ザレンプスキ(ユリウシュ) Zarebski, Juliusz

生没年 1854-1885 ポーランド
辞書順 NML作曲家番号 44841
  • 商品番号:555124

    CPO

    モニューシュコ(1819-1872)
    弦楽四重奏曲 第1番・第2番
    ザレンプスキ(1854-1885)
    ピアノ五重奏曲 Op.34 詳細ページ
    [プラヴナー五重奏団]

    MONIUSZKO, S.: String Quartets Nos. 1 and 2 / ZARĘBSKI, J.: Piano Quintet (Plawner Quintet)

    発売日:2019年07月26日 NMLアルバム番号:555124-2

    CD 価格:1,920円(税込)

    2019年に生誕100周年を迎えるポーランドの作曲家モニューシュコ。同郷のショパンが手掛けかなった歌劇の分野で活躍、《ハルカ》や《パリア》などはポーランドの国民的作品として愛されています。いくつかのバレエ音楽も知られていますが、ここに収録された弦楽四重奏曲は演奏の機会もほとんどなく、録音もほんの僅かしかありません。これらはモニューシュコがベルリンで学んでいた時代に作曲され、古典的なフォルムの中に美しい旋律とユーモアが込められたもので、後の歌劇の作風が伺える充実作です。 併せて収録されているザレンプスキの作品も聴きもの。31歳で早世したザレンプスキはフランツ・リストの信奉者であり、このピアノ五重奏曲もピアノの技巧が存分に生かされた華やかな雰囲気を持っています。

  • 商品番号:SWR19077CD

    SWR Klassik

    ショパン(1810-1849)
    ポロネーズ集
    シマノフスキ(1882-1937)
    練習曲 変ロ短調 アンダンテ Op.4-3
    ザレプスキ(1854-1885)
    グランド・ポロネーズ Op.6 詳細ページ
    [チェルニー=ステファンスカ]

    CHOPIN, F.: Polonaises (Czerny-Stefańska)

    発売日:2019年05月24日 NMLアルバム番号:SWR19077CD

    CD 価格:1,920円(税込)

    チェルニー=ステファンスカ得意のショパンに、ほかのポーランド作品を組み合わせた好企画!コルトーに師事し、1949年の第4回ショパン・コンクールでベラ・ダヴィドヴィチと共に優勝したチェルニー=ステファンスカ。ショパンのスペシャリストとして求められたこともあり、世界中でショパンを演奏した彼女ですが、実際は幅広いレパートリーを持っており、特に故国ポーランドの作曲家を取り上げることには積極的でした。ここには得意としたショパン作品からポロネーズを収めており、ダイナミックな弾きぶりと繊細なフレージングを併せ持つ名人芸を楽しむことが出来ます。 またボーナストラックとしてライヴ音源より、彼女の大切にしたポーランドの作曲家からシマノフスキとザレプスキを収録し、ショパンともども、その祖国への強い愛と作品との相性をよく理解できる企画となっています。 SWRのオリジナル・テープから丁寧なリマスターを施されており、聴きやすさはもちろん、楽器の響きが前面に出る好ましい音で、彼女の至芸を楽しむことが出来ます。

  • 商品番号:ACD-190

    CD ACCORD

    パヴェル・ヴァカレツィ
    ピアノ・リサイタル
    詳細ページ
    [パヴェル・ヴァカレツィ]

    Piano Recital: Wakarecy, Paweł - PADEREWSKI, I.J. / ZARĘBSKI, J. / CHOPIN, F.

    発売日:2017年11月24日 NMLアルバム番号:CDAccordACD190

    CD 価格:2,240円(税込)

    笑顔のステキなヴァカレッツィは、2013年のショパン国際コンクールのファイナリストです。彼はポーランドの名教師カタリーナ・ポポヴァ・ズィロン(先輩であるラファウ・ブレハッチも師事していた)に師事、その才能を遺憾なく伸ばしてきました。ショパン・コンクールでは入賞こそ逃しましたが、実は隠れファンは多く、彼の勢いのある演奏には多くの聴衆たちが拍手喝采したのでした。 このアルバムはそんな彼の2013年の演奏を収録したものです。音楽的に更にパワーアップした感のある瑞々しいショパンを中心に、ポーランドの作曲家パデレフスキとザレプスキの作品を配置。今一番期待できるピアニストの等身大の姿をご覧ください。