ハート(フリッツ) Hart, Fritz

生没年 1874-1949
辞書順 NML作曲家番号 65644
  • 商品番号:TOCC-470

    Toccata Classics

    ハート(1874-1949)
    〈ヴァイオリンとピアノのための作品全集 第1集〉
    ヴァイオリン・ソナタ 第1番・第2番・第3番
    聖フランシスの前奏曲
    2つのバッハのコラールによるパラフレーズ 詳細ページ
    [ステファニー・マッカラム(ピアノ)/スーザン・コリンズ(ヴァイオリン)]

    HART, F.: Violin and Piano Music (Complete), Vol. 1 - Nos. 1, 2, 3 / Prelude / 2 Bach Chorale Paraphrases (S. Collins, McCallum)

    発売日:2019年11月22日 NMLアルバム番号:TOCC0470

    CD 価格:1,950円(税込)

    南ロンドン、ブロックリーで生まれたフリッツ・ハート。アイルランドからやってきた物売りの父と、コーンウォール出身でピアノ教師の母のもと、5人兄弟の長男として生まれた彼は、家庭の事情で音楽を専門に学ぶことはできませんでしたが、母からピアノの手ほどきを受け、その後はウェストミンスター寺院の聖歌隊に属し、ここで対位法や作曲、ピアノを学ぶチャンスを得ることができました。そして当時音楽界を席巻していたワーグナーの音楽に触れ、本格的な音楽家を目指すこととなります。 やがて、オペラ・カンパニーの興行に随行した先のメルボルンで職を得たことがきっかけで、オーストラリアでの活動を足掛かりを作っただけではなく、1936年にはハワイ大学の初の音楽の教授になり、ホノルル交響楽団の常任指揮者になるなど、起伏に富んだ人生を送りました。またホルストとも親交を結び、彼の娘イモージェンの名付け親になったことでも知られています。 このヴァイオリン・ソナタには明確な印象派の影響が見てとれますが、彼のルーツであるケルト風の旋律も聞こえてくるなど興味深い作品に仕上がっています。

    収録作曲家: