Bruk, Fridrich

生没年 1937-
辞書順 NML作曲家番号 306504
  • 商品番号:TOCC-455

    Toccata Classics

    ブルク(1937-)
    〈管弦楽作品集 第1集〉
    交響曲 第17番「人生の喜びに」
    交響曲 第18番「ダウガフピルス」 詳細ページ
    [リエパーヤ響/クプチス]

    BRUK, F.: Orchestral Music, Vol. 1 - Symphonies Nos. 17, "Joy of Life" and 18, "Daugavpils" (Liepaja Symphony, Kupčs)

    発売日:2018年03月23日 NMLアルバム番号:TOCC0455

    CD 価格:2,080円(税込)

    ウクライナのハリコフで生まれ、1974年からはフィンランドに在住する作曲家ブルク。専ら「タンゴ」の作曲家として知られますが、彼の作品の中で最も重要な位置を占めるのは、18曲ある交響曲と、ユダヤ教のテーマに基づく作品、そして第2の故郷とも言えるフィンランドの神話「カレリア」に触発された作品群です。 このアルバムには2曲の交響曲を収録。ピアノを伴う交響曲第17番「人生の喜びに」は、度重なる障害を乗り越えた彼自身の自伝的な作品で、賑やかな終楽章が勝利を表しています。交響曲第18番はラトビアに伝わるユダヤの民謡がモティーフであり、ラトビアの家から追放されたという彼の祖父母に敬意を払って書かれた作品です。変奏曲形式による終楽章は神秘的な美しさに溢れています。

    収録作曲家: