Serra, Giovanni

生没年 1788-1876
辞書順 NML作曲家番号 391670
  • 商品番号:CDS-7905

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    パガニーニ後のジェノヴァの室内楽
    シヴォリ、ガンビーニ、セッラ 詳細ページ
    [アスカニオ四重奏団]

    Chamber Music in Genoa after Nicolò Paganini - SIVORI, C. / GAMBINI, C.A. / SERRA, G. (Quartetto Ascanio)

    発売日:2021年07月23日 NMLアルバム番号:CDS7905

    CD価格:1,950円(税込)

    ニコロ・パガニーニに唯一弟子入りを許されたヴァイオリニスト、カミッロ・シヴォリ。幼い頃から才能を現し、ジェノヴァ・ヴァイオリン楽派における最も名高い演奏家、作曲家の一人として活躍しました。このアルバムには、彼を含む3人の作品を収録。この時代におけるパガニーニの影響を受けた次世代の作曲家たちの活躍を探ります。 シヴォリの「小さな主題と変奏」は活動の初期に書かれたもので、オペラ・アリアを思わせる抒情的な旋律に自身の技巧を示すかのような華麗な変奏が施された小品。もう1曲は、主題が回帰する毎にヴァイオリンのさまざまな技巧が披露される「ロンド」。この2曲が作曲された間にシヴォリはジョヴァンニ・セッラに師事し、更なる研鑽を積んだと推測されます。 セッラは自らの弦楽四重奏曲をシヴォリに捧げることで、弟子の才能を讃えました。 ガンビーニは、ピアニストとしても活躍した作曲家。友人だったシヴォリが初演したガンビーニの四重奏曲をロッシーニが高く評価したことで知られています。 全て世界初録音。2004年に結成されたアンサンブル、アスカニオ四重奏団による演奏です。

    収録作曲家: