ベンダ(フリードリヒ・ヴィルヘルム・ハインリヒ) Benda, Friedrich Wilhelm Heinrich

生没年 1745-1814
辞書順 NML作曲家番号 315860
  • 商品番号:555167

    CPO

    F.W.H.ベンダ:
    ヴィオラ協奏曲集 詳細ページ
    [ソーシー/バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送響/ラバディ]

    BENDA, F.W.H.: Viola Concertos Nos. 1-3 (Soucy, SWR Symphony, Baden-Baden und Freiburg, Labadie)

    発売日:2018年05月25日 NMLアルバム番号:555167-2

    CD 価格:2,640円(税込)

    17世紀から18世紀にかけてボヘミアを起源とする「ベンダ一族」がヨーロッパの音楽界で主要な地位を築いていました。数多くの作曲家、器楽奏者を輩出し、現代でも彼等の末裔が活躍するなどその影響は計り知れないほど大きなものでした。その中の一人、フリードリヒ・ベンダは、ベンダ一族の中でも最も知られるフランツの息子であり、最初の音楽の手ほどきは父フランツから受けています。彼は熟達したピアニスト、ヴァイオリニストで、1765年から1810年までポツダムの宮廷で室内楽奏者として働き、いくつかの歌劇、協奏曲、室内楽曲を残しました。このアルバムでは当時でも珍しい「ヴィオラのための協奏曲」を収録。あまり陽の目を見ることのないヴィオラの性能を知り尽くした、どれも技巧的で美しい作品です。 演奏しているエリック・スーシは1988年に開催された「第3回ライオネル・ターティス国際ヴィオラ・コンクール」の入賞者。楽譜を校訂し、出版するほどこの作品に思いを込めています。

    収録作曲家: