エスケシュ(ティエリー) Escaich, Thierry

生没年 1965- フランス
辞書順 NML作曲家番号 95536
  • 商品番号:FRF055

    logo Radio France Editions

    『CRIS 叫び』
    エスケシュ(1965-)
    声楽と器楽合奏のための作品集 詳細ページ
    [ミッコ・フランク、イサベル・ドゥルエ、ジュリアン・ルロイ、ロラン・ゴデ、フランス放送合唱団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団 ほか]

    発売日:2021年03月12日

    CD 価格:2,400円(税込)

    フランスで高い人気を誇る作曲家、オルガニスト、ティエリー・エスケシュが人の声と器楽合奏の共演のために書いた作品3曲を収録。30分を超える大作「叫び」には、この作品のテキストも書いたフランスの劇作家・小説家ロラン・ゴデが、語り手としても参加。 北アメリカ先住民のテキストによる「歌を辿る道」では、ミッコ・フランクがタクトを取っています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:LBM024

    logo B Records

    グレフ(1950-2000)
    LES CHANTS DE L'ÂME - 魂の歌
    パリの遊歩道
    エスケシュ(1965-)
    D'UNE DOULEUR MUETTE 詳細ページ
    [マリー=ロール・ガルニエ(ソプラノ)/クレメンティーヌ・デクトゥール(ソプラノ)/パコ・ガルシア(テノール)/ヤン・ルヴィオノワ(チェロ)/フィリップ・アタ(ピアノ)]

    GREIF, O.: Chants de l’Âme (Les) / Les Trottoirs de Paris (M.-L. Garnier, P. Garcia, Decouture, Y. Levionnois, Hattat)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:LBM024

    CD 価格:2,400円(税込)

    2020年は、フランスの近代作曲家オリヴィエ・グレフの没後20周年。ルチアーノ・ベリオに師事しながらも決して前衛的な作風を採用することはなく、詩的な作品を350作以上も書き続けたグレフ。活動初期には認められなかった彼の作品が評価され始めたのは、1990年以降のことであり、中でも1992年に作曲されたチェロとピアノのための「ソナタ・ド・レクイエム」はいくつかの録音により広く親しまれています。 このアルバムには、1979年から1995年に渡って構想された歌曲集「魂の歌」を中心に、同じくグレフの「パリの遊歩道」と、1965年生まれのエスケシュの作品を収録。抒情的で豊かなハーモニーを持つこれらの曲を、名手アタの伴奏のもと若く優れた歌手たちが歌います。

    収録作曲家:

  • 商品番号:FC010

    logo Fanfare Cincinnati

    Concertos for Orchestra 詳細ページ [シンシナティ響/ラングレー]

    Concertos for Orchestra - ZHOU, Tian / ESCAICH, T. / CURRIER, S. (Cincinnati Symphony, Langree)

    発売日:2017年04月21日 NMLアルバム番号:FC-010

    CD 2枚組 通常価格:2,700円特価!:690円(税込)

    創立以来、最新の音楽に向き合うことを信条としているシンシナティ交響楽団。このアルバムは2015-2016のシーズンで取り上げられた3人の作曲家の作品をライヴで収録しています。どの曲もオーケストラの性能を最大に引き出すために作曲されており、オーケストラもその要求に完璧に応えています。

  • 商品番号:C7285

    logo Capriccio

    ラインホルト・フリードリヒ
    ザ・トランペット・コレクション
    詳細ページ
    [ラインホルト・フリードリヒ]

    発売日:2018年12月07日

    CD 10枚組 価格:4,960円(税込、送料無料)

    ラインホルト・フリードリヒ(1958-)。7歳からトランペットを始め、エドワード・タール、ピエール・ティボーに師事。1986年に開催されたミュンヘン国際コンクールで優勝し一躍注目を浴びました。 1983年から1999年までフランクフルト放送交響楽団の首席トランペット奏者を務めるとともに、ルツェルン祝祭管弦楽団の創設時より同じく首席トランペット奏者を勤めるという華々しい経歴を持つフリードリヒ。インバル、キタエンコ、そしてアバドからの信頼も厚く、例えば、映像で公開されている2004年のルツェルン祝祭管弦楽団によるマーラーの5番での冒頭のトランペットの音色に胸を熱くした人は多いのではないでしょうか? 現在、カールスルーエ音楽大学の教授職にあり、数多くの後進を指導していることでも知られています。オーケストラのメンバーとして、またソリストとしての来日経験も豊富で、日本でも多くのファンを持つ人気者です。 この10枚組は彼の豊富なレパートリーの一端を知らしめるもので、過去15年間の録音から特色ある演奏を選び出し、バロックから現代まで作曲年代ごとに収録したものです。どんな曲でも難なく演奏してしまうフリードリヒの、輝かしい音色と超絶技巧を存分にお楽しみください。