時間を超える上演時間の長さと台本の不備が足枷となり、繰り返し上演されるまでには至りませんでした。しかし序曲を含めた音楽の完成度は高く、これまでにもさまざまな改訂版が上演されるなど、人気が途絶えることはありません。 本映像では、ウィーン放送響を率いるコンスタンティン・トリンクスの骨太なタクトのもと、オイリアンテを歌うジャクリーン・ワーグナーの清冽な歌唱、彼女のライヴァルであるエグランティーネ役のクロンターラーの鬼気迫る演技歌唱が光ります。彼女たちをめぐる男声陣も隙がなく、なかでもリジアルト役のフォスター=ウィリアムズの体当たりの演技は物語に刺激を与えています。 クリストフ・ロイによる演出は、ヨハネス・ライアッカーのシンプルで効果的な舞台美術と相まってオリジナルにいくつかの小さなカットを加えることで、物語を整理し、迫真のドラマとして成立させています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-50070

    Bel Air Classiques

    ヤナーチェク(1854-1928)
    歌劇『死者の家から』 詳細ページ
    [ピーター・ローズ(バス)、エフゲニア・ソトニコワ(ソプラノ)、アレシュ・ブリスツェイン(テノール)、チャールズ・ワークマン(テノール)、ボー・スコウフス(バリトン)、クリスティアン・リーゲル(バス)、マニュエル・ギュンター(テノール)、シモーネ・ヤング(指揮)バイエルン国立歌劇場管弦楽団・合唱団]

    発売日:2020年02月28日

    Blu-ray国内仕様 日本語解説付き/日本語字幕付き 価格:4,950円(税込、送料無料)

    シモーネ・ヤングが描く、ヤナーチェクの傑作オペラ2018年5月にバイエルン国立歌劇場においてプレミエとなった、カストルフ演出によるヤナーチェク最後のオペラ『死者の家から』。骸骨の衣装、スクリーン、回り舞台には何故かコーラの広告が立っているという独特の世界観は、上演時には賛否両論が巻き起こりましたが、作品のやや難解で不穏な空気を直感的に視覚化した秀逸なものと言えるでしょう。 シモーネ・ヤングの指揮はダイナミックかつしなやかで、ヤナーチェクが描いた暗く暴力的ながらも美しさも併せ持った音楽を、大きなスケールで展開しています。本商品では、チェコ語の台本に立ち返って検討し、新たに起こした日本語字幕を使用しております。 舞台はシベリアの刑務所。政治犯として新たに収容されたアレクサンドルは、その身なりとプライドの高さから監獄長に目を付けられ、入所早々酷い目に遭わされてしまいます。そんな彼から見た囚人たち、ルカと呼ばれているフィルカ、心変わりの恋人を殺害したスクラトフ、タタール人の少年アリイエイヤたちの物語。やがてアレクサンドルは出所の日を迎えますが、彼らの運命の綾は不思議に絡み合っていきます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-50072

    Opus Arte

    英国ロイヤル・バレエ団
    ミンクス(1826-1917)
    バレエ『ラ・バヤデール』 詳細ページ
    [マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ、ナタリア・オシポワ、ギャリー・エイヴィス、トーマス・ホワイトヘッド、アクリ瑠嘉、クリステン・マクナリー、ニコル・エドモンズ、アレクサンダー・キャンベル、マヤラ・マグリ、ベアトリス・スティクス=ブルネル、エリザベス・ハロッド、ミーガン・グレース・ヒンキス、アナ・ローズ・オサリヴァン、ロマニー・パジャック、クレア・カルヴァート、金子扶生、マヤラ・マグリ、ベアトリス・スティクス=ブルネル、リース・クラーク、ニコル・エドモンズ、崔 由姫、ヤスミン・ナグディ、高田 茜、コール・ド・バレエ、英国ロイヤル・バレエ団、ボリス・グルージン(指揮)コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団]

    発売日:2020年02月28日

    Blu-ray国内仕様 日本語解説付き 価格:5,500円(税込、送料無料)

    英ガーディアン紙「2018年ダンス公演」第2位!
    トップ・ダンサーたちの競演に、日本出身ダンサーも多数出演の注目公演が登場!
    マリアネラ・ヌニェス、ナタリア・オシポワという、人気実力共に世界トップ・クラスのスター2人が直接対峙し、そこに貴公子ワディム・ムンタギロフが絡むという贅沢なキャスティングで、英ガーディアン紙の2018年ダンス公演TOP10において第2位に選出された話題の公演が、映像作品としてリリースされます。アクリ瑠嘉、金子扶生、崔 由姫、高田 茜など日本出身のダンサーが多く出演しているのも見どころ。定評あるナタリア・マカロワ版のドラマチックな舞台をお楽しみいただけます。 舞台は古代インド。戦士ソロルと神殿の舞姫ニキヤは結婚の約束をしていましたが、ラジャは娘のガムザッティとソロルの結婚を決め、ガムザッティの美しさに揺らいだソロルも、これを受け入れました。その婚約式で悲しみにくれて踊るニキヤは、ラジャ親子の謀略で殺されてしまいます。アヘンに溺れ、幻のニキヤに惹かれるソロル。そしてガムザッティとの結婚式で神の怒りから神殿は崩壊、全員が亡くなり、天に上ったニキヤとソロルの魂が永遠に結ばれる、という物語。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-50074

    Opus Arte

    『Force of Nature - Natalia』
    ナタリア・オシポワ (バレエ/ダンス)
    ドキュメンタリー 詳細ページ
    [ナタリア・オシポワ/監督:ゲリー・フォックス]

    発売日:2020年02月28日

    Blu-ray国内仕様 日本語解説付き/日本語字幕付き 価格:4,400円(税込、送料無料)

    子供時代の映像も収録!
    コンテンポラリーダンスにも大胆に踏み込む
    英国ロイヤル・バレエのスーパースター、オシポワのドキュメント
    英国ロイヤル・バレエのプリンシパルとしての5度目のシーズンを迎えたナタリア・オシポワのドキュメンタリーが登場します。クラシック・バレエからコンテンポラリーダンスまでの幅広い活動を繰り広げる彼女。ナタリア・マカロワ演出の『ラ・バヤデール』に臨むリハーサルや、2つの新作バレエ(アーサー・ピタによる『マザー』とシディ・ラルビ・シェルカウイによる『メデューサ』)に取り組む姿などを中心に、オシポワ自身が所有する子供時代のアーカイヴ映像も収録してます。それらを通じ、アメリカン・バレエ・シアター時代から英国ロイヤル・バレエ入団までの道のりと、魅力あふれる特異なカリスマ性について明らかにしてゆく内容となっています。 監督は「The South Bank Show: Gilbert And George」で1998年英国アカデミー賞テレビ部門ヒュー・ウェルドン賞を受賞しているゲリー・フォックス。

  • 商品番号:6.220664

    DACAPO

    クーラウ/バルト/ゲーゼ:
    19世紀デンマークの協奏曲集 詳細ページ
    [ジャン・トレル(指揮) オーフス交響楽団]

    Concertos - KUHLAU, F. / BARTH, C.F. / GADE, N.W. (Concertos from 19th-Century Denmark) (O. Nordahl, Aarhus Symphony, Thorel)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:6.220664

    SACD-Hybrid 価格:2,175円(税込)

    19世紀前半のデンマークは、童話作家アンデルセンや哲学者キルケゴールなどとともに、ドイツ・ロマン派に触発された作曲家たちが活躍、文化芸術が花開く「黄金時代」を迎えていました。このアルバムにはその時代の3人の作曲家の作品が収録されています。 クーラウは、ドイツで生まれデンマークに移住したコンサート・ピアニストとしても知られる人で、日本のピアノ学習者は「ソナチネ・アルバム」でその名に親しんだ人が多いでしょう。ゲーゼはデンマーク王立管のヴァイオリニストで、最初の交響曲がメンデルスゾーンに認められ、1847年にライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の首席指揮者の座をメンデルスゾーンより引き継ぎました。バルトについては分かっていないことが多いものの、オーボエを演奏する一家に生まれ、デンマーク音楽界のオーボエの発展に貢献。ここに収録されたオーボエ協奏曲は世界初録音作品です。 演奏しているのは、デンマーク2番目の都市、オーフスの交響楽団。ソリストは皆、同楽団の首席奏者たちです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ACD-257

    CD ACCORD

    エルスネル(1769-1854)
    3つの弦楽四重奏曲 Op.8 詳細ページ
    [エクリブリウム弦楽四重奏団]

    発売日:2020年02月21日

    CD 価格:2,100円(税込)

    ポーランド国民音楽の創設者といわれるエルスネル(エルスナー)は、ドイツ系の家系に生まれワルシャワへ移住。彼の名前を一躍有名にしたのは、教え子、フレデリック・ショパンの存在でしょう。ワルシャワ音楽院に入学する前の12歳の時に、エルスネルに音楽理論と作曲を学んだショパンは、生涯深い敬愛を抱き続け、18歳の時にはピアノ・ソナタ第1番を献呈しています。 このようにショパンの師として知られるエルスネルですが、実は27作ものポーランド語による愛国的なオペラを作曲しただけでなく、オラトリオ、室内楽から器楽曲まで多数の作品を残すと同時に、ワルシャワ音楽院では優れた指導者として、ポーランド音楽界の発展に多大な貢献をしました。 この弦楽四重奏曲は、当時大流行していたサロンでの需要に応えて書かれた作品で、とても親しみ易い雰囲気を持っています。演奏は、ポーランドの古楽器演奏のエクリブリウム弦楽四重奏団です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ACD-260

    CD ACCORD

    F.X.モーツァルト(1791-1844)
    ロンド/ソナタ
    4つの憂鬱なポロネーズ
    ロシアの主題による変奏曲 詳細ページ
    [カタジナ・ドロゴス(フォルテピアノ)]

    発売日:2020年02月21日

    CD 価格:2,100円(税込)

    モーツァルトの四男で末っ子のフランツ・クサヴァー・ヴォルフガングの鍵盤作品集。カダジナ・ドロゴスが弾くフォルテピアノによる演奏です。生後4か月で、父・ヴォルフガングが亡くなり、直接教育を受けることはありませんでしたが、父にピアノを習ったフンメルや、サリエリに師事。特にサリエリは「父親にもひけをとらない才能」と、彼について好意的な発言を残しています。 偉大すぎる父親の影に隠れ、音楽史上、あまり注目されることのないフランツですが、初期の「ロンドヘ長調」の頃より、父モーツァルトやハイドンの影響から脱却した独自の魅力的なスタイルが見てとれます。16歳の頃の「ソナタト長調」は、第4楽章にかすかなベートーヴェンの影響が感じられる、当時流行した舞曲などを取り入れた独自の路線による意欲作。最近オーストリア国立図書館で初稿譜のコピーが発見され、世界初録音としてここに収録されているOp.20は、レームベルク在住時代からスラヴやロシアのメロデイに惹かれたという彼らしい、ロシアの主題による変奏曲。Op.22は「憂鬱な」というタイトルとは裏腹に、父親の影から解き放たれたような自由な姿が感じられる傑作です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BZ1039

    Bru Zane

    オッフェンバック(1819-1880)
    『ペロニラ親方』 3幕のオペラ・ブフ 詳細ページ
    [マルクス・ポシュナー(指揮)、フランス放送合唱団、フランス国立管弦楽団、ヴェロニク・ジャンス(ソプラノ)、アントワネット・ダンネフェルド(メゾ・ソプラノ)、シャンタル・サントン=ジェフリー(ソプラノ)、アナイス・コンスタン(ソプラノ)、ディアナ・アクセンティ(ソプラノ)、エリック・ユーシェ(テノール)、タシス・クリストヤニス(バリトン)、フランソワ・ピオリーノ(テノール)、パトリック・カボンゴ(テノール)、ロイク・フェリックス(テノール)、ヨアン・デュブルク(バリトン)、マチュー・レクロアール(バリトン)、ラファエル・ブレマール(テノール)、ジェローム・ブーティリエ(バリトン)、フィリィップ・ニコラ=マルタン(バリトン)、アントワーヌ・フィリッポ(バリトン)]

    発売日:2020年02月21日

    2枚組+BOOK 価格:4,500円(税込、送料無料)

    ジャンスが活躍!ポシュナーが描くオッフェンバック晩年のドタバタ喜劇1971年ミュンヘン生まれのマルクス・ポシュナーによる、オッフェンバック晩年の喜劇。ヴェロニク・ジャンスが重要な役回りで活躍するほか、シャンタル・サントン=ジェフリー、タシス・クリストヤニスなど、BRU ZANEレーベルやフランス・オペラで活躍する若手からベテランまでのメンバーが名を連ねています。 マドリードで名を馳せるチョコレート職人ペロニラの娘マノエラが、老人のドン・ガルドナと結婚することになりますが、ペロニラの妹レオーナ、兵士リパルドス、公証人の書記フリモスキーノらの策略により、若くて才能豊かな音楽家アルバレス(ソプラノが演じます)が新郎に差し替えられて現場は混乱。結局はマノエラとアルバレス、レオーナとドン・ガルドナが結婚してめでたしめでたし、といった奇想天外なお話。現在では序曲が時折演奏される程度のこの作品が、ここでは生き生きと魅力的に描かれています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CKD611

    Linn Records

    プロコフィエフ(1891-1953)
    交響曲 第1番 ニ長調 『古典』 Op.25
    交響曲 第5番 変ロ長調 Op.100 詳細ページ
    [トマス・セナゴー(指揮)、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団]

    発売日:2020年02月21日

    CD 価格:2,400円(税込)

    デンマークの俊英によるプロコフィエフ!ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団と、音楽監督を務めるデンマーク出身のセナゴーによるアルバム第2弾は、彼らにとって初めての交響曲アルバム。ハイドンの手法を取り入れて作られた明快な第1番、シニカルなスケルツォなど戦争の影に縁どられながらも、祖国と自由への賛美を歌い上げた大掛かりな編成の第5番という、やや対照的なカップリングとなっています。 セナゴーの豊かなニュアンスが細部にまで行き届き、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団ならではの明るい音色の中にコントラストが明確に刻まれた、奥行きのある演奏をお楽しみにいただけます。彼らは今後の4シーズンで、プロコフィエフの交響曲全てを演奏する予定です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CVS017

    Château de Versailles Spectacles

    『ルイ14世の戴冠式』
    (1654年6月7日、ランス・ノートルダム大聖堂に於ける戴冠式の音楽を、ヴェルサイユ宮殿旧王室礼拝堂にて再現) 詳細ページ
    [アンサンブル・コレスポンダンス]

    発売日:2020年02月21日

    DVD日本語字幕なし 価格:3,975円(税込、送料無料)

    フランス王朝全盛期、太陽王の戴冠式の音楽をゆかりのヴェルサイユで再現!様々なレーベルで多彩な録音を行っているアンサンブル・コレスポンダンス。Harmonia Mundiレーベルでリリースしたルイ14世を讃える『夜の王のバレ』が大きなヒットとなった彼らがついに、その戴冠式の音楽を映像で収録しました。しかもルイ14世ゆかりのヴェルサイユ宮殿旧王室礼拝堂での収録です。演奏陣もセルパンのパトリック・ヴィバールを初め、ソリスト級のアーティストが多数参加。曲は「ルイ13世の結婚式のためのパヴァーヌ」による王の入場で始まり、当時の式典での演奏慣例曲を伝承曲も多く含んで式が進行され、最後は戴冠した王のために聖堂の扉が開き、モテ「喜びなさい、大いに喜びなさい」が歌われて終わります。フランス王朝全盛期にあって、いまだ「フランス宮廷音楽」が産声をあげはじめたにすぎなかった時代ならではの選曲となっており、イタリア感覚まじりの音楽に、より古い時代の伝統を感じさせるラッスス作品なども出てきます。歴史遺産の宮殿で収録された映像ならではの、絢爛豪華な音楽物語をお楽しみください。

  • 商品番号:CYP1681

    アルメニア音楽の擁護者コミタスによる美しい作品を弦楽四重奏で幼い頃に両親を亡くし神学校で育てられ司祭となった後、ベルリンで音楽を学び、アルメニアの民族音楽復興の立役者となったコミタス(本名:Soghomon Soghomonian)は、グレツキやシュニトケら「旧東側」の作曲家たちと同じく冷戦終結頃から注目されてきました。映画にもなったことで日本でもカルト的な注目を浴びた存在のひとりです。アルメニア民謡に取材した作品を多く作り、イスタンブールで大きな合唱団を率いるなど、アルメニア音楽の擁護者として活動しました。 しかし1915年4月24日、他の約270人ものアルメニア系知識人たちと共に追放されてしまい、その作品の多くは破棄されるという目に遭います。その後生きて帰ったものの立ち直ることが出来ず、亡くなるまでの20年間はパリの精神病院で暮らしました。残った僅かな資料から弦楽四重奏用に編曲された作品が、ここに収録された14曲。いずれもアルメニアの民謡らしい素朴な美しさに溢れています。 併せて収録されたアルメニア系フランス人アレシアンの四重奏曲は、より現代的に洗練された手法でアルメニア音楽の特性を伝えています。 ブリュッセル王立音楽院のアルメニアにルーツを持つ女性奏者たちにより、2016年に結成されたアクタマル弦楽四重奏団。トルコ最大の湖ヴァン湖に浮かぶ、10世紀に建てられたアルメニア教会の遺跡のあるアクタマル島からその名を取り、東西文明の架け橋ともいえるアルメニアに根ざした活動で、多くの作曲家にも支持されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CYP4658

    Cypres

    『D’ombres ~ 影』
    デュティユー(1916-2013)
    ソナタ/3つの前奏曲
    ルドゥ(1960-)
    Surgir 詳細ページ
    [エロディ・ヴィニョン(ピアノ)]

    発売日:2020年02月21日

    CD 価格:2,325円(税込)

    ドビュッシー盤に続く注目作!
    フランス・ピアノ音楽のスペシャリストが贈る、デュティユーとルドゥ
    第二次大戦直後に書かれたデュティユーのソナタは、第一次大戦直後に書かれたドビュッシーの「ピアノのために」との様式的な関連が指摘されています。『3つの前奏曲』は、アルトゥール・ルービンシュタインのために書かれた「影と沈黙から」、クロード・エルフェのために書かれた「同じ1つの和音から」、ユージン・イストミンの勧めで1988年のウィリアム・カペル・コンクールのために書かれた「対比の戯れ」という3曲をまとめたもので、ソナタから40年の歳月を経た作風の変化も楽しむことが出来ます。 ベルギー生まれのルドゥによるSurgirは、内部奏法(弦を手で押さえる)によるハーモニクスなども使われていますが、独特のリズムとダイナミクス、和声などで非常に聴かせる作品となっています。 ブリュッセルを中心に活躍するエロディ・ヴィニョンによる、2018年3月にリリースされ大きな評判となったドビュッシー(CYP1678)の続編。深い作品理解がなせる表情豊かなタッチが、それぞれの曲をたいへん聴き応えのあるものにしています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:DYNBRD57850

    DYNAMIC

    パエール(1771-1839)
    歌劇《アニェーゼ》 詳細ページ
    [マリア・レイ=ジョリー(ソプラノ)/マルクス・ウェルバ(バリトン)/エドガルド・ロチャ(テノール) 他ディエゴ・ファソリス(指揮)/ トリノ王立歌劇場管弦楽団&合唱団(指揮アンドレア・セッキ)]

    発売日:2020年02月21日

    Blu-ray日本語字幕付き 価格:3,675円(税込、送料無料)

    モーツァルトとロッシーニの間の時期にオペラを数多く書き名声を博したパエールの名作
    『アニェーゼ』の復活上演
    若い娘アニェーゼは恋人エルネストと駆け落ちを画策し行方不明になってしまい、彼女の父親ウベルトは錯乱、「娘は死んでしまった」と精神を病んでしまいます。病院では彼の正気を取り戻すために様々な治療が行われますが、一向に恢復の兆しをみせません。その頃、アニェーゼはエルネストに裏切られてしまい、生まれた娘とともに父親の元に戻ります。そして彼女が歌う「Come la nebbia al vento(風の中の霧のように)」を聴いた父ウベルトは正気を取り戻し、赦しを請うために戻ってきたエルネストも含め三人は和解、娘を抱きしめてハッピーエンドを迎えます。 フェルディナンド・パエールは1771年にパルマで生まれ、彼の父から最初の音楽の手ほどきを受けました。彼は同時代に活躍したシモン・マイールとともにその時代の「重要なオペラ作曲家」に位置付けられ、50作以上のオペラを残しています。この《アニェーゼ》は最初、1809年にアマチュア歌手のプライベート上演用に作曲されパルマの劇場で上演されましたが、大好評を博したため1824年に改編、コミカルな要素とシリアスな要素がバランスよく統合されたオペラとして、パエールの代表作と呼ばれています。 この上演では、可動式の装置を用い様々な場面を展開、登場人物の心理を的確に描写していきます。歌手たちの優れた歌唱、とりわけ狂気に陥った父ウベルトを歌うマルクス・ウェルバの見事な歌いまわしが印象的。バロック作品に鋭い解釈を披露するディエゴ・ファソリスの卓越した指揮による、トリノ王立歌劇場管弦楽団のきびきびした演奏も聴きどころです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GP805

    GRAND PIANO

    バラッシャ(1935-)
    〈ピアノ作品全集 第3集〉
    KICSI A BORS - 小さな胡椒はピリリと辛い
    6つのバガテル/12の易しいピアノ小品
    「北からの贈り物」 /「ハイタの花」 詳細ページ
    [イシュトヴァーン・カッシャイ(ピアノ)]

    BALASSA, S.: Piano Music (Complete), Vol. 3 (Kassai)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:GP805

    CD 価格:1,950円(税込)

    ハンガリーで高い人気を誇る作曲家、シャーンドル・バラッシャのピアノ作品全集。第3集では、初見でも弾けそうな曲から、並外れた技巧を要求する曲まで、バラッシャの豊かな想像力が開花した作品をお楽しみいただけます。 “Kicsi a bors=小さな胡椒はピリリと辛い”というしゃれたタイトルが付された「6つのバガテル」、ウィットの効いた「12の易しいピアノ小品」、ロンドなどのピアノのために書かれた曲をはじめ、ハープのための「北からの贈り物」、ツィムバロンのための「ハイタの花」のピアノ編曲版などの珍しい作品、そして彼の最高傑作である「幻想曲」などハンガリー特有のリズムと旋律を用いた作品が並んでいます。 演奏はこれまでの2作と同じく、ジョルジュ・シフラからも教えを受けた技巧的なピアニスト、イシュトヴァーン・カッシャイが担当。作品の持つ味わいを見事に表現しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GP813

    GRAND PIANO

    〈20世紀のフォックストロット集 第1集〉
    オーストリアとチェコ
    詳細ページ
    [ゴットリープ・ヴァリッシュ(ピアノ)]

    Piano Music - KRENEK, E. / BENATZKY, R. / MITTLER, F. / GROSZ, W. / EISLER, H. (20th Century Foxtrots, Vol. 1: Austria & Czechia) (G. Wallisch)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:GP813

    CD 価格:1,950円(税込)

    2つの世界大戦の狭間である1920年代から1930年代のいわゆる「不安の時代」、若い人たちはダンスで人生を楽しむ方法を見つけました。この頃、大流行していたのがジャズやタンゴのリズムであり、中でも全面的にジャズを用いたクシェネクの歌劇《ジョニーは演奏する》は人々にもてはやされたものの、退廃音楽の先駆的作品として、ナチス党信奉者からは排除されるなど、問題視されたことでも知られています。 今回のシリーズには、この時期に人々を魅了したジャズや、フォックストロット(ラグタイムに合わせて踊るダンス)、シミー(ジャズにあわせて肩を揺らすダンス)などを収録。第1作目は、前述の《ジョニーは演奏する》から採られたメロディを元にしたダンス曲や、アイスラー、マルティヌーなど、オーストリアとチェコの作曲家たちの作品を収録。名手ヴァリッシュの演奏による世界初録音も多数含まれる貴重な作品集です。

  • 商品番号:IBS102019

    IBS Classical

    Fundamental Works
    ギンジュアン(1931-)
    〈ピアノ作品全集 第1集〉
    ヨンド/ディグラフ/ディバガント
    ベルブム/テンポ・ブレーヴェ
    さようならバロック 詳細ページ
    [アルフォンソ・カルデロン・デ・カストロ(ピアノ)]

    GUINJOAN, J.: Piano Works, Vol. 1 (Complete) (Fundamental Works) (A.C. de Castro)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:IBS-102019

    CD 価格:2,250円(税込)

    アントニオ・ガウディがモダンな建物に命を吹き込んだように、スペインの作曲家ギンジュアンは、現代音楽で失われてしまった音楽語法や表現に、美学の要素を取り入れ、予測された作曲手法ではなく、音楽の要素がその都度必要とする響きを導き出す作風で、新古典主義への道を切り開いています。 ピアニスト、カルデロン・デ・カストロは1970年マラガ生まれ。コルトーやエドウィン・フィッシャーの弟子であったステファニー・カンビエにピアノを習い、セヴィリャの音楽院やフライブルク、パリでも学び、シェーンベルク、ヴェーベルン、ストラヴィンスキー、シュトックハウゼンなどを得意としています。2010年、カタロニア出身のギンジュアンと出会い、音楽家同士のプロフェッショナルな関係とともに友情も育み、ギンジュアンの「ピアノ作品全集」録音に一緒に取り組むようになりました。明晰さと流動性を併せ持つギンジュアン作品に詩的なピアノで絶妙なニュアンスを演出しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS112019

    IBS Classical

    シエッラ(1953-)
    33の夢(バリトンとピアノのための)
    フリア(ソプラノとピアノのための) 詳細ページ
    [ハビエル・ポベダーノ(バリトン)/ムニョス・キテリア(ソプラノ)/フアン・カルロス・ガルバヨ(ピアノ)]

    SIERRA, R.: 33 Sueños / Julia (Povedano, Muñoz, Garvayo)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:IBS-112019

    CD 価格:2,250円(税込)

    ラテン・アメリカを代表する作曲家、シエッラは、1953年、プエルトリコ生まれ。色彩とリズムに溢れた作風で、1987年にオーケストラ作品「ユビロ」で世界的に注目される存在となり、北米からヨーロッパを中心に高い人気を誇っています。 この「33の夢」は、シエッラの考える意識と無意識両方をつなぐ中間の領域で、33の夢にはそれぞれ、地図を描くための暗号化されたメッセージが隠されており、シンボルの謎を解くことで詩が浮かび上がってきます。旅の途中には海、魔法の場所、本物と架空の人物、渦巻、怪物、神、そして作曲家の感情や知性、詩的な探究が出現します。 シエッラがこの曲を作曲したのは、カリブ海のクルーズ中で、まさに旅の途中。彼が好んでこの「旅」の構造を使うのは、「冬の旅」などドイツ・ロマン派の偉大な歌曲集の伝統になぞらえてのこと。白昼夢と現実の間をさまよい、根源的な痛みや憧憬、光の世界へと誘ってくれます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS12015

    IBS Classical

    Perpetuum Castillo
    カスティーリョ/トゥリーナ/アルベニス:
    ピアノ作品集 詳細ページ
    [クリスティーナ・ルシオ=ビレガス(ピアノ)]

    Piano Recital: Lucio-Villegas, Cristina - CASTILLO, M. / TURINA, J. / ALBÉNIZ, I. (Perpetuum Castillo)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:IBS-12015

    CD 価格:2,250円(税込)

    セビリアの作曲家、マヌエル・カスティーリョの没後10年を記念して制作された1枚。カスティーリョはセビリア大聖堂のオルガニスト、ノルベルト・アルマンドスから音楽を学び、その後パリへ留学。ナディア・ブーランジェから教えを受けるとともに、ピアニストとしても活躍し、1956年にはセビリア音楽院のピアノ科の教授になります。1978年からは作曲活動に専念、その作品は、スペインの現代作曲家トマス・マルコからも絶賛されています。 このアルバムでは世界初録音を含むカスティーリョ自身の作品とともに、彼が影響を受けたアルベニスやトゥリーナの作品を配し、インスピレーションのルーツを辿っていきます。スペインのルシオ=ビルガスの技巧的な演奏が作品を引き立てています。

  • 商品番号:IBS22015

    IBS Classical

    Evocación del viejo Madrid
    古いマドリードが喚起するもの
    (ブランコ、ポンペイ、ゴンバオ 三重奏曲集) 詳細ページ
    [トリオ・アルボス]

    Chamber Music - BLANCO, E.F. / POMPEY, A.M. / GOMBAO, G. (Evocación del viejo Madrid) (Trio Arbós)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:IBS-22015

    CD 価格:2,250円(税込)

    スペイン20世紀初頭、フランス6人組を模して称された「スペイン8人組」のメンバーを始め、数多くの作曲家たちがその創造を競っていましたが、彼らのほとんどは1936年から1939年にかけて発生したスペイン内戦によって四散してしまい、作品も忘れられてしまいました。 このアルバムに作品が収録された3人の作曲家も、内戦の影響を受けたものの誰もがスペイン音楽の発展を願い、祖国を離れても作品を書き続けていました。情熱的なリズムに支配されたブランコ、神秘的な旋律が心地よいポンペイ、郷愁を誘う第2楽章が印象的なゴンバオ、各々個性的な三重奏曲が並びます。

  • 商品番号:IBS32016

    IBS Classical

    J.S.バッハ(1685-1750)
    ゴルトベルク変奏曲 BWV 988 詳細ページ
    [ハビエル・トーレス(ピアノ)]

    BACH, J.S.: Goldberg Variations, BWV 988 (X. Torres)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:IBS-32016

    CD 価格:2,250円(税込)

    バレンシア出身のピアニスト、ハビエル・トーレスが演奏するJ.S.バッハの名作「ゴルトベルク変奏曲」。柔らかいタッチで奏される冒頭のアリアから、聴き手を作品の世界へと引き込んでいきます。ほぼノンレガートによる粒の揃ったタッチから生まれる美音、集中力に満ちたフーガなど聴きどころ満載。奇をてらうことのない正統派の解釈も見事です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS42015

    IBS Classical

    …con alcune licenze
    サクソフォンとピアノのための作品集
    (シューマン、ヒンデミット、デザンクロ、フランク) 詳細ページ
    [ペドロ・パブロ・カマラ・トルドス(サクソフォン)/カミラ・ケーンケン(ピアノ)]

    Saxophone and Piano Recital: Toldos, Pedro Pablo Cámara / Köhnken, Camilla - SCHUMANN, R. / HINDEMITH, P. / DESENCLOS, A. (…con alcune licenze)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:IBS-42015

    CD 価格:2,250円(税込)

    ピアノとサクソフォンから生まれる斬新な響きを追求し、さまざまな表現方法を模索した1枚。トルドスとケーンケンはサクソフォンのオリジナル・レパートリーであるヒンデミットのソナタと、デザンクロの作品、もともと他の楽器のために書かれ、サクソフォンでは演奏が困難とも思えるシューマンの「ロマンス」とフランクのソナタまでを演奏。2つの音色は溶け合い、作品に新たな魅力を添えています。

  • 商品番号:IBS42016

    IBS Classical

    Danzas en Todos los Tiempos
    さまざまなピアノ曲集
    (ヘンデル、ベートーヴェン、ショパン、アルベニス、バルトーク、レクオーナ、ヒナステラ 他) 詳細ページ
    [エディス・ペーニャ(ピアノ)]

    Piano Recital: Peña, Edith - HANDEL, G.F. / BEETHOVEN, L. van / ALBÉNIZ, I. / BARTÓK, B. / CHOPIN, F. (Danzas en Todos los Tiempos)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:IBS-42016

    CD 2枚組 価格:2,550円(税込)

    2016年の「ラテン・グラミー賞」ベスト・クラシック部門にノミネートされた注目盤!「人の一生」を舞曲に例え、振付師、パフォーマー、観客、それぞれの心を想像しながら演奏していくというピアニスト、エディス・ペーニャによるコンセプト・アルバム。1枚目のアルバムにはヘンデルから、ベートーヴェン、ショパンのワルツを並べストーリーを構築、2枚目のアルバムではスペインの作品を中心に、より一層彼女の心の深層に迫るという内容。躍動的なリズムは聴き手の心を沸き立たせます。

  • 商品番号:IBS52015

    IBS Classical

    モーツァルト(1756-1791)
    クラリネット五重奏曲 イ長調 K581
    ウェーバー(1786-1826)
    クラリネット五重奏曲 変ロ長調 Op.34 J.182 詳細ページ
    [ホセ・ルイス・エステリェス(クラリネット)/ヨウシア四重奏団]

    MOZART, W.A.: Clarinet Quintet, K. 581 / WEBER, C.M. von: Clarinet Quintet, Op. 34 (Estellés, Jousia Quartet)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:IBS-52015

    CD 価格:2,250円(税込)

    1964年生まれのクラリネット奏者ホセ・ルイス・エステリェス。バレンシアで学び、音楽院在学中の1976年から演奏活動を始め、近年はオーケストラの指揮者としても活躍しています。このアルバムには、クラリネット五重奏曲の名作2曲を収録。美しい音色と、緻密なアンサンブルで作品の魅力を伝えます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS62015

    IBS Classical

    Melólogos en honor de Santa Teresa
    聖テレサに敬意を表した作曲家たち
    詳細ページ
    [マヌエル・ガリアーナ(ナレーター)/マリサ・ブラネス(ピアノ)]

    Piano Recital: Blanes, Marisa - MILLÁN, E.S. / SÁMANO, N. / RUGELES, A. / MARCO, T. / TURINA, J.L. (Melólogos en honor de Santa Teresa)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:IBS-62015

    CD 価格:2,250円(税込)

    『アビラの聖テレサ(1515-1582)』はスペインのローマ・カトリック教会の神秘家であり、修道院改革に尽力した人物。このアルバムは彼女の生誕500年を記念し、6人の作曲家たちがテレサの詩を用いた「メロローグ=ピアノと朗読のための作品」を作曲、時代を超えた言葉と音楽が美しい融合を見せています。スペイン語の響きを彩る瞑想的なピアノの旋律が印象的な1枚です。

  • 商品番号:IBS82016

    IBS Classical

    スペイン、ラテンアメリカの
    ピアノとエレクトロニクスのための作品集
    詳細ページ
    [アルベルト・ロサド(ピアノ) 他 作曲家自身のエレクトロニクス]

    Piano and Electronic Music - EDLER-COPES, A. / FUENTES, A. / NAVARRO, J. / TORÍO, I.E. / HUMET, R. (E-Piano Video and Electronics) (A. Rosado)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:IBS-82016

    2枚組(CD+DVD) 価格:2,550円(税込)

    スペインの現代作品を得意とするピアニスト、アルベルト・ロサドが初めてのピアノとエレクトロニクスのための作品を演奏したのは1994年。それ以降彼は、この組み合わせの作品が数多く手がけ、ピアノの可能性を探っています。 サウンドを増幅、変換、維持するエレクトロニクスは19世紀におけるオーケストラのような役割を果たし、これまで考えもつかなかった世界を表現することができると語るロサド、ここでも多彩な音楽を聴かせます。演奏風景を収録した映像付き。

  • 商品番号:IBS92016

    IBS Classical

    カルロス・アルバレス(バリトン)
    バリトンのためのスペインの歌曲集 詳細ページ
    [カルロス・アルバレス(バリトン)/ルベン・フェルナンデス・アギーレ(ピアノ)]

    Vocal Recital (Baritone): Alvarez, Carlos - LORCA, F.G. / ORTEGA, M. / PENELLA, M. / TORROBA, F.M. / SORIANO, A.P. (Live at La Monnaie)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:IBS-92016

    CD 価格:2,250円(税込)

    1990年代初頭から国際的な舞台で活躍するバリトン歌手カルロス・アルバレス。このアルバムは、ブリュッセルのモネ劇場で開催されたリサイタルのライヴを収録したもの。 国民的作家であるガルシア・ロルカ自身の曲から、ロルカの詩を用いたオルテガのバラードを始め、スペイン発祥のサルスエラからのさまざまなアリアなど、まさにスペインの心を知り尽くしたアルバレスと、同じくスペイン出身のピアニスト、アギーレならではの、見事な表現がお楽しみいただけます。

  • 商品番号:IBS92019

    IBS Classical

    Cueurs Desolez - すべての人の心は乱れ
    カウンターテナーとアコーディオンのための作品集
    詳細ページ
    [カルロス・メーナ (カウンター・テナー)/イニャキ・アルベルディ(アコーディオン)]

    Vocal Music (Counter-Tenor) - JOSQUIN DES PREZ / TORRES, J. / ERKOREKA, G. / BACH, J.S. (Cueurs Desolez) (C. Mena, Alberdi)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:IBS-92019

    CD 価格:2,250円(税込)

    カウンターテナーとアコーディオンという珍しい組み合わせ。どちらも現代と過去の作品を研究し、独自のレパートリーを拡大していく必要があるという共通点があり、その結果としてルネサンス期のジョスカン・デ・プレ、J.S.バッハから現代まで、幅広い時代の作品をとり上げ、「すべての人の心は乱れ」というタイトルが示すとおりの悲しみや憂いがもたらされるような、繊細で知的な感性を取り入れた独自の世界観が表現されています。 メーナは、バーゼル・スコラ・カントルムで学び、ルネ・ヤーコプスに師事、ラ・フォル・ジュルネTOKYOにも出演している歌い手。アルベルディはアコーディオン教育の最高峰といわれるグネーシン音楽院やシベリウス・アカデミーで学び、グバイドゥーリナやシュトックハウゼンなど現代作曲家とのコラボでも知られています。天上の声と、荘厳で、時に地を這うかのようなアコーディオンの対照的な響きに圧倒されます。

  • 商品番号:LBM024

    B Records

    グレフ(1950-2000)
    LES CHANTS DE L'ÂME - 魂の歌
    パリの遊歩道
    エスケシュ(1965-)
    D'UNE DOULEUR MUETTE 詳細ページ
    [マリー=ロール・ガルニエ(ソプラノ)/クレメンティーヌ・デクトゥール(ソプラノ)/パコ・ガルシア(テノール)/ヤン・ルヴィオノワ(チェロ)/フィリップ・アタ(ピアノ)]

    発売日:2020年02月21日

    CD 価格:2,400円(税込)

    2020年は、フランスの近代作曲家オリヴィエ・グレフの没後20周年。ルチアーノ・ベリオに師事しながらも決して前衛的な作風を採用することはなく、詩的な作品を350作以上も書き続けたグレフ。活動初期には認められなかった彼の作品が評価され始めたのは、1990年以降のことであり、中でも1992年に作曲されたチェロとピアノのための「ソナタ・ド・レクイエム」はいくつかの録音により広く親しまれています。 このアルバムには、1979年から1995年に渡って構想された歌曲集「魂の歌」を中心に、同じくグレフの「パリの遊歩道」と、1965年生まれのエスケシュの作品を収録。抒情的で豊かなハーモニーを持つこれらの曲を、名手アタの伴奏のもと若く優れた歌手たちが歌います。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-10125

    Alpha

    シベリウス(1865-1957)
    交響曲 第2番 ニ短調 Op.43
    組曲「クリスティアン2世」Op.27 詳細ページ
    [サントゥ=マティアス・ロウヴァリ(指揮)イェーテボリ交響楽団]

    発売日:2020年02月21日

    CD国内仕様 日本語解説付き 価格:2,970円(税込)

    ロウヴァリ&イェーテボリ響のシベリウス第2弾!首席指揮者を務めるイェーテボリ交響楽団とのシベリウス、交響曲第1番と「エン・サガ」のカップリング(ALPHA440/NYCX-10035)に続く第2弾は、第2番と『クリスティアン2世』という組み合わせです。第1番でも聴かせた、フレージングとデュナーミクに関する個性的な解釈をここでも随所で発揮。それが新たなストーリーを紡ぎ出し、これまでとは違う視点で作品を描きつつ、最終的には雄大な風景に包まれるようなクライマックスへと到達します。カップリングの『クリスティアン2世』は、シベリウスが交響曲第1番を完成する直前に書き上げた劇音楽からの組曲。16世紀にスカンジナビアを統治した実在の王をモデルとする、友人のアドルフ・パウルによる戯曲のために書かれ、若々しい筆致の中に素朴な美しさと大きなスケールを併せ持ったシベリウスらしい佳作です。 最近のインタビューで、ネーメ・ヤルヴィの書き込みが入ったイェーテボリ交響楽団に伝わるシベリウスのスコアについて熱心に語ったロウヴァリ。母国フィンランドが誇る作曲家シベリウスへの強い愛着と深い作品理解に根ざした、たいへん美しく力強い演奏を聴かせます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-50064

    Opus Arte

    英国ロイヤル・バレエ
    『ウィズイン・ザ・ゴールデン・アワー』
    『メデューサ』
    『フライト・パターン』
    詳細ページ
    [英国ロイヤル・バレエ]

    発売日:2020年02月21日

    Blu-ray国内仕様 日本語解説付 価格:5,500円(税込、送料無料)

    英国ロイヤル・バレエが贈るコンテンポラリー・ダンスの最先端、
    それぞれが個性的な三部作を映像で体験!
    ポップな感覚で人気を集める振付家クリストファー・ウィールドンが2008年に発表した『ウィズイン・ザ・ゴールデン・アワー』を英国ロイヤル・バレエのために大胆にリニューアル。クリムトの絵画に着想をえた黄金色の細かな短冊をちりばめた衣装をまとったベアトリス・スティクス=ブルネル、フランチェスカ・ヘイワード、サラ・ラム、ワディム・ムンタギロフらロイヤル・バレエのスター・ダンサーたちが、ヴィヴァルディなどの音楽に乗り華やかに舞います。 異文化の遭遇、対話をモチーフにし刺激的な作品を発表し続けるシディ・ラルビ・シェルカウイが、英国ロイヤル・バレエに初めて招かれ創造した『メデューサ』。ギリシャ神話のメデューサの物語を深く読み込み、ロイヤル・バレエの名花、ナタリア・オシポワが不条理な運命に翻弄される女性の姿を情念豊かに描きます。 平野亮一の演じる男権的な抑圧者の象徴としてのポセイドンの存在感は圧倒的。音楽は、パーセルの楽曲がアーカイックな神話の世界を想起させ、電子音楽による夢幻的な効果が対置されるユニークな構成です。 現代社会の様々な問題に真摯に向き合うテーマの設定で世界中の注目を集める振付家クリスタル・パイトによる『フライト・パターン』。本作では難民問題をテーマに取り上げ、グレツキの「悲歌のシンフォニー」を背景に、英国ロイヤル・バレエの若手ダンサー36人による群舞が、現代の社会矛盾とその悲劇を描き出します。

  • 商品番号:OC1716

    Oehms Classics

    マーラー(1860-1911)
    交響曲 第6番 イ短調 詳細ページ
    [トマーシュ・ネトピル(指揮)/エッセン・フィルハーモニー管弦楽団]

    MAHLER, G.: Symphony No. 6, "Tragic" (Essen Philharmonic, Netopil)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:OC1716

    CD 2枚組 価格:1,950円(税込)

    2019年11月に来日、読売日本交響楽団と共演したチェコの指揮者トマーシュ・ネトピル。「チェコの次世代を担う指揮者」として注目され、現在はエッセン歌劇場の音楽総監督を務め、オペラでも素晴らしい成果を上げる期待の俊英の一人です。 エッセン・フィルハーモニーとの3枚目の録音となるこのアルバムは、マーラーを得意とするネトピルが取り組む「交響曲第6番」を収録。ネトピルは、チェコと深い関係にあるマーラーの音楽に強く共感しているといい、この第6番の演奏では、古典的な構成を採りながらも様々なアイデアが凝らされた作品のすみずみまでを見渡すことで、マーラーの旺盛な創作力が反映された数々のドラマティックな楽想を見事に表現しています。 また、この曲は、もともと1906年5月27日にマーラーの指揮によりエッセン・フィルハーモニーが初演したこともあり、オーケストラにとっても所縁の深い作品です。初演時に第2楽章と第3楽章の順序が変更され、アンダンテ-スケルツォの順で演奏されたと記録にありますが、ネトピルはマーラーの最初の構想通り、第2楽章にスケルツォを置いています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:OC985

    Oehms Classics

    グラナート(1960-)
    歌劇《オケアーネ》 詳細ページ
    [マリア・ペングトソン(ソプラノ)/ニコライ・ジューコフ(テノール) 他 ドナルド・ラニクルズ(指揮)/ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団]

    GLANERT, D.: Oceane [Opera] (Bengtsson, Schukoff, Pohl, Berlin Deutsche Opera Chorus and Orchestra, Runnicles)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:OC985

    CD 2枚組 価格:3,450円(税込、送料無料)

    “七つの大罪”の詩を効果的に用いた「ヒエロニムス・ボスのためのレクイエム」で知られる現代ドイツの作曲家デトレフ・グラナートの最新作《オケアーネ》。2019年4月28日に初演され、ベルリンの新聞紙上で「近年最もエキサイティングなオペラのひとつ」と高く評価された作品です。 ドイツの詩人テオドール・フォンターネの詩からインスピレーションを受けたハンス=ウルリッヒ・トライヒェルの台本は、“海に棲む神秘的な女性”オケアーネが感情を捉える能力と愛を求めて地上に訪れるという『人魚姫』を思わせる筋書き。断片的でありながらも人間の本質を描き出した問題作です。 マリア・ベングトソンは美しく優雅な声で人智を超えた存在を歌い上げるとともに、テノールのジューコフは、オケアーネに関心を寄せるも、存在そのものを理解できない悲しい男性を見事に表出。グラナートが物語につけた幻想的な音楽は、ラニクルズによって感動的に演奏されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ODE-1349

    Ondine

    クルヴィッツ(1969-)
    Hymns to the Nordic Lights
    - 北欧の光への讃歌 詳細ページ
    [ミーリス・ヴィント(バス・クラリネット)/リスト・ヨースト(指揮)/エストニア国立交響楽団]

    KÕRVITS, T.: Hymns to the Nordic Lights / Silent Songs / Elegies of Thule (Vind, Estonian National Symphony, Joost)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:ODE1349-2

    CD 価格:2,025円(税込)

    ONDINEが力を入れているバルト地方の作曲家作品集シリーズの1枚。トヌ・クルヴィッツは、アルヴォ・ペルトやエルッキ=スヴェン・トゥールとともに「現代エストニアにおける最高の作曲家」の一人と目されており、2017年には「ムーアランドの悲歌」(ODE-1306)と題された合唱作品がリリースされ、その深遠な作風が話題となりました。 今作には2007年から2018年までに書かれたオーケストラ作品を収録。各曲は様々なテーマからインスパイアされており、どれも北欧の雰囲気を湛えた繊細な響きが特徴です。冒頭の「青」はもともと男声合唱のための曲をオーケストラ用に編曲した瞑想的な曲。「カプリを離れて」はエストニアの画家コンラッド・マギの絵画からの影響を受けたクルヴィッツの最新作です。ダウランドの作品に触発された「沈黙の歌」はバス・クラリネットとオーケストラのための幻想曲で、アルバムの指揮者ヨーストに捧げられています。2007年の「最北のエレジー」はエストニア民謡を題材にした美しい曲です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:PHASMA009

    Phasma Music

    トラヴロス:
    ナイト・ヴィジョン 詳細ページ
    [Iwona Glinka (flute, alto flute)、Leszek Lorent (vibraphone)、Adam Eljasinski (clarinet, bass clarinet)、Marcin Piotr Lopacki (piano)、NeoQuartet (string quartet)]

    TRAVLOS, M.: 5 Midnight Scenes / Miniature / Night Walk in the Woods (Night Visions) (Glinka, Eljasinski, Lorent, Łopacki, NeoQuartet)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:PHASMA009

    CD 価格:2,175円(税込)

    ギリシャの作曲家トラヴロスの作品集

    収録作曲家:

  • 商品番号:RES10254

    Resonus Classics

    ベートーヴェン(1770-1827)
    〈チェロとピアノのための作品全集〉
    チェロ・ソナタ 全曲/変奏曲集 詳細ページ
    [ロビン・マイケル(チェロ)/マイケル・トン(フォルテピアノ)]

    発売日:2020年02月21日

    CD 2枚組 価格:2,100円(税込)

    2020年、ベートーヴェン生誕250年のアニヴァーサリー・イヤーに、
    珍しいピリオド楽器の演奏による、チェロとピアノのための作品全集の登場です!
    ベートーヴェンのチェロ・ソナタは、チェリストにとっての新約聖書と言われており、チェロの演奏技巧があますことなく取り入れられた名曲揃い。3つの変奏曲も、各々が技巧を凝らされた聴きどころの多い作品です。 チェロのロビン・マイケルは1976年生まれ、英国王立音楽院で学び、現代音楽とバロックを得意としており、ライヒの「チェロ・カウンターポイント」のイギリス初演を行った他、古楽系の室内オーケストラと度々演奏しています。ピアノのダニエル・トンもやはり室内楽を得意とし、3つの室内楽音楽祭のディレクターを務めるほか、オールドバラ音楽祭やエンジンバラ音楽祭などに出演しています。 演奏楽器はそれぞれ、チェロがマッテオ・ゴフリラーの1695年製の復元楽器、フォルテピアノが1805年頃製作のアントン・ヴァルターの復元楽器。繊細かつ優雅で芯の強い音色を響かせます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:RES10255

    Resonus Classics

    ベートーヴェン(1770-1827)
    七重奏曲 Op.20
    クラリネット三重奏曲「街の歌」Op.11 詳細ページ
    [バークリー・アンサンブル 他]

    発売日:2020年02月21日

    CD 価格:2,100円(税込)

    ベートーヴェン生誕250年、イギリスの若き音楽家たちによる室内楽アルバムの登場です。初期の傑作「七重奏曲」は、クラリネット、ファゴット、ホルン、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとコントラバスという7つの楽器のために書かれており、作曲当時のウィーンで流行した管楽器を伴う色彩豊かなディヴェルティメント風の作品。ベートーヴェンのヒット作の一つです。 「三重奏曲」Op.11は、第3楽章にヨーゼフ・ヴァイクルの人気オペラ「船乗りの恋」のアリアの旋律が使われていることで「Gassenhauer=流行歌(街の歌)」の愛称を持つ親しみやすい作品。ベートーヴェンが、流行中のオペラのメロディをいち早く取り入れて作曲したものです。 バークリー・アンサンブルは、サウスバンク・シンフォニアの若いメンバーで結成され、アンサンブル名はイギリスの作曲家親子、サー・レノックス&マイケル・バークリーの名を冠したもので、20世紀と21世紀のイギリス音楽を広める活動を中心に意欲的に活動しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SM326

    Solo Musica

    コッソーニ(1623-1700)
    隠者の晩課 詳細ページ
    [ノヴァンティクア・ベルン&ケッセルベルク・アンサンブル]

    COSSINI, C.D.: Einsiedler Vesper (Bern Novantiqua Vocal Ensemble, Kesselberg Ensemble, Grudule)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:SM326

    CD 価格:1,950円(税込)

    17世紀イタリアのコモ湖近くのグラヴェドーナの音楽一家に生まれたコッソーニは、かつて自身が司祭を務めていたサン・フェデーレで、オルガニスト兼作曲家として活躍し、54作以上の宗教曲をベネディクト会修道院に遺贈。これらは後に図書館に収められました。 ここで作品を演奏しているノヴァンティクア・ベルンは、1987年にベルンハルト・ファンマッターが結成した声楽アンサンブルで、小規模アンサンブルによる洗練された合唱曲の上演に定評があります。アンサンブル名「ノヴァンティクア」が示す通り、古楽と同時に20世紀と21世紀の音楽も得意としています。 ケッセルベルク・アンサンブルは、2004年にラトヴィア出身の音楽家たちで結成。全員が名門バーゼル・スコラ・カントルムの卒業生です。彼らが奏でる美しい響きをお楽しみください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SM335

    Solo Musica

    シューベルト(1797-1828)
    「冬の旅」弦楽四重奏版(アンドレアス・ヘーリヒト編) 詳細ページ
    [ヴォイジャー四重奏団]

    発売日:2020年02月21日

    CD 価格:1,950円(税込)

    歌曲王シューベルトが残した約600曲の歌曲の中で、ストーリー性をもつ連作歌曲2作のうちの1つ「冬の旅」の弦楽四重奏版の登場です。 「若者の失恋とさすらい」が、幸福への渇望や畏れ、孤立感や虚無感という側面から描かれており、常に危機感や緊張感が漂う「冬の旅」。曲中の繰り返しは、主人公のよろめきながら歩む、重く、果てしない旅の心象風景を表すかのようで、このヘーリヒトによる弦楽四重奏版では、最初は歌がないことで物足りなさを覚えるかもしれませんが、その高い芸術性に徐々に引き込まれることでしょう。また各曲は途切れることがなく、特別に作曲されたインテルメッツォが歌と歌の間を橋のようにつなぐ役割を果たすと同時に、一種の距離感を演出しています。 ヴォイジャー四重奏団は、2014年に、かつては有名クワルテットに在籍したり、バイエルン放送響のメンバーであった奏者により結成され、世界中の音楽祭や主要コンサートホールで好評を博しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SM336

    スイスのチューリッヒ中央図書館音楽部は1971年の設立。ヨーロッパ、特にスイスの過去200年分の手稿譜のみならず、様々な資料や録音音源なども多く所蔵しており、ワーグナー作品に関する資料も多数保管するアカデミックで重要な組織です。 このアルバムはそのコレクションの中から、スイスで活躍した二人の作曲家によるピアノ三重奏曲を収録しています。ハンス・フーバーは、スイスで生まれライプツィヒ音楽院でライネッケに師事。バーゼル音楽院の楽長にまで上りつめ、ブラームスなどと深い親交がありました。もう一人はドイツで生まれスイスに移住した作曲家でピアニストのヘルマン・ゲッツ。ピアノをベルリンでハンス・フォン・ビューローに師事。たくさんのピアノ曲とピアノを伴う室内楽を残しました。 演奏しているトリオ・フォンテーヌは2002年に結成されたピアノ三重奏団で、スイスを代表するカルミナ四重奏団のチェロ奏者ゲルナーに師事。才能を認められ様々な財団から援助を受け、研鑽を積んだスイス所縁のアンサンブルです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:STNS-30136

    STEINWAY & SONS

    J.S.バッハ(1685-1750)
    イギリス組曲 全曲 詳細ページ
    [アンドリュー・ランジェル(ピアノ)]

    BACH, J.S.: English Suites Nos. 1-6, BWV 806-811 (Rangell)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:Steinway30136

    CD 2枚組 価格:3,375円(税込、送料無料)

    ベートーヴェンやJ.S.バッハの演奏で定評のあるアメリカの名ピアニスト、アンドリュー・ランジェルの最新録音。前作「J.S.バッハ:ピアノ作品集」(STNS-30111)では、誰もが親しみやすいバッハの名曲を披露したランジェルですが、今作では同じくバッハの“技巧的な大作”として知られる「イギリス組曲」全曲に取り組みました。 「イギリス組曲」はバッハの様々な組曲の中では最初期に書かれた曲集で、名前の由来はわかっていないものの、どの曲も巨大な前奏曲を伴う6つの舞曲で構成された意欲作。多くの鍵盤奏者が取り組む名曲として知られています。ランジェルは的確なアーティキュレーションを施しながらも、自由自在な即興性を加味し、ユニークで味わい深い演奏を聴かせます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SWR19088CD

    SWR Klassik

    『グルダ・プレイズ・ピアノ・コンチェルト』 1959-1962[3枚組 BOX]
    (モーツァルト、ベートーヴェン、ハイドン、R.シュトラウス) 詳細ページ
    [フリードリヒ・グルダ ヨーゼフ・カイルベルト、ハンス・ロスバウト、ハンス・ミュラー=クライ、シュトゥットガルト放送交響楽団、南西ドイツ放送管弦楽団バーデンバーデン]

    Piano Concertos - MOZART, W.A. / BEETHOVEN, L. van / HAYDN, J. (Gulda, Keilberth, Müller-Kray, Rosbaud) (1959-1962)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:SWR19088CD

    CD 3枚組 価格:2,850円(税込)

    グルダの協奏曲録音、初発売多数!30歳前後のグルダによる協奏曲録音がBOXで登場。中でもDISC 1と2に収録された一連のライヴ音源は、今回が初登場という貴重なものです。17歳でジュネーブ国際コンクールを制して経歴をスタートし、当時既に多くの公演と録音を経験していたグルダだけに、若々しいタッチの中に円熟味も加味された、彼らしいたいへん美しい演奏を聴かせてくれます。 DISC 3はロスバウトとの放送用セッション録音です。南西ドイツ放送(SWR)に残されたオリジナル・マスターテープから今回の商品化のために新たにマスタリングが行われ、モノラルながらたいへん聴きやすい音となっています。

  • 商品番号:TOCC-164

    Toccata Classics

    シェバリーン(1902-1963)
    〈管弦楽作品集 第2集〉
    管弦楽組曲 第3番・第4番
    バレエ組曲 詳細ページ
    [ドミートリー・ヴァシリエフ(指揮)/シベリア交響楽団]

    発売日:2020年02月21日

    CD 価格:1,950円(税込)

    シベリアのオムスクに生まれ、20歳の時に自作を携えモスクワに行き、グリエールとミャスコフスキーに高く評価されたシェバリーン。その後はモスクワ音楽院に進学、作曲家として活躍を始めました。同時代に活躍したショスタコーヴィチの親友であり、彼と同じく「ジダーノフ批判」の犠牲となり、一時期はソ連楽壇の表舞台から姿を消すなど苦難の人生を歩みました。しかし、シェバリーンの音楽に向かう姿勢は一貫しており、常に決然とした音楽を書き続け、恩師ミャスコフスキーから受け継いだ作曲様式を更に発展させた力強い作品を数多く残しています。 このアルバムは第1集(TOCC-136)と同じく、ヴァシリエフが指揮するシベリア交響楽団の演奏によるもので、異なる時代に書かれた2つの組曲とバレエ音楽を収録しています。スペインの伝説に基づく「組曲第3番」、シェバリーンの最後の劇場音楽となった「組曲第4番」、未完に終わったバレエ「In the Name of Life」からの音楽、それぞれ活力に満ちた魅力的な音楽です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-499

    Toccata Classics

    ドッジソン(1924-2013)
    〈室内楽作品集 第5集〉
    〈管楽器のための音楽 第2集〉
    木管とピアノのための五重奏曲
    セレナード/「ベアマンの宝物」 詳細ページ
    [マニャール・アンサンブル/オリヴィア・ジャグアーズ(ハープ)]

    発売日:2020年02月21日

    CD 価格:1,950円(税込)

    ロンドン生まれの作曲家、スティーヴン・ドッジソンの室内楽作品集。この第5作目は木管楽器を主体とした作品集で、この編成では第1集(TOCC-453)に続く2枚目のアルバムとなります。 ホルンとハープという珍しい組み合わせの二重奏曲をはじめ、ウェーバーの旋律が自由自在に発展する「ベアマンの宝物」、プーランクの洒脱さを兼ね備えた「木管とピアノのための五重奏曲」など、バロック風の端正な曲や、濃密な曲などヴァラエティ豊かな作品が並んでいます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:900182

    BR KLASSIK

    マリス・ヤンソンス指揮
    R.シュトラウス(1864-1949)
    交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」 Op.30
    ブルレスケ WoO, AV85 詳細ページ
    [マリス・ヤンソンス(指揮)/バイエルン放送交響楽団/ダニール・トリフォノフ(ピアノ)]

    発売日:2020年02月14日

    CD日本語帯付き 価格:2,100円(税込)

    ヤンソンスが得意としたリヒャルト・シュトラウスより2017年の『ツァラ』がライヴで登場!
    ブルレスケのピアノはダニール・トリフォノフ!
    2019年11月、惜しまれつつ76歳の生涯を閉じたマリス・ヤンソンス。ベートーヴェンやマーラー、ショスタコーヴィチなど数多くの作品の演奏で聴き手を興奮の渦に巻き込みましたが、彼が最も大切にしていた作曲家はリヒャルト・シュトラウスだったのではないでしょうか? 1988年のオスロ・フィルとの来日プログラムには「ドン・ファン」、ロイヤル・コンセルトヘボウ管との初来日の際にも「英雄の生涯」を演奏するなど、ここぞという時の勝負曲に彼が選ぶのはリヒャルト・シュトラウスの作品でした。最後の来日公演となってしまった2016年ツアーでも「マーラー:交響曲第9番」と並び「アルプス交響曲」を演奏。虚飾を排した端正なアプローチがオーケストラの高度な技量と相まって、大きな感銘を残したのは記憶に新しいところです。オーケストラの技術を極限まで駆使し、重厚かつ華麗な響きを要求するリヒャルト・シュトラウス作品の演奏は、バイエルン放送交響楽団を手兵に持つヤンソンスにとってはまさに「腕の見せどころ」だったことでしょう。 今回のアルバムは、2017年10月に演奏した「ツァラトゥストラ」と「ブルレスケ」の2作品が収録されており、両者の手腕をたっぷりお楽しみいただけます。壮大な冒頭部のみが知られる「ツァラトゥストラ」は、“自然の動機”などのさまざまなモティーフを中心に、壮麗なフーガやコラールが随所に用いられた変幻自在な作品です。なかでも後半部の山場となる「舞踏の歌」はワルツのリズムで書かれており、「ばらの騎士」を思わせるシュトラウス独自の三拍子はヤンソンスが得意とするところで、ここでも深淵さと優雅さを兼ね備えた見事な演奏を聴かせます。 同時収録となる、トリフォノフがピアノを担当した「ブルレスケ」は1886年、シュトラウス22歳の時の作品。英語の「バーレスク(ユーモアと辛辣さを兼ね備えた性格)」を意味するタイトルの通り、ティンパニの序奏に始まり、ピアノが諧謔的な旋律を奏でながらオーケストラと対話をするという、あまり耳にする機会の多くない曲を、トリフォノフとヤンソンスは見事な掛け合いで聴かせます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ALPHA593

    Alpha

    アウエルバッハ(1973-)
    72天使 ~輝く光の中で~
    (混声合唱とサクソフォン四重奏のための) 詳細ページ
    [ペーター・ダイクストラ(指揮)、ラッシャー・サクソフォン四重奏団、オランダ室内合唱団]

    発売日:2020年02月14日

    CD 価格:2,325円(税込)

    ロシアの人気コンポーザー・ピアニスト、アウエルバッハが合唱とサクソフォンで描く72の天使アルバム『トルストイのワルツ』やラ・フォル・ジュルネへの参加などで日本でもお馴染みの、ロシアの作曲家・ピアニスト、レーラ・アウエルバッハが、サクソフォンと混声合唱のために書いた大作。ダイクストラと手兵オランダ室内合唱団、そして現代作品の演奏で高く評価されるラッシャー・サクソフォン四重奏団の共演で登場しました。 72の天使の名を冠した”Prelude-evocations"(呪術的前奏曲)とエピローグ(アーメン)で構成され、異なった宗教や神話などが共通して持つ神秘や霊感を描こうとしています。シュニトケやリゲティの合唱曲に通じるような浮遊感と神秘性を帯びた合唱に、サクソフォンの多彩な音色がアクセントとなった、ある種麻薬的な魅力を持つ作品です。 旧約聖書の『出エジプト記 14章19節-21節』。モーゼが海を割る有名な場面と、天使が雲の柱(夜は火の柱)となって一行を守ったことが描かれていますが、それぞれの節が72文字で書かれており、それらを決まった法則に並べて縦に読むと、ユダヤ教およびキリスト教の神秘思想であるカバラ(数秘学)で語られる72の天使の名が現れるとされます。ここでは短い楽想に、この天使たちの名が順番に付けられています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CKD621

    Linn Records

    R.シュトラウスとウィーンのトランペット
    ~ ウィーンにまつわる作品の
    トランペットとピアノのための編曲集 詳細ページ
    [ジョナサン・フリーマン=アットウッド(トランペット)、チャン・ウォン(ピアノ)]

    発売日:2020年02月14日

    CD 価格:2,400円(税込)

    英国王立音楽院学長が贈るトランペットとピアノのためのニューレパートリー、ウィーン編ヴァイオリンのレイチェル・ポッジャーなどを手掛けた名音楽プロデューサーであり、2008年から英国王立音楽院の学長も務めるトランペット奏者フリーマン=アットウッドによる、トランペットとピアノのためのレパートリー集。これまで仮面劇(ルネサンスからバロックまで作品集)、バッハ、フォーレ、ロマン派などのテーマでリリースされてきましたが、今回はウィーンにまつわる作品集となっています。 中でも、リヒャルト・シュトラウスのヴァイオリン・ソナタを元に新たに創造された「ソナタ」に注目。彼がトランペット・ソナタを残していたらこうなっただろうという、たいへん聴き応えのある作品に仕上がっています。

  • 商品番号:DDA-25155

    Divine Art

    〈ロシアのピアノ作品 第13集〉
    ラフマニノフ(1873-1943)
    音の絵 第2番 Op.39-2
    楽興の時 Op.16
    ピアノ・ソナタ 第1番 Op.28 詳細ページ
    [アルフォンソ・ソルダーノ(ピアノ)]

    発売日:2020年02月14日

    CD 価格:2,250円(税込)

    Divine Artレーベルの大好評シリーズ、ロシアのピアノ作品集。第13集は2回目となるラフマニノフの作品です。収録曲は、後期ロマン派音楽の最高傑作のひとつであるピアノ・ソナタ第1番と「音の絵」「楽興の時」の組み合わせ。いずれも技巧的な作品であり、イタリア人ピアニストのソルダーノが見事な演奏を聴かせてくれます。 ソルダーノは、チッコリーニの愛弟子で、2013年には「ベスト・イタリアン・アーティスト」のインターナショナル・ゴールドメダルを受賞。編曲や執筆活動でも知られています。現在は、イタリア、フォッジャの音楽院や、ローマのサンタ・チェチーリア音楽院でピアノ演奏の教授を務めています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:DDA-25158

    Divine Art

    イギリスのピアノ三重奏曲集
    (エリコット、テイラー、ボートン、フォレスター、ワーナー) 詳細ページ
    [トリオ・アニマ・ムンディ]

    Piano Trios (English) - BOUGHTON, R. / COLERIDGE-TAYLOR, S. / ELLICOTT, R. / FORRESTER, J.C. / WARNER, H.W. (Trio Anima Mundi)

    発売日:2020年02月14日 NMLアルバム番号:DDA25158

    CD 価格:2,250円(税込)

    エルガーやディーリアスの影に隠れた、英国ロマン派の知られざる5人の作曲家によるピアノ三重奏曲に光を当てたアルバム。 エリコットは、ロイヤル・アカデミーで学んだ女性作曲家。デビューした1880年当時は管弦楽作品でかなりの成功を収めていました。コールリッジ・テイラーは、かのエルガーがある音楽祭より合唱曲の委嘱を受けた際、多忙過ぎたため自身の替わりとして「才能あふれる若者」として紹介した存在。ボートンは、ロスチャイルド家の支援を受け、スタンフォードに師事した作曲家。このアルバムには、傾倒していたケルト神話にちなんだ作品が収録されています。フォレスターはオルガニストや合唱指揮者として活躍しながら、印象派風の作品を残しています。ワーナーはヴィオラ奏者として有名で、ロンドン弦楽四重奏団のメンバーでもありました。 彼らの作品を、オーストラリアで活躍する藤村健史がピアノを担当する2008年に結成されたトリオ・アニマ・ムンディが演奏しています。

  • 商品番号:DDA-25194

    Divine Art

    Prevailing Wind
    プリヴェイリング・ウィンズ(勢いのある風)
    R.スティーヴンス(1958-)
    管楽作品集 詳細ページ
    [リチャード・シンプソン(オーボエ)/ヘレン・ペラー(ファゴット)/セーラ・ミラー(フルート) /ジョン・ターナー(リコーダー)/ジョン・ブラッドベリー(クラリネット)/デヴィッド・ジョーンズ(ピアノ)/ジャネット・シンプソン(ピアノ)/ロビン・スティーヴンス(ピアノ、チェロ、ギター)]

    発売日:2020年02月14日

    CD 2枚組 価格:2,775円(税込)

    1958年、イギリスのウェールズで生まれた作曲家ロビン・スティーヴンス。幼い頃から聖歌隊で歌うとともにピアノを学習、大学ではチェロと音楽学を専攻し、20代から教会の音楽監督をするかたわら、作曲に励みました。イギリス国内で高い人気を誇っていますが、未だ世界の音楽界では知られることのない存在です。 このアルバムは管楽器のための作品集。楽しげで聴きやすい作品から、高度な技術を要する難曲、暗く深淵な楽曲まで、各々の楽器の魅力を存分に引き出す作品が並んでいます。演奏は、BBCフィルの首席オーボエ奏者リチャード・シンプソンや、アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックのリコーダー奏者ジョン・ターナー、もとハレ管弦楽団の首席鍵盤奏者のジャネット・シンプソンなどイギリスの名手たちが担当。作曲家自身もピアノ、チェロとギターの3種類の楽器で演奏に参加し、作品の魅力を伝えています。

  • 商品番号:DDA-25197

    Divine Art

    シューベルト(1797-1828)
    弦楽四重奏曲集
    第13番「ロザムンデ」D.804
    第14番「死と乙女」D.810 詳細ページ
    [フィッツウィリアム弦楽四重奏団]

    発売日:2020年02月14日

    CD 価格:2,250円(税込)

    50年の歴史を誇るフィッツウィリアム弦楽四重奏団によるシューベルトの後期弦楽四重奏集です。彼らが取り上げているのは、1824年、晩年のシューベルトが病に侵されながら書き上げた「ロザムンデ」と「死と乙女」。どちらの曲も、死に魅せられた人間の緊張感や不安感と、時たま訪れる安息が描かれた名作です。この演奏には、ガット弦使用の古楽器が用いられており、シューベルト時代の響きを反映した正統的、かつ堂々とした表現が見事です。 フィッツウィリアム弦楽四重奏団は、1968年にイギリスで結成されたアンサンブル。ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲ツィクルスが作曲家本人に認められ、後にそれをDECCAレーベルでセッション録音し、高い評価を得ました。メンバーの交代はあるものの、創立50周年を迎えた今も、変わらずイギリスを中心に活動を続けています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:DDA-25199

    Divine Art

    MISTRAL - ミストラル
    ジョナサン・エストルンド(1975-)の音楽 詳細ページ
    [トーマス・ビアード(チェロ)/エフゲニー・ブラフマン(ピアノ)/レイチェル・エリザベート・コーエン(フルート)/フェリックス・フォスター(ホルン)/ナタリー・グラインズ(ピアノ) 他 ウラディミール・ポドゴレツキー(指揮)/ベルグスラーゲン室内フィルハーモニック・アンサンブル]

    ÖSTLUND, J.: Violin Concerto / Aquarelle / Morpheus Metamorphoses / Paganini Fantasia / The Forgotten Garden (Mistral) (Beard, Brakhman, Grines)

    発売日:2020年02月14日 NMLアルバム番号:DDA25199

    CD 価格:2,250円(税込)

    スウェーデン出身、ロンドンを経て、近年ルーマニアに拠点を移した作曲家、エストルンドの作品集。若い頃から音楽を志し、スウェーデンの大学でヤン・サンドストレムらに師事。これまでに100曲近くの作品を書き上げています。このアルバムには前作「ルナリス」(DDA-21226)と同様に、彼の作品の特徴である“謎めいた美しさ”や自然への憧憬、詩的な世界観を持つ多彩な作品を収録。ヨーロッパの若き演奏家たちが、見事な表現力で耳を傾けずにはいられない音楽に仕上げています。アルバム・タイトルの「ミストラル」は、フランス南東部に吹く強い風を意味し、タイトル通り、聴き手を美しい音で包みこみ、予想外の緊張感をもたらす瞬間を交えながら、永遠の宇宙の神秘へと誘います。

    収録作曲家:

  • 商品番号:DDA-25200

    膨大な作品数で知られるニューヨーク生まれの作曲家、カーソン・クーマンの第13集となるオルガン作品集。ハーヴァード大学記念教会のコンポーザー・イン・レジデンスを務め、ライターや批評家としても活躍、マルチな才能を持つことで知られています。 彼が最も得意とするオルガン作品は、典礼形式のものから世俗作品まで多様なスタイルが用いられており、ここに収録されている作品は主に2017年から19年の間に作曲された新作ばかり。どれも使用楽器であるドイツ・ゲルリッツの聖ペーター&パウエル教会の有名な“Sun Organ”(サン・オルガン)の最適な響きが生かせるように仕上がっています。 シリーズを通じて、クーマン作品を知り尽くすエリック・シモンズが演奏を担当。録音には前作に続き「Hauptwerkシステム」が採用されており、オルガンの素晴らしい響きが最適のバランスでしっかりと収録されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:FUG761

    Fuga Libera

    シャイユ(1971-)
    伝説 詳細ページ
    [ラウラ・ミッコラ(ピアノ)]

    発売日:2020年02月14日

    CD 価格:2,325円(税込)

    注目のフランスの作曲家がおくる11の内面への旅1970年生まれのシャイユが、過去と未来の境界線をぼかし、想像力からも解放されるといった方法を探しながら作曲したという11の小品集『伝説』。生まれた作品には独特の美しさと緊張感があり、聴く者の心の動きを通して様々な景色が見えてくるようです。 現代作曲家たちからも信頼が深いだけでなく、aeonレーベルでのラフマニノフやブラームスなどクラシックな演目での名演も高く評価されているフランスのフィンランド人ピアニスト、ラウラ・ミッコラの注目企画です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:JAH-403

    SWR Jazzhaus

    デューク・エリントン・オーケストラ
    ライヴ・イン・シュトゥットガルト '67
    詳細ページ
    [デューク・エリントン・オーケストラ]

    発売日:2020年02月14日

    CD 価格:1,725円(税込)

    デューク・エリントン・オーケストラの1967年3月6日、シュトゥットガルト・リーダーハレでのライヴ。 SWR(南西ドイツ放送) JAZZHAUSレーベルのベストセラーを再発売。

  • 商品番号:JAH-477

    SWR Jazzhaus

    SWR NEWJazz Meeting (Nov. 2017)
    Spider‘s Egg (Pedro Martins etc) 詳細ページ
    [Spider‘s Egg]

    発売日:2020年02月14日

    CD 2枚組 価格:2,175円(税込)

    2017年、SWR(南西ドイツ放送)ジャズ・ミーティング50周年記念のライヴ・レコーディング。 南アメリカで最も偉大なジャズ・ミュージシャンの一人、ペドロ・マルチンスがこのライヴのために組んだセッションSpider's Eggによるライヴ。

  • 商品番号:MSV-28595

    Divine Art

    Astraea
    アルチョーモフ(1940-)
    グバイドゥーリナ(1931-)
    ススリン(1942-2012)

    〔即興演奏集〕
    時の海の音によるアーキペラゴス
    ドルチシッシモ/デス・ヴァレー 詳細ページ
    [アストレア・アンサンブル/ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ&マイルズ・アンダーソン]

    Chamber Music (Contemporary Russian) - ARTYOMOV, V.P. / GUBAIDULINA, S. / SUSLIN, V. (M. Anderson, Astraea)

    発売日:2020年02月14日 NMLアルバム番号:MSV28595

    CD 価格:2,250円(税込)

    現代ロシアを代表する3人の作曲家、アルチョーモフ、グバイドゥーリナ、ススリンが、自分たちの作品や、南コーカサス地域(アゼルバイジャン、アルメニア、ジョージア)と中央アジアの楽器を用いて即興演奏を行うために1975年に結成した「アストレア・アンサンブル」。 最初の2曲は、1977年と80年にロシアで録音されたもの。3人の作曲家がドゥドゥク(ダブルリードの木管楽器)、サラムリ(リコーダーに似たジョージアの笛)、タール(長いネックのリュート属の楽器)、マンドリンや様々な種類のドラムやベルを演奏、ユニークな響きを楽しめます。3曲目は、卓越した技術をもつアメリカのトロンボーン奏者、マイルズ・アンダーソンとアルチョーモフのコラボによるカリフォルニアのスタジオでの録音。登場するドイツ語の愛の詩のテキストは、最後のロシア皇帝、ニコライ2世の日記からとられたもので、少しだけエレクトロニックな処理が施されています。 この貴重な録音はこれまでロシアのみで発売されてきましたが、今回初めて世界発売となります。

  • 商品番号:NYCX-10124

    Phi

    J.S.バッハ(1685-1750)
    ヨハネ受難曲 BWV 245(全曲) 詳細ページ
    [フィリップ・ヘレヴェッヘ、コレギウム・ヴォカーレ・ヘン、マクシミリアン・シュミット(テノール/福音史家)クレシミル・ストラジャナツ(バス/救世主イエス)ドロテー・ミールズ(ソプラノ/アリア)ダミアン・ギヨン(カウンターテナー/アリア)ロビン・トリッチュラー(テノール/アリア)ペーター・コーイ(バス/総督ピラト/アリア)フィリップ・カーヴェン(バス/使徒ペトロ)シュテ―ファン・ゲーラー(テノール/大祭司の邸宅の男)マグダレーナ・ポトコシチェルナ(ソプラノ/召使いの女)]

    発売日:2020年02月14日

    CD 2枚組国内仕様 日本語解説付き 価格:4,400円(税込、送料無料)

    ヘレヴェッヘの究極形としての「ヨハネ」。バッハの時代の作法が紡ぎ出す迫真の受難物語フィリップ・ヘレヴェッヘの自主レーベルから『ヨハネ受難曲』が完全新録音で登場します。齢70を記念してのインタビュー本『フィリップ・ヘレヴェッヘとの対話』(カミーユ・デ・レイク編著/LPH026)で「これからの時間は自分にとって本当に必要と思える作品の演奏に使いたい」と語ったヘレヴェッヘが、自らのレーベルで世に問うバッハの新録音は、一つ一つに大きな意義があるところ。そして事実、この『ヨハネ』新録音は同作究極の解釈と呼びうる気合い充分な内容に仕上がっているのです。 さまざまな異版が残り、作曲家自身による決定稿と呼びうるものがないバッハの『ヨハネ受難曲』。ヘレヴェッヘはharmonia mundi franceで既に1987年と2001年にこの作品を録音、とくに後者はマーク・パドモアを福音史家に起用し、『マタイ受難曲』第1部終曲が冒頭にあしらわれている異例の1725年第2稿を採用したことで大きな話題となりました。今回は最初の録音と同じ版を基調にしているようですが、冒頭曲はむしろ1987年盤よりもアップテンポで始まる、時に熱に浮かされたような迫真の音作り。演奏者同士の堅い信頼感から生まれるコレギウム・ヴォカーレ・ヘントならではの一体感とあいまって、えも言われぬエキサイティングな受難物語が展開してゆきます。 福音史家は、近年ヘレヴェッヘの名演に続々参加しているマクシミリアン・シュミット。末永く聴き深められそうな『ヨハネ』の新名盤、お見逃しなく!

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-10126

    Arcana

    『海から来たレディ』
    ― ヴァイオリンとチェロによる二重奏、18世紀から21世紀へ 詳細ページ
    [キアーラ・ザニージ(ヴァイオリン)、ジョヴァンニ・ソッリマ(チェロ)]

    発売日:2020年02月14日

    CD国内仕様 日本語解説付き 価格:2,970円(税込)

    今をときめくソッリマが、バロックの異才と解き明かす「異形のデュオ」の系譜2019年の来日でも大きな話題を呼んだイタリアのチェロ奏者=作曲家ジョヴァンニ・ソッリマ。弦楽器の機能を知り尽くしたうえで繰り出される音は精悍にして妖艶、時に異国情緒をはらみつつもクラシカルな端正さを失わず、多方面にわたるリスナーを魅了してきました。 バロック楽器へのまなざしも熱い21世紀型のプレイヤーとしても独特の存在感をあらわしつつあるソッリマが今回、イル・ジャルディーノ・アルモニコやラ・ディヴィナ・アルモニアなどイタリア最前線の古楽器グループであざやかな活躍をみせてきたバロック・ヴァイオリン奏者キアーラ・ザニージとタッグを組み、ヴァイオリンとチェロでバロック・古典・近現代をまたぐ痛快なアルバムを世に問います。 アルバムタイトルの「海から来たレディ」とは彼らも乗船する一艘の外洋艇、レディ・ローレンのこと。さまざまな事情を抱えた人々と船上生活をともにする彼らのプログラムから生まれた今回のアルバムには、チェンバロなどを伴わずチェロだけが低音部を支えるバロック後期特有の新技法にもとづく曲が多数含まれていながら、時に古典派のブレヴァルや近代ロシアの名匠グリエール、そしてソッリマ自身の新作も織り交ぜた厳選選曲。18世紀作品では弓を持ち替え、作品の様式に合った古楽奏法も繰り出しながら、デュオとしてはやや珍しいこの編成ならではの音楽美を縦横無尽に堪能させてくれます。 ピリオド奏法がもはや大前提として存在する21世紀ならではの室内楽の形、聴き逃せない欧州音楽の最前線です。

  • 商品番号:NYCX-10127

    Fuga Libera

    『BACH - BUSONI』
    ブゾーニのバッハ、ブゾーニのピアノ作品
    ~歴史的ピアノと現代ピアノで~ 詳細ページ
    [ヤン・ミヒールス(ピアノ)]

    発売日:2020年02月14日

    CD国内仕様 日本語解説付き 価格:2,970円(税込)

    今こそ歴史的ピアノで向き合うべき、「ブゾーニのバッハ」の素顔を現代ピアノを知らなかったバッハが書いた音楽は、18世紀に存在していたチェンバロやバロック楽器で弾いてこそ真の姿に近づける――20世紀に「古楽器演奏」という新たなムーヴメントが広まってゆく過程で、バッハの思い描いた作品像を大きく歪めたロマン派的解釈の象徴のように扱われるようになり、古楽器愛好者たちからは忌避されさえしたのが、20世紀初頭に活躍したブゾーニによるバッハ作品の編曲版でした。 しかし実際はブゾーニとて、私たち21世紀人たちから見れば100年前の音楽家です。弦楽器は羊腸弦がまだ主流で、リストやブラームスが生演奏するピアノを聴いていた世代の多くと時代をともにしたこのピアニスト=作曲家のバッハ観を、スタインウェイのピアノが極東の津々浦々まで普及した現代の「普通のピアノ感覚」と並列の認識でよいものでしょうか? マーラーやストラヴィンスキーの作品までピリオド楽器で演奏されるようになってきた今こそ、19世紀末当時の楽器と奏法でブゾーニのバッハ編曲のありようを問い直す意義は大きいと言えるでしょう。 すでに歴史的ピアノでの録音も複数存在するドビュッシーやサティと同年代でもあるブゾーニ自身の作品も含めて演奏するのは、古楽大国ベルギーの名手ヤン・ミヒールス。『ドビュッシーのトンボー』(FUG590)でも絶賛を博した歴史的ピアノ奏者がくりだす丁寧な解釈が、作曲家自身と同世代のベヒシュタイン・ピアノでいや増しに輝きます。 19世紀末のピアノの製作理念を取り入れ、ダニエル・バレンボイムの絶賛も受けたクリス・マーネの並行弦ピアノも適切な存在感をあらわす、21世紀ならではの新録音です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-10128

    MUSO

    シューベルト(1797-1828)
    連作歌曲『冬の旅』
    (バリトン独唱と弦楽四重奏による演奏/G.ゴベール編曲) 詳細ページ
    [アラン・ビュエ(バリトン)レズール・デュ・ジュール四重奏団(古楽器使用)]

    発売日:2020年02月14日

    CD国内仕様 日本語解説付き 価格:2,970円(税込)

    シューベルト生前の作法による四重奏版の古楽器演奏で、理想の作品像へ……!フランス古楽界では今や大御所、経験豊かなステージ・パフォーマーにして筋金入りの古楽系劇音楽人のアラン・ビュエが、満を持して『冬の旅』の全曲録音をリリースするにあたり、選んだパートナーはなんと弦楽四重奏団。しかも通り一遍のグループではなく、4人とも古楽器の名手として名を馳せてきた腕利きが集うレズール・デュ・ジュール四重奏団がクレジットされています。 一流の古楽プレイヤーでありながら、なぜ彼はシューベルト自身が弾き知っていた19世紀初頭型のフォルテピアノではなく、また現代型の四重奏団でもなく、わざわざ19世紀当時の楽器と奏法を重んじるグループを共演者に選んだのでしょう? 本盤の解説書によれば、シューベルトの時代の音楽を演奏再現するにあたっては楽譜をよく読み込み、適切な演奏編成を再構成するのが決して珍しいことではなかった……とのこと。いわば楽譜という「素材」をどう料理するか?の一環として楽器編成の再構築も含まれるのなら、本盤の古楽器四重奏団との共演も頷けます。 変幻自在の情感表現で作品愛を絶妙の解釈へと昇華させてゆくビュエとともに、経験豊富な古楽器使いたちが繰り出す繊細なニュアンスの連続。シューベルトも首肯するのではと思える迫真の音作り、たんなる編曲版とは明らかに違う古楽流儀の「冬の旅」なのです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-50065

    Château de Versailles Spectacles

    モンテヴェルディ(1567-1643)
    『聖母マリアの夕べの祈り』(全曲) 詳細ページ
    [ラファエル・ピション、ピグマリオン(古楽器使用)、レア・デザンドル、エヴァ・ザイシク(ソプラノ)リュシル・リシャルド(アルト)オリヴィエ・コワフェ、エミリアーノ・ゴンサレス・トロ、ザッカリー・ワイルダー(テノール)ニコラ・ブローイマンス、ルノー・ブレ、ジョフロワ・ビュフィエール(バス)]

    発売日:2020年02月14日

    DVD国内仕様 日本語解説付き(日本語字幕なし) 価格:5,500円(税込、送料無料)

    バロック建築が映える照明も! 躍進めざましいピション&俊才たちの痛快古楽器演奏今や、幼少の頃はじめて手に取る楽器がヴィオラ・ダ・ガンバやリュートであることも珍しくない古楽先進国フランス。その最前線をひた走る若き敏腕指揮者ラファエル・ピションが信頼できる音楽仲間を集めたピグマリオンは、今もっとも来日が望まれている古楽グループのひとつ――その技量はおもに18世紀作品で発揮されてきましたが、ここに登場するライヴ映像にふれてみれば、いかに彼らがバロックの真髄をものにし、モンテヴェルディ特有の音楽世界ともこのうえなく相性抜群だったかがわかることでしょう。 ヴェルサイユ旧王室礼拝堂のバロック内装を背景に彼らが繰り広げるモンテヴェルディ代表作のライヴは、教会での祈祷に供される作品本来のあり方を意識させる映像冒頭の祈りから一転、序曲を成すトッカータとともに照明が変わり、礼拝を越えた音楽の力をいかんなく伝えてやみません。独唱者陣には今をときめくザイシクやトロも加わり、合唱に対して小ぶりに揃えられた器楽陣営の存在感も格別。目にする機会の少ない古楽器の貴重な演奏図であることさえ忘れかかるほどの、惚れ惚れするような躍動感豊かな演奏……何度も聴きたくなる一作、今こそ見ておきたい古楽映像です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:OTN631

    Outnote Records

    REVERSO
    THE MELODIC LINE 詳細ページ
    [REVERSO - FRANK WOESTE, RYAN KEBERLE, VINCENT COURTOIS]

    発売日:2020年02月14日

    CD 価格:2,250円(税込)

    ドイツ出身フランス在住のピアニスト フランク・ヴェステ、アメリカのトロンボーン奏者ライアン・ケベール、フランスのチェロ奏者ヴィンセント・クルトワによるトリオ“REVERSO”2枚目のアルバム。 心地よいリズムと、詰め過ぎず程よい密度の音から生まれる手のひらに載るようなグルーヴ、リリカルなピアノ、メロディアスなトロンボーンによるリラックスしたサウンドが基調。時折挟まれる高テンションのアクセントもまた、程よいスパイスとなっています。

  • 商品番号:C5369

    Capriccio

    カプースチン(1937-)
    サクソフォンのための室内楽作品集 詳細ページ
    [エリザヴェータ・ブルーミナ(ピアノ)/ペーター・ブルーンス(チェロ)/クレール=オプスキュール・サクソフォン四重奏団]

    KAPUSTIN, N.: Saxophone Chamber Music (E. Blumina, P. Bruns, Clair-Obscur Saxophone Quartet)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:C5369

    CD 価格:2,100円(税込)

    1930年代からソビエト連邦でビッグバンドの一員としてジャズを演奏、アレンジしていたカプースチンですが、彼が興味を抱いていたのは「クラシック音楽」であり、ジャズのイディオムを取り入れることで、次々と新たなスタイルが生まれ、このジャズ風のクラシック作品は現在世界中で高い人気を誇っています。 このアルバムにはサクソフォンを効果的に用いた3つの作品を収録。2つの編曲作品は、どちらもカプースチンが認めたという出来栄えであり、素晴らしいアンサンブルで高く評価されるクレール=オプスキュール・サクソフォン四重奏団の闊達な演奏でお楽しみいただけます。また五重奏曲には、ロシア近代作品の見事な解釈で知られるピアニスト、エリザヴェータ・ブルーミナが参加、二重奏では名手ペーター・ブルーンスがチェロを弾くなど、素晴らしいゲストにも注目です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:C5388

    Capriccio

    ドホナーニ(1877-1960)
    パントマイム『ピエレットのヴェール』Op.18 詳細ページ
    [アリアーヌ・マティアク(指揮)/ウィーン放送交響楽団]

    DOHNÁNYI, E.: Schleier der Pierrette (Der) (The Veil of Pierrette) [Pantomime] (Vienna Radio Symphony, Matiakh)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:C5388

    CD 価格:2,100円(税込)

    ハンガリー出身のエルンスト・フォン・ドホナーニ(ハンガリー名ドホナーニ・エルネー)は指揮者クリストフ・フォン・ドホナーニの父として知られる作曲家。19世紀ロマン派の流れを汲む重厚な作品を数多く残しており、これらは近年演奏、録音機会が増えています。 このアルバムに収録されたパントマイム『ピエレットのヴェール』もそんな作品の一つで、ドホナーニはこの作品を通じ、バレエとは違う物語と音楽の融合を目指し、当時人気を誇っていたアルトゥル・シュニッツラーの原作を選び、色彩豊かな音楽を付けています。全曲が演奏されることはほとんどありませんが、第2幕に置かれた「結婚式のワルツ」だけは、ヨーロッパのラジオ放送におけるリクエスト番組で定期的に取り上げられるなど今も変わらぬ人気を誇っています。 今回、作品の全曲演奏に取り組んだのは、注目の女性指揮者アリアーヌ・マティアク。ドホナーニが目指した「物語の親密で自然な表現」を確かな形にして、聴き手に届けています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:C7337

    Capriccio

    モダン・タイムズ・エディション
    20世紀作品集
    詳細ページ
    [カール=ハインツ・シュテフェンス/ラインラント=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団 他]

    発売日:2020年02月07日

    11枚組(10CD+1DVD) 価格:4,650円(税込、送料無料)

    2014年から6年間のを歳月をかけて完成したCapriccioの注目シリーズ「モダン・タイムズ・エディション」。アルバム毎に1人の作曲家の作品を取り上げ、その多彩な作風を追求する企画であり、20世紀に活躍した作曲家たちの「何らかの事情でコンサートのレパートリーから消えてしまった」ものの、21世紀の今日、少しずつ再評価され始めた作品を網羅しています。 10人の作曲家の中には、自身の作品が理解されないことを悲観し、自死を遂げたベルント・アロイス・ツィマーマン、最近注目されている“退廃音楽”の作曲家クシェネクをはじめ、若い頃にファシスト政権に抑圧されたダラピッコラ、あまりにも斬新な作品を発表したため聴衆が離反したというアンタイルなど波乱の生涯を送った人々が含まれるとともに、アルゼンチンの民族主義を追求し独自の作風を手にしたヒナステラなど、ロシアの粛清の波を上手く避け、ソビエト連邦公認の芸術家として君臨したカバレフスキーや、一部の曲ばかりが愛好されるヴォーン=ウィリアムズの珍しい作品も聴くことができます。また【CD10】に置かれたヒンデミットの録音は、今回が初出音源となるもので、10人目の作曲家としてBOXを締めくくるにふさわしいアルバムとなっています。 ボーナスDVDでは、指揮者シュテフェンスやソリストたちにより、企画の意図や演奏への意気込みなどが語られており、字幕はありませんが、この時代の作品に興味を持つ人にとっては、素晴らしい贈り物となることでしょう。   カール=ハインツ・シュテフェンス(指揮) もともとはクラリネット奏者として、バイエルン放送響の首席奏者(1989-1996)やベルリン・フィルの首席奏者(2001-2007)を歴任。2007年に指揮者に転向し、2009年からラインラント=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を努め、オーケストラと良好な関係を築きました。2019年からはプラハ国立歌劇場の音楽監督に就任し、更なる活躍が期待されています。

  • 商品番号:C986192

    Orfeo

    オーベール(1782-1871)
    『青銅の馬』 3幕のオペラ・コミーク 詳細ページ
    [フランツ・フックス(バリトン)、ティーノ・ディ・コスタ(テノール)、レオ・ヘッペ(バス)、クルト・エクヴィルツ(テノール)、ヴィルマ・ユング(ソプラノ)、エディト・ケルマー(ソプラノ)、ヘルタ・シュミット(ソプラノ)、クルト・リヒター(指揮)低地オーストリア・トーンキュンストラー合唱団 大ウィーン放送管弦楽団]

    AUBER, D.-F.: Cheval de bronze (Le) [Opera] (Fuchs, di Costa, Heppe, Tonkünstler Chorus, The Great Vienna Radio Orchestra, Kurt Richter)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:C986192

    CD 2枚組 価格:2,250円(税込)

    フレンチ・オペラの忘却の大家、オーベールの貴重な録音を復刻!ケルビーニに作曲を師事し、1842年に現在のパリ音楽院の院長に就任、1852年にはナポレオン三世の王室礼拝堂楽長にも就任したオーベール。当時パリ・オペラ座で人気を博したその作品ですが、現在では全曲で演奏されることはほとんどありません。台本作家ウジェーヌ・スクリーブとの共作で作られた代表作の一つを、1953年にオーストリア放送で録音した貴重な放送用音源より復刻。歌唱はドイツ語となっており、ウィーン伝統の響きで楽しむことが出来ます。 物語は『アラビアン・ナイト』に含まれる物語を発展させ、舞台を中国としたもの。その背に乗った男全てを、美しいステラ姫率いる女性たちの待つ金星へと連れていく青銅の馬。そこで課された問題を解決すれば、美しい女性たちのうち一人を選び共に地球へ帰れますが、解決できなければ一人で追い返され、その体験を他人に話すと石になってしまいます。この青銅の馬をめぐる、王子や老官吏たちの物語。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GP800

    GRAND PIANO

    ハンズネス(1951-)
    〔ピアノ作品集〕
    クラヴィナータ 第1番-第7番
    ピアノ・ソナタ 第1番
    ダウントーンド・ビーツ 詳細ページ
    [ラウラ・ミッコラ(ピアノ)]

    HUNDSNES, S.: Clavinata Nos. 1-7 / Piano Sonata No. 1 / Downtoned Beats (Mikkola)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:GP800

    CD 価格:1,950円(税込)

    スヴェイン・ハンズネスは現代ノルウェーで最も重要視されている作曲家の一人。彼が創り出す音楽はジャズ、ロックからファンクまで幅広いジャンルを根幹に持つ柔軟なスタイルを持っています。 このアルバムの中心を成すのは「クラヴィナータ」と題された7つの曲。彼は2015年から2018年までに10曲の「クラヴィナータ」を作曲、どれも複雑に旋律が絡み合う技巧的なトッカータを思わせる曲ですが、それぞれは独立した形式を持っており、曲同士に関連はありません。小さな素材が発展していくものが多く、リズムが主導になる曲も含まれています。途中に置かれた「ソナタ」も多彩な音が散りばめられた聴きごたえのある曲。「ダウントーンド・ビーツ」は弾むリズムが楽しい曲です。 ヘルシンキのシベリウス・アカデミーで学び、1995年のエリーザベト王妃国際コンクールで第2位を受賞したフィンランドのピアニスト、ラウラ・ミッコラによる演奏で。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GP806

    GRAND PIANO

    ハルシャーニ(1898-1954)
    〈ピアノ作品全集 第1集〉
    5つの小さな前奏曲
    1週間/田園曲/踊る赤ちゃん
    5つのリズミックな練習曲 詳細ページ
    [ジョルジオ・コウクル(ピアノ)]

    HARSÁNYI, T.: Piano Works (Complete), Vol. 1 (Koukl)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:GP806

    CD 価格:1,950円(税込)

    ハンガリーで生まれフランスで活躍した作曲家ティボール・ハルシャーニ。彼はブダペストでコダーイに学び、ピアニスト、指揮者として活躍。1923年からはパリに拠点を置き、マルティヌー、タンスマン、ミハロヴィチ、アレクサンドル・チェレプニンら各国からパリにやってきた作曲家たちと「エコール・ド・パリ」を結成。自身はハンガリーの民謡と北米、南米のリズムを融合させたユニークな作品を数多く作曲しました。 このアルバムには彼の特徴を端的に示す曲集を収録。なかでも「踊る赤ちゃん」では、さまざまなダンスのリズムを用いた小品が並び、当時のヨーロッパの流行の一端を伺うことができます。また「LA SEMAINE=1週間」と題された作品にも、風変わりな民謡や静寂の夜想曲など、ヴァラエティ豊かな曲が含まれています。 スペイン、東欧の作品を得意とする名手ジョルジオ・コウクルの演奏です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GP827

    GRAND PIANO

    ニーノ・ロータ(1911-1979)
    〈独奏ピアノのための作品全集 第1集〉
    15の前奏曲/幻想曲 ト長調
    子どものための7つの難しい小品 詳細ページ
    [エレノア・ホジキンソン(ピアノ)]

    ROTA, N.: Piano Solo Works (Complete), Vol. 1 (E. Hodgkinson)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:GP827

    CD 価格:1,950円(税込)

    ニーノ・ロータといえば、「山猫」や「太陽がいっぱい」、「ゴッド・ファーザー」などの映画音楽が頭に浮かぶ人も多いことでしょう。しかし彼自身は「私はクラシック音楽の作曲家であり、映画音楽は楽しみのために書いている」と語っていたといい、実際にピアノ曲、その他の器楽曲、協奏曲、交響曲、室内楽曲、宗教音楽、バレエ音楽、オペラなど幅広い音楽を残しています。これらの楽譜は彼の死後に発足した財団によって整理され、少しずつ演奏、出版されるようになり、ようやく彼が望んだ「純クラシックの作曲家としてのロータ」の評価がされ始めるようになりました。 彼のピアノ曲全集シリーズの第1集となるこのアルバムには、さまざまな工夫が凝らされた1964年の「15の前奏曲」と彼の晩年である1971年にバーリ音楽院の教育課程のために書かれた「子供のための7つの難しい小品」。そして、まさに映画音楽を思わせる美しく起伏に富んだ「幻想曲」が収録されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS12017

    IBS Classical

    チェロ作品集
    ラフマニノフ(1873-1943)
    チェロ・ソナタ ト短調 OP.19
    フランク(1822-1890)
    チェロ・ソナタ イ長調 詳細ページ
    [アシエル・ポロ(チェロ)/マルタ・サバレタ(ピアノ)]

    Cello and Piano Recital: Polo, Asier / Zabaleta, Marta - RACHMANINOV, S. / GLAZUNOV, A.K. / FRANCK, C. / RAVEL, M.

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-12017

    CD 価格:2,250円(税込)

    1971年、スペイン生まれのチェリスト、アシエル・ポロ。マリア・クリーゲルとイヴァン・モニゲッティに師事し、数多くのコンクール受賞歴を持つ彼は、ソリストとしてアントニ・ヴィト、ピンカス・スタインバーグらの名指揮者と共演するだけでなく、室内楽奏者としても活躍しています。 このアルバムではラフマニノフとフランクのソナタを中心に、グラズノフ、ラヴェルの作品を演奏。情感溢れる音色で詩情豊かな演奏を聴かせます。

  • 商品番号:IBS152019

    IBS Classical

    Prélude〔ピアノ作品集〕
    (J.S.バッハ、フランク、ドビュッシー、デュティユー) 詳細ページ
    [アントニオ・ガレラ(ピアノ)]

    Piano Recital: Galera, Antonio - BACH, J.S. / DEBUSSY, C. / DUTILLEUX, H. / FRANCK, C. (Prélude)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-152019

    CD 価格:2,250円(税込)

    バッハ、フランク、ドビュッシーからデュティユーまでの幅広い年代の作曲家たちの作品の中から、プレリュード(前奏曲)を厳選したアルバム。プレリュードはシンプルであるがゆえに、ピアニストの選曲のセンスや解釈から、本人の性格に至るまでを映しだす鏡のようなジャンルといえるかもしれません。 スペイン出身のガレラは、繊細な精神の宿る各々の曲を、自身の中にもつ情熱と融合させ、詩情とパッションあふれる演奏で聴かせてくれます。ガレラはバレンシアのホアキン・ロドリーゴ音楽院やパリのエコール・ノルマルでピアノとフルートを学び、ヤマハ音楽財団ヨーロッパの賞などを受賞。スペイン国内をはじめ、ヨーロッパやアメリカ、台湾などで演奏しています。静かな佇まいの中にも、確かなテクニックに支えられたスペイン期待のピアニストです。

  • 商品番号:IBS162019

    IBS Classical

    ヘンデル・トリビュート
    ヘンデル(1685-1759)
    トリオ・ソナタ集 詳細ページ
    [アンサンブル・ラポテオーゼ/ラミロ・モラレス(ギター)]

    HANDEL, G.F.: Trio Sonatas, HWV 386b, 389, 396, 397 / Violin Sonatas, HWV 359a and 371 (Händel Tribute) (Morales, Ensemble L'Apotheose)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-162019

    CD 価格:2,250円(税込)

    2017年にスペインで結成された古楽器アンサンブル、ラポテオーゼによるヘンデルへのトリビュート・アルバム。トリオ・ソナタOp.2とOp.5から厳選された4曲に、独奏楽器と通奏低音のレパートリーから選択した2曲の計6作品を収録。 ラポテオーゼのアンサンブル名は、彼らがアンサンブルとして最初に取り組んだフランソワ・クープランの「コレッリ讃」(L'aopothéose de Corelli)から採られたもので、これは、その後の彼らの実り多い音楽の旅にふさわしい名前となりました。カルテットの形であらゆる古楽作品に真摯に向き合い、色彩豊かな演奏で、2019年ヨーク・アーリーミュージック国際コンクールや2017年ゲッティンゲン・ヘンデル・コンクールで優勝するなど、スペイン国内外の12のコンクールで成功を収めており、注目の古楽アンサンブルとして急成長しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS172018

    IBS Classical

    AMETSETAN
    バスク地方の歌曲集
    詳細ページ
    [ミレン・ウルビエタ=ベガ(ソプラノ)/ルベン・フェルナンデス・アギーレ(ピアノ)]

    Vocal Recital (Soprano): Urbieta-Vega, Miren - GURIDI, J. / ISASI, A. / LAVILLA, F. / SOROZÁBAL, P. (Ametsetan)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-172018

    CD 価格:2,250円(税込)

    19世紀後半、1876年のカルリスタ戦争の後、バスク地方はイベリア屈指の重工業地帯として輝かしい経済成長を遂げ、芸術や音楽文化が花開きましたが、それに伴い、地方からの移民も増加。伝統的なバスク社会が独自の言語や文化の消滅の危機にさらされ、ナショナリズム運動へと繋がっていく激動の時代がありました。そんな時期にビルバオで活躍したイサシやブルジョワのエリート一家に生まれたグリーディの「10のバスクの旋律」などは、まさに誇り高きバスク人の精神性を表しています。 一方、ソロサバルは農民一家の出身で、サン・セバスチャンのカジノや映画館やカフェで働き、そこで親しんだ都会の民謡や流行し始めたジャズを取り入れた人。1920年代のドイツにも滞在した経験を持ち、ハイネの詩に曲を付けた「7つの歌」は、それぞれの地域の文化が入り混じった作風になっています。 近年、美味しい料理などで日本でも注目されているバスク地方の、音楽の歴史が感じられる、味わい深い歌曲がお楽しみ頂ける1枚です。

  • 商品番号:IBS172019

    IBS Classical

    ロドリーゴ(1901-1999)
    ギター作品集 詳細ページ
    [ペドロ・ロハス=オガヤル(ギター)]

    RODRIGO, J.: Guitar Works - Junto al Generalife / 3 Spanish Pieces / Invocación y danza / In the Wheatfields / Sonata giocosa (Rojas-Ogáyar)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-172019

    CD 価格:2,250円(税込)

    「アランフェス協奏曲」の美しく親しみやすいメロディで、クラシック音楽におけるギターの存在を世に知らしめ、楽器の地位を確立させた20世紀スペインの作曲家ロドリーゴの作品集。3歳でジフテリアにより視力を失うも楽才を発揮、バレンシアとマドリードの音楽院を経てパリへ渡り、ポール・デュカスに師事し音楽家の道を志しました。 ロドリーゴ自身はピアニストで、ギターは演奏しませんでしたが、「アランフェス協奏曲」で高い評価を受けたのを機に、色彩感豊かでどこか哀愁のあるギターの名曲を多数作曲しています。これらは一般的にはそれほど知られていませんが、クラシック・ギタリストにとってはどれもが大切なレパートリー。 ここで演奏しているのは、スペインのハエン県、トレス出身のロハス=オガヤルで、今作が2作目のソロCD。1作目は2015年に20世紀と21世紀のスペイン音楽集をリリースするなど、近年のスペイン現代音楽の初演を多数手がけている演奏家です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS182018

    IBS Classical

    ディアス=ヘレス:
    メタルディオ 第1巻-第3巻 詳細ページ
    [グスタボ・ディアス=ヘレス(ピアノ)]

    DÍAZ-JEREZ, G.: Metaludios, Books 1-3 (Díaz-Jerez)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-182018

    CD 価格:2,250円(税込)

    1970年、カナリア諸島生まれのディアス=ヘレスは、地元、サンタ・クルス音楽院を経てニューヨークのマンハッタン音楽学校で学び、カーネギーホールやロンドンのロイヤル・フェスティヴァル・ホールなどで演奏経験のあるコンポーザー・ピアニスト。自らの作品に数学のフラクタル(二次元分裂図形)や、数論、セル・オートマトン(数学で利用される計算モデル)などを応用し、現代の音楽のトレンドと融合させるという独自の作風で知られています。コンピュータ利用により生まれた電子音楽を伝統的な楽器に置き換える作業を行うことで、より新しい音の拡張を追求するのも彼の特徴です。 本作品は2013年から作曲が開始され、第4巻と5巻にもすでに着手しているという「メタルディオ」。このタイトルは、“高次”、や“超”を意味するメタと、ラテン語の“遊ぶ”や“演奏する”の意味のludēreに由来しており、各曲には科学的なプロセス、神話、特別なアーティストへのオマージュなど様々な独自のキャラクターが与えられています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS182019

    IBS Classical

    Ricercata
    リチェルカータ
    (ショスタコーヴィチ、リゲティ、シュトックハウゼン) 詳細ページ
    [マリオ・プリスエロス(ピアノ)]

    Piano Recital: Prisuelos, Mario - LIGETI, G. / SHOSTAKOVICH, D. / STOCKHAUSEN, K. (Ricercata)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-182019

    CD 価格:2,250円(税込)

    20世紀、イタリアのジョヴァンニ・アメンドラが唱えた『全体主義』の思想は、人類に大きな恐怖をもたらしました。音楽の世界においてもその影響はまぬがれず、全体主義政権に対抗し、最悪のケースでは命を奪われた作曲家も存在しました。ここに作品が収録された3人の作曲家たちはそこまでの酷い経験はしていないものの、ソヴィエト一党独裁政権やドイツのナチズムなどにより、それぞれの家族が少なからず影響を受けたことが彼らのプロフィールから見えてきます。 そんな視点でアルバムを制作したのは、スペインはマドリード出身のピアニスト、プリスエロス。彼は20世紀の全体主義に影響を受けつつも、それぞれの美学に貫かれた作品を演奏、聴き手に音楽の素晴らしさを提示します。

  • 商品番号:IBS192018

    IBS Classical

    Alto Mystic
    独奏ヴィオラのためのスペイン作品集
    詳細ページ
    [アナ・マリア・アロンソ(ヴィオラ)]

    Viola Recital: Alonso, Ana María - BUSTAMANTE, M. / CARRO, M. / ERKOREKA, G. / LANCHARES, S. (Alto Mystic)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-192018

    CD 価格:2,250円(税込)

    スペインの今を生きる作曲家が1995年から2017年の間に作曲した作品を集めたヴィオラ・アルバム。 演奏は、スペイン現代曲を得意とし、作曲家と緊密なコラボを行いながら数多くの作品の初演を手掛けているアナ・マリア・アロンソ。15歳でデビューし、1998年から2009年にかけてマドリード交響楽団のメンバーとして、スペイン国内、アメリカやヨーロッパ・ツアーでも活躍する彼女、アルバム・タイトル「アルト・ミスティック」にはアルトの深みのある声をもつヴィオラという楽器の神秘性や無限の可能性を広めたいという気持ちを表しています。 アロンソの演奏は確かな技術の上に、情熱と使命感に満ちており、繊細で詩的な音色はもちろん、ヴィオラがどんな挑戦的な曲にも対応できる柔軟性をも備えた楽器であるかを教えてくれます。

  • 商品番号:IBS212018

    IBS Classical

    D.スカルラッティ(1685-1757)
    ヴェネツィア写本 1742年
    通奏低音と独奏楽器のためのソナタ集(アンサンブル編) 詳細ページ
    [ラ・テンペスタ(ピリオド楽器使用)]

    SCARLATTI, D.: Basso Continuo Sonatas (Venezia 1742) (Chulilla, La Tempestad)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-212018

    CD 価格:2,250円(税込)

    ナポリに生まれ、スペインのマドリードで没したドメニコ・スカルラッティは、555曲もの鍵盤ソナタを残し、近代的な鍵盤奏法を確立した作曲家。彼が熱心に作曲活動を始めたのは、ポルトガル宮廷礼拝堂楽長に就任し、王女マリア・バルバラと王子フェルディナンドの鍵盤楽器のレッスンを担当するようになってからと言われています。1742年のヴェネツィア写本に収録された作品は初期のもので、王女と皇太子の学習用に作曲されたといわれており、通奏低音とソロ旋律声部からなる作品が含まれ、ヴェネツィアで習得したらしいヴァイオリン奏法の影響もみることができます。 シルヴィア・マルケス・チュリリャ率いるラ・テンペスタは、2000年に結成された古楽器使用のアンサンブル。スペインの古楽界で注目されており、ドメニコ・スカルラッティ特有の予測不能なリズムや流れなどを巧みな技術でカバー、精度の高い演奏を繰り広げています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS22017

    IBS Classical

    戦いのクラリオン
    マルティン・イ・コル:
    音楽の花束(1706-1709)より
    (クラリオン、オルガン、パーカッション編) 詳細ページ
    [ビンセンテ・アルカイデ(クラリオン)/イゴノ・コルフォルツィ(無孔ナチュラル・トランペット)/アブラハム・マルティネス(オルガン)/アルバーロ・ガッリード(パーカッション)]

    CLARINES DE BATALLA (Alcaide, A. Martínez, Garrido)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-22017

    CD 価格:2,250円(税込)

    18世紀スペインの作曲家アントニオ・マルティン・イ・コルのオルガン作品集「音楽の花束」から、オルガンの高音域を効果的に用いた曲を選び、そのパートをルネサンス時代の巻管トランペット「クラリオン」で演奏したという興味深いアルバム。オルガン独奏曲を交えることで、クラリオン特有の楽器の明朗な音色が良く映える聴きごたえのある1枚です。無孔ナチュラル・トランペットを用いた曲での見事な音程の取り方にも注目です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS222018

    IBS Classical

    SOLITAIRE
    サクソフォン作品集
    詳細ページ
    [ペドロ・パブロ・カマラ・トルドス(サクソフォン)]

    Saxophone Recital: Toldos, Pedro Pablo Camara - BERIO, L. / HARVEY, J. / PAUL, A. / SCIARRINO, S. / SCELSI, G. / TENNEY, J. / VASSENA, N. (Solitaire)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-222018

    CD 2枚組 価格:2,550円(税込)

    イタリア、スペイン、スイス、アメリカ、イギリス、コロンビア出身の現代作曲家たちによる《20世紀を象徴する》サクソフォン作品を紹介するアルバム。 演奏者のトルドスは母国スペインとスイスで学び、バーゼルやベルン、ローザンヌなどで20以上の国際コンクールに入賞。ソロ以外でも、ルツェルン音楽祭アカデミー・オーケストラ、フランクフルト放送響やマーラー室内管弦楽団でも演奏経験があり、サイモン・ラトルやパブロ・エラス=カサドとも共演しています。 サクソフォンのレパートリーの歴史や進化を研究しつくし、作品に最適の音色や音楽語法を導き出して演奏する奏者であり、このアルバムでも、作品によっては多重録音を駆使し、ありきたりのスラップやかん高いだけの重音など内容に乏しいみせびらかしの奏法ではなく、あくまでもそれぞれの作曲家の意図するサクソフォン演奏にこだわった深みのある演奏を追求しています。

  • 商品番号:IBS242018

    IBS Classical

    D.スカルラッティ(1685-1757)
    鍵盤のためのソナタ集 詳細ページ
    [アルベルト・ウロス(ピアノ)]

    SCARLATTI, D.: Piano Sonatas (Urroz)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-242018

    CD 価格:2,250円(税込)

    ドメニコ・スカルラッティの鍵盤ソナタは、作品自体が普遍的な素晴らしさをもっているからか、J.S.バッハの鍵盤作品と同じように、チェンバロだけではなく、ピアノによる多くの記念碑的な演奏が存在しています。ただし、それは演奏家が正しい音楽語法やテイストや感受性を磨く訓練を怠らず、作品にふさわしい音と美学を獲得できていることが前提です。 ここで演奏しているスペイン出身のウロスも、作品に真摯に取り組み、新しいニュアンスや視点を持ち、巧みな演奏で魅力的なスカルラッティの世界に誘ってくれます。2008年にニューヨークのカーネギーホール・デビューにより国際的な名声を得て、ヨーロッパ、アジア、アメリカで演奏活動を行うウロス。近年、ドメニコ・スカルラッティへの愛が高まっているとのことで、作曲家にゆかりのあるナポリ、リスボンとマドリードの各地でトリビュート公演を行っています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS252018

    IBS Classical

    America〔ピアノ作品集〕
    (ガーシュウイン、コンスタンティーニ、ピアソラ) 詳細ページ
    [クラウディオ・コンスタンティーニ(ピアノ)]

    Piano Recital: Constantini, Claudio - CONSTANTINI, C. / GERSHWIN, G. / PIAZZOLLA, A. (America)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-252018

    CD 価格:2,250円(税込)

    19世紀から20世紀にかけて、広大なアメリカ大陸の北と南で活躍した2人の作曲家ガーシュウィンとピアソラ。ジャズとアメリカ固有の旋律を融合させ独自の世界を切り開いたガーシュウィン、アフリカやスペインの影響も感じさせるタンゴの形式を発展させたピアソラ。伝統的なクラシック音楽の形式には当てはまらない彼らの作品は、まさに革命的であり、現在も高い人気を誇っています。 このアルバムではドビュッシーの一連の作品で鮮やかな演奏を披露したピアニスト、コンスタンティーニが2人の代表作「ラプソディ・イン・ブルー」や「ブエノスアイレスの四季」を取り上げるとともに、彼らの作品からインスピレーションを受けた自作も交えながら、ユニークな演奏を繰り広げています。

  • 商品番号:IBS262018

    IBS Classical

    モーツァルト(1756-1791)
    〈ヴァイオリン・ソナタ集〉
    第26番 変ロ長調 K378
    第32番 変ロ長調 K454
    第35番 イ長調 K526 詳細ページ
    [ステファーヌ・ルージェ(ヴァイオリン)/ソフィー・デブル(ピアノ)]

    MOZART, W.A.: Violin Sonatas Nos. 26, 32, 35 (S. Rougier, S. Teboul)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-262018

    CD 価格:2,250円(税込)

    モーツァルトのヴァイオリン・ソナタは偽作も含め、現在36番までの番号が振られていますが、このアルバムに収録されているのは、モーツァルトの創造性の頂点を示した3作品です。初期のソナタは自身がピアノを演奏するために書かれたものが多く、基本的にヴァイオリンは助奏の扱いとされますが、円熟期の3曲はヴァイオリン・パートにも斬新な試みがなされており、2台の楽器がバランスよく歌い交わすように工夫されています。 このアルバムでは、バイオリニストのステファーヌ・ルージェとピアニストのソフィー・テブルが演奏、流麗なアンサンブルを聴かせます。ステファーヌ・ルージェは、14歳の時にパリ国立音楽院に入学、ヴァイオリンと室内楽を習得した後ドイツに留学。その後はソリストとして活躍しながら、10年以上に渡ってボルドー歌劇場の首席ヴァイオリニストを務めました。現在はボルドー四重奏団のメンバーとしてヨーロッパ中でツアーを行い、数々の音楽祭に出演、好評を博しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS32013

    IBS Classical

    En la Alhambra
    スペインのピアノ作品集
    詳細ページ
    [ファン・カルロス・ガルバヨ(ピアノ)]

    Piano Recital: Garvayo, Juan Carlos - ALBÉNIZ, I. / DEBUSSY, C. / MONTSALVATGE, X. / TURINA, J. (En la Alhambra)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-32013

    CD 価格:2,250円(税込)

    長い歴史を経て存在するアルハンブラは、通常、宮殿と呼ばれているものの、城塞の性質も備えた建造物であり、多くの芸術家たちがアルハンブラに因んだ作品を創り上げています。 このアルバムにはアルベニス、ドビュッシー、トゥリーナを始めとしたロマン派から近代、7人の作曲家の「アルハンブラ」からインスパイアされたピアノ曲を収録。美しい写真と図版が記載されたブックレットとともにお楽しみいただけます。

  • 商品番号:IBS52014

    IBS Classical

    ヴィラ=ロボス(1887-1959)
    ブローウェル(1939-)

    ギターのための練習曲集 詳細ページ
    [ホアキン・クレルチ(ギター)]

    VILLA-LOBOS, H.: 12 Etudes / BROUWER, L.: Estudios sencillos / Nuevos estudios sencillos (Clerch)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-52014

    CD 価格:2,250円(税込)

    ホアキン・クレルチは1965年にハバナで生まれ、レオ・ブローウェル、コスタス・コツィオリスなど名教師に師事、グラナダで開催された“アンドレス・セゴビア国際ギターコンクール”を始め、数多くのギターコンクールで優勝経験を持ち、アーノンクールにも絶賛されたギタリスト兼作曲家です。 このアルバムではギターのための重要な練習曲に取り組み、目の覚めるような技巧でこれらの難曲を演奏しています。ブックレットにはフィンガリングやポジションの写真も添えられており、ギターを学ぶ人にとっても必聴の1枚です。

  • 商品番号:IBS52016

    IBS Classical

    Allá Donde se Habla ll Castellano
    スペイン語が聞こえる場所
    〔ギター作品集〕
    詳細ページ
    [ホアキン・クレルチ(ギター)]

    Guitar Recital: Clerch, Joaquín - GRANADOS, E. / SAUMELL, M. / CERVANTES, I. / LECUONA, E. / PIAZZOLLA, A. (Allá Donde se Habla ll Castellano)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-52016

    CD 価格:2,250円(税込)

    様々なギター曲を通して、キューバからスペイン、パラグアイ、アルゼンチンを巡る旅へと誘う楽しい1枚。もともとギターのために書かれた曲だけでなく、演奏者ホアキン・クレルチを含むギタリストたちの編曲によるピアノ曲やバンドネオンの曲などがギター用にアレンジされた曲も並んでおり、多種多様な作品を楽しむことができます。 トラック11のマヌエル・サウメルは“キューバ音楽の創始者”と讃えられる初期ロマン派の作曲家。キューバのリズムと旋律を集約した作品で人気を博し、後の世代の作曲家にも大きな影響を与えた人です。

  • 商品番号:IBS62016

    IBS Classical

    Concertino da Camera
    サクソフォンのための室内協奏曲集
    (ヴィラ=ロボス、イベール、カプレ、グラズノフ) 詳細ページ
    [ペドロ・パブロ・カマラ・トルドス(サクソフォン)/イ・ムジチ・ディ・バシレア(アンサンブル)]

    Saxophone Recital: Toldos, Pedro Pablo Cámara - VILLA-LOBOS, H. / IBERT, J. / CAPLET, A. / GLAZUNOV, A. (Concertino da Camera)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-62016

    CD 価格:2,250円(税込)

    19世紀前半に考案された楽器サクソフォン。このアルバムでは20世紀前半に作曲された4つの作品を取り上げ、当時における楽器の先進性を探ります。 どれも楽器のためのオリジナル作品であり、名手マルセル・ミュールに献呈されたヴィラ=ロボスの「ファンタジア」では、ミュールが導入したばかりのヴィヴラート奏法が取り入れられているなど、作曲家たちはサクソフォンの可能性を追求しながら、新しい音楽を創り上げていったことがわかります。 グラズノフとイベールの作品はどちらもドイツ生まれのサクソフォン奏者シーグルト・ラッシャーのために作曲されたもの。また、ドビュッシーの親友として知られる作曲家カプレの「伝説」はアマチュア奏者エリス・ホールの委嘱作。神秘的な曲調を持つ魅力的な作品です。どの曲もサクソフォンの音色を存分に活かした美しい響きが楽しめます。

  • 商品番号:IBS72014

    IBS Classical

    水の反映
    ドビュッシー(1862-1918)
    〈ピアノ作品集 第1集〉
    映像 第1集・第2集
    夜想曲/レントより遅く/喜びの島 詳細ページ
    [クラウディオ・コンスタンティーニ(ピアノ)]

    DEBUSSY, C.: Piano Works, Vol. 1 (Constantini)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-72014

    CD 価格:2,250円(税込)

    ピアニスト、クラウディオ・コンスタンティーニが演奏するドビュッシー:ピアノ作品全集の第1集。このアルバムでは「映像」の第1集と第2集を中心に、あまり耳にすることのない「アルバムのページ」などの珍しい曲を収録、ドビュッシーの25年間に渡る創作活動の一端に触れることができます。 バンドネオンの名手でもあるコンスタンティーニは音色に細心の注意を払い、全ての曲を色彩豊かに弾き分けており、とりわけ「喜びの島」での超絶技巧の炸裂が見事です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS92014

    IBS Classical

    SPAIN ENVISIONED
    スペインのピアノ曲集
    (ファリャ、アルベニス、グラナドス、モンポウ、アルー) 詳細ページ
    [アルベルト・ウロス(ピアノ)]

    Piano Recital: Urroz, Albert - ALLU, M.S. / ALBÉNIZ, I. / GRANADOS, E. / MOMPOU, F. / FALLA, M. de (Spain Envisioned)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:IBS-92014

    CD 価格:2,250円(税込)

    1851年から1921年までの間に書かれたスペイン・ロマン派に属するピアノ曲から印象的な6曲をピアニスト、アルベルト・ウロスが選んだアルバム。 マルティン・サンチェス・アルーは、あまり名前は知られていないものの、サルスエラとピアノ曲に素晴らしい作品を残した人。このアルバムに収録されているのは、19世紀前半に流行したオペラの旋律を元にした幻想曲で、ベッリーニの「テンダのベアトリーチェ」の主要なメロディが、華麗な演奏会用小品に仕立てられています。 他の5曲はそれぞれが独自な語法を持っており、アルベニスの「イベリア」は南スペインのアンダルシアの民俗音楽を喚起させ、グラナドスの「ゴイェスカス」はゴヤの絵からインスパイアされた色彩を備えています。モンポウの「魔法」は6つの部分で構成された神秘的な雰囲気を持ち、名手アルトゥール・ルービンシュタインの委嘱作であるファリャの「ベティカ幻想曲」は、フラメンコのリズムなどが用いられた技巧的な作品です。

  • 商品番号:KCD-2075

    OMF

    朝吹園子(バロックヴァイオリン)
    G.B.ヴィヴィアーニ(1638-1692)
    教会と室内のための
    カプリッチョ・アルモニコ 作品4
    詳細ページ
    [朝吹園子(バロックヴァイオリン)/西山まりえ(チェンバロ、バロックハープ)/懸田貴嗣(バロックチェロ)]

    G. B. VIVIANI:CAPRICCI ARMONICI, DA CHIESA, E DA CAMERA, OP. 4

    発売日:2020年02月07日

    CD国内盤 価格:2,800円(税込)

    収録作曲家:

  • 商品番号:MP1903

    Orfeo

    ベートーヴェン(1770-1827)
    レオノーレ序曲 第2番 Op.72
    劇音楽『エグモント』 Op.84
    レイハ(1770-1836)
    劇的カンタータ『レノーレ』 詳細ページ
    [ルート・ツィーザク(ソプラノ)、ウルリヒ・トゥクル(語り)ゲルト・アルブレヒト(指揮) ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団/カミラ・ニュルンド(ソプラノ)、パヴィア・ヴィコパローヴァ(メゾ・ソプラノ)、コルビー・ヴェルヒ(テノール)、ウラディーミル・フメロ(バス)、フリーダー・ベルニウス(指揮)プラハ室内合唱団 ヴィルトゥオージ・ディ・プラハ]

    発売日:2020年02月07日

    CD 2枚組 価格:1,575円(税込)

    ベートーヴェンとレイハ、2020年に生誕250年の同い年二人が書いた物語音楽をカップリングベートーヴェンがゲーテの戯曲のために作曲した付随音楽『エグモント』。実在の伯爵をモデルとし、スペインの弾圧からネーデルラントの人々を解放しよう立ち上がるも投獄され、民衆の自由のため自らの処刑を受け入れるという英雄の物語。全曲演奏の機会はそう多くないこの作品を、アルブレヒトが指揮をした定番演奏です。 ドイツの詩人ゴットフリート・アウグスト・ビュルガーが発表したバラード『レノーレ』は、出征した恋人ヴィルヘルムを待つレノーレの物語。戦争が終わり兵士たちが戻っても恋人は戻らない。待ちわびるレノーレの元にヴィルヘルムがやっと戻って来るが、「結婚する場所へ行こう」とレノーレを馬に乗せ、二人で遠い道のりを駆けてゆく。そうしてたどり着いた墓場でヴィルヘルムは骸骨へと変貌し、二人は大地に飲み込まれる、という怪談めいた話。レイハの故国チェコの合唱団とオーケストラを中心に、深い共感を持って作り上げた素晴らしい演奏で。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-10119

    Anima e Corpo

    『失われた踊り』 詳細ページ [ラケル・アンドゥエサ(ソプラノ)、ラ・ガラニア]

    発売日:2020年02月07日

    CD国内仕様 日本語解説付 価格:2,970円(税込)

    黄金時代のスペインに花咲いた、大衆の歌と踊りヨーロッパから新大陸、太平洋から東南アジアと多くの植民地を押さえ、「日の沈まぬ帝国」として短い春を謳歌した16-17世紀スペイン。大衆もまた享楽を追い求め、その文化は良くも悪くも大きな発展を見せました。このアルバムはそんな1600年前後のスペインを中心に、町の人々の間に伝わった楽曲を集めています。底抜けに明るい中にもどこか悩ましさが漂う歌から、背徳の色彩をほんのりと帯びた舞曲まで様々。やがて国の支配者を内面から脅かすまでになる、大衆の力強さを感じることの出来る一枚です。 スペイン生まれのラケル・アンドゥエサは、古楽系ソプラノとしてヨーロッパ各地で活躍し、清澄な歌声から官能的な表情まで自在に駆使する技術と美声で大きな人気を得ています。これまでクリスティやビオンディといった指揮者や、ラルペッジャータ、リ・インコーニティなどのアンサンブルと共演を重ねてきたほか、2010年にはテオルボ奏者のバエナと共に自身の古楽器アンサンブル「ラ・ガラニア」を結成しました。彼らが2016年と2018年に来日公演を行い、多くの音楽ファンを魅了したことも記憶に新しいところです。

  • 商品番号:TOCC-521

    Toccata Classics

    シャルヴェンカ(1847-1917)
    〈ピアノ作品集 第1集〉
    ロマンティックなエピソード集 Op.65
    小さな額縁の音楽写真 Op.69
    若い人に Op.71 詳細ページ
    [ルイス・ピーパ(ピアノ)]

    SCHARWENKA, P.: Piano Music, Vol. 1 - Tonbilder / Romantische Episoden / Für die Jügend (Pipa)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:TOCC0521

    CD 価格:1,950円(税込)

    ピアニスト、作曲家として知られるポーランド系ドイツ人作曲家フィリップ・シャルヴェンカの作品集。彼の3歳違いの弟フランツ・クサヴァーも優れた音楽家でした。フィリップは、ベルリンの新音楽アカデミーで弟とともに音楽を学び、1874年にはコンサートで自作の序曲と交響曲を発表、当時ドイツの作曲家たちの最先端を行く存在として注目されましたが、華やかな作風を用いた弟に比べ、作風が保守的であったためか、その作品は死後ほどなくして忘れられてしまいました。しかし、最近になって彼の作品が見直され始め、演奏の機会も増えてきています。 このアルバムで、ポルトガルのピアニスト、ルイス・ピーパが演奏するピアノ曲は、どれも中期の作品。シューマンやブラームスを思わせる内省的な雰囲気を持ちながらも、突然変拍子が挿入されたり、ユニークな和声進行があったりと印象派の響きに近づいているものがあり、とても魅力的です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-536

    Toccata Classics

    シュテール(1874-1967)
    〈室内楽作品集 第4集〉
    組曲 Op.76
    弦楽四重奏曲 第2番 変ホ長調 Op.86
    弦楽四重奏曲 第3番 イ短調 Op.92 詳細ページ
    [シュテファン・コッホ(チェロ)/コノール・ネルソン(フルート)/ヴェルダ・ケリー(ヴァイオリン)/プリシラ・ジョンソン(ヴァイオリン)/ユディト・テースドレ(ヴァイオリン)/スーザン・シュライバー(ヴィオラ)/マリー・シチリアーノ(ピアノ)]

    STÖHR, R.: Chamber Music, Vol. 4 (C. Nelson, V. Kelly, P. Johnson, J. Teasdale, S. Schreiber, S. Koch, M. Siciliano)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:TOCC0536

    CD 価格:1,950円(税込)

    リヒャルト・シュテールは、同時期に活躍したコルンゴルトやシェーンベルクと同じく、ナチスの迫害により祖国を追われ、アメリカに亡命した作曲家。ウィーン音楽院ではローベルト・フックスに作曲を学び、アカデミーの劇場でコレペティートルを務めながら、音楽理論、作曲、音楽史の教師となり、室内楽の指導も始め、1915年には引退したフックスの後任として教授に昇格。順風満帆の生活を送っていましたが、1938年には音楽院を追われ、アメリカへと移住します。しかし不自由な生活の中でも彼は作曲を続け、93年という長い生涯を全うし7つの交響曲をはじめ、室内楽、歌曲、合唱曲、ピアノ曲などの膨大な作品を残しました。 このアルバムに収録された3曲は、アメリカに移住してからの作品ですが、生活の不安を感じさせることのない、旋律にあふれた想像力豊かな楽想に満たされています。なかでも穏やかな「セレナード」の美しさが印象的です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-538

    Toccata Classics

    ピーター・ディキンスン(1934-)
    〈独奏と室内楽作品集〉
    ヴァイオリン・ソナタ
    独奏ヴァイオリンのための「エア」
    独奏ヴァイオリンのための「メタモルフォシス」
    弦楽四重奏曲 第1番・第2番 詳細ページ
    [ピーター・シェパード・スケアヴェズ(ヴァイオリン)/ロデリック・チャドウィック(ピアノ)/クロイツァー弦楽四重奏団]

    DICKINSON, P.: Instrumental and Chamber Music (Skaerved, R. Chadwick, Kreutzer Quartet)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:TOCC0538

    CD 価格:1,950円(税込)

    数十年に渡り、英国の音楽界の重鎮として君臨するピーター・ディキンスン。作品によってスタイルを変貌させることで知られ、オルガン曲ではまるでバロック期の作品のようなスタイルを用いてみたり、「ヨハネの黙示録のためのミサ曲」では鳴り響く不協和音の中から悲痛な叫びが聞こえてくるといったリアリティのある作品を書いています。 このアルバムでも、例えば、ヴァイオリンが激しく自在に動き回る「ヴァイオリン・ソナタ」と繊細で抒情的な「エア」の雰囲気の違いの大きさに驚くことでしょう。このアルバムは、作曲家と演奏者が緊密に協力した上で録音されました。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-552

    Toccata Classics

    フルーリー(1896-1967)
    バレエ音楽「魔法の鏡」 詳細ページ
    [ポール・マン(指揮)/ニュルンベルク交響楽団]

    FLURY, R.: Ballet Music (Nuremberg Symphony, P. Mann)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:TOCC0552

    CD 価格:1,950円(税込)

    スイスの作曲家リヒャルト・フルーリー。大学時代にロマン派の作曲家ハンス・フーバーから作曲のレッスンを受け、卒業後にはヨーゼフ・マルクスから作曲、フェリックス・ヴァインガルトナーから指揮を学び、音楽家としての道を歩みました。彼の作風は師のフーバーやマルクスからの影響を受け継いだ後期ロマン派風の雰囲気を帯びていますが、その作品には20世紀初頭の新古典主義や印象派の影響も感じられる、さまざまな手法が取り入れられているのが特徴です。 このバレエ「魔法の鏡」は、彼が若い頃から情熱を燃やしていた劇場のための音楽で、男女間の「秘められた恋愛」から生まれるいざこざを魔法の呪文とダンスのステップで包んだ“大人のメルヘン”といえる内容。場面ごとに様々なスタイルを融合させた曲が付けられた楽しい作品です。 そのほぼ30年前に作曲された「小さなバレエ音楽」も、無邪気な各曲のタイトルの背後に、きわめて躍動的な音楽が隠されています。ポール・マンが指揮するニュルンベルク交響楽団の演奏が、彼が表現したかったであろう「ざわめく世界」を見事に描き出しています。

    収録作曲家: